07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-12-17 (Sat)
いろいろあって・・・というか、事件が起こり過ぎて書けなくなってしまったこのブログ。

そろそろ、少しずつ書きだそうかと思ってます。
* Category : Weblog
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-08-12 (Sat)


* Category : Weblog
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-08-12 (Sat)


* Category : Weblog
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-06-20 (Tue)
今日の一番のニュース・・・というか事件が起こった7年前から注目してた。

詳しくは語るつもりはない。
しかし、これが死刑制度を積極的に運用することになり、不当だとする輩もいる。
だが、この事件の犯人を死刑にせずして、なんで裁判所が裁判所たりえるのか。
最高裁は至極当たり前の判断をしたに過ぎない。
一般の人間には人権があって、それは守らなければならないし、尊厳されて当然のことだ。
だが、この事件の犯人は人間ではない。
前科がないとか、若輩者で更正の余地があるとか、そんなことは問題ではない。
死刑にさらして、自ら犯した罪を見つめるべきだ。
そして、自ら人権を放棄したことを自覚すればいいと思う。

マスコミはいつも人権、人権って騒ぐけど、被害者やその家族の人権なんか何も考えちゃいない。
守るべき人権擁護委員会もまた然り。

あんまり、極端なニュースは取り上げたくはなかった。が、目を背けられないニュースだった。
* Category : Weblog
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

Unknown * by ナオママ
悲しい事件ですよね。私も忘れることの無い一件だと思います。

日本は個々のモラルに任せすぎるとおもいます。もうそんな温い言葉で解決できる社会じゃないのに。法律は戦後のまま。この先進国で50年も憲法が変わらないなんてありえません。

ナオママさん * by モン
暖かい言葉で解決できる社会・・・夢見ますよ。この事件は少年が起こしたことを、どう判断するのかをみてました。

個人個人が身勝手すぎて、それが顕著だった事件だと思ってるんです。

死刑制度を廃止した国もある。しかしそれは宗教的背景があったりする場合で、日本にはまだその制度は必要です。

憲法もそうですけど、皇室典範にしても、見直さなきゃいけないな。なんで、女性天皇がだめなの?日本は国が苦戦してる時は、女性天皇がいいことは歴史が証明してるのにね。

おっと、言い過ぎたかな。

でも、もっと歴史を正直に解釈してくれてもなあ・・・と思います。

Comment-close▲
個別記事の管理2006-06-20 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : Weblog
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-06-20 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : Weblog
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-06-20 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : Weblog
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-06-20 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : Weblog
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-06-20 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : Weblog
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-06-20 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : Weblog
* Comment : (0) * Trackback : (0) |