05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-03-15 (Sat)
先日書いたけど、注文しておいたペイスケ用のシングルベットがやってきた。

13時から15時までの間に到着しますと業者から連絡が入ってたけど、14時位に来るのかなと思って昼食後、昼寝してたら、13時15分位にやってきたよ。

この際だからと、子供部屋の大掃除とばかりに、部屋の整理と片づけをペイスケに言いつけておいた。
ペイスケなりにやってはいたけど、やっぱり問題は今日の午前中。

家自体の掃除と洗濯もあり、不要物の廃棄を何度もやって、昼前にはとりあえず落ち着いてた。

後はベットが来るのを待つばかり・・・

だけど、ベットが搬入され、一旦子供部屋から出したものを掃除しながら入れ直し、それからベットメイク。

やっぱり新しいものはいいもんだ。

今回のベット購入はいいものを・・・と思って奮発したんだよね。

落ち着いてから、ペイスケをはじめ、ボクもカミさんもタンコロもベットにゴロリ。
いやあ、いい気分だねえ。

これで毎晩熟睡できるかな。

これまで使ってた二段ベットは引き取ってもらったけど、もう10年以上使ってたせいか、やっぱり寿命だったみたい。

二段ベットからシングルベットになったせいか、子供部屋が広く感じたね。

タンコロは何が起こったのか、理解できてないみたいだけど、理解できるようになるのは時間の問題だね。









* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-09-08 (Sun)

2日がペイスケ、10日が誕生日なんだ。

だから、いつの頃からかウチの子供誕生日は一緒にやるようになったんだ。
多分、ペイスケが小学三年以前の頃は別々にやってたと思うんだけどね。

ここんとこ、いろんなことが起きすぎると思ってるんだけど、それはうちの中のことも世間的にも。

毎年思うんだけど、子供たちの誕生会をやろうと思った時、何とかここまで来たなあとね。

ペイスケも19歳だから、家族で誕生日もないだろうし、タンコロだって16歳。

でもタンコロは自閉症の上に重度の知的障害もあるんで、精神年齢は小学生低学年程度だから、傍にいる親としては、感覚的にタンコロはそのままなんだよね。

そのタンコロの誕生日を祝ってやろうと思うと、ペイスケも一緒になっちゃう。

早く、彼女でも作って外で祝うことになればいいんだけどね。

ウチは麺好き家族なんで、昨日の夕食は具材タップリのタンメン、今夜は焼肉パーティにしたんだけど、出来ればもう一捻りしたものを出してパーティしたいと思ってるんだけどね。

ボクは週末の2日は食事を作るんだけど、多分、2か月以上は違うメニューを出してるよ。
思いつきで、今まで作ったことのない料理のイメージを頭の中に作り出して作ることもあるし。

だから、まあいいかなと思って、家族全員が好きなもの、おいしく食べられるものを出してるんだけどねえ。

子供たちが2人ともそろった誕生日って、いつまでこうして祝ってやれるんだろうね。









* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-05-04 (Fri)
今日の夕方、ペイスケの通ってる塾で個人面談があった。

塾側は親を主体に・・・ということみたいだったけれど、肝心の子供がいなくちゃ話にならないのでペイスケも同伴させたんだ。

塾から連絡をもらったのは秋桜だから、当然参加なんだけど、そうなるとタンコロが一人留守番状態になっちゃう。

それは無理なので、今日の面談、家族全員で参加。

塾側の話しは、現状どんな進み具合なのか、これからどう進めていくのかとかそういう話なので、そんな話だったら別に親との話し合いなんていらないなあ、と思ってた。

ウチはペイスケからの話を聞きつつ、ボクだけが発言してたけど、今までも話し合いはしてたんで、特に驚くようなこともなかったんだけどね。

まあ、塾を通しての再確認みたいなものだったかな。

感心したのはタンコロ。
席上おとなしくしてくれれば・・・と思いつつ、いつも賑やかなタンコロには無理かなあと思ってたけれど、意外にもおとなしくしてくれてた。
おかげで話し合いも短時間で済み、ありがたかったよ。

ペイスケも頑張ってるし、このまま状況が好転していけばいいな、と思ってたよ。
* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-27 (Tue)
タンコロの今夜

今夜ボクが帰った時、タンコロは家の中で遊んでいて、まだお風呂に入ってなかった。
ボクが着替えをしてる間に、タンコロはそそくさとお風呂に入ったんだけど、ボクはお腹が空いていたし、たまにはタンコロが一人でお風呂に入るのかもいいのかな、と思って、放っておいたんだ。
しかし、何分経とうともお風呂の方から、タンコロが入浴してる感じがしなかった。
何分経ったんだろう。
おかしいな、と思って、秋桜に様子を見に行かせようとしたら、お風呂のドアが開いて、
「おとう~ちゃ~ん!!!」

ボクが入ってくるのを待ってたんだ。
しかし、今夜は一緒に入らず、一人できちんとお風呂に入るよう言い聞かせた。
言えば分かるんだ、タンコロは。
きちんと一人でお風呂に入ってくれて、一安心。

ペイスケの今夜

ペイスケはまだ学校の全てに慣れたわけじゃないよ。
環境も勉強も予習に復習に忙しい上に、週一で塾にも通い、たっぷり宿題が出されてくる。
そんな折、今夜ペイスケについて秋桜から相談があると言ってきた。
言い出しが塾・・・と来たんで、塾が手一杯で通い切れないのかな、と思って、ペイスケを呼んで、自分から話をさせようとした。
実は、高校入学前から、ボクの指示で毎日新聞の社説を読んで、社説の内容をノートに要約しボクの添削を受けるようにしてたんだ。
ペイスケが言ってきたことは、塾を・・・ということじゃなく、やることが一杯あるんで、社説の要約を読むだけで・・・という事だった。
肩透かし・・・(笑)
社説の要約は、新聞から社説を切り取り、ノートに貼ってから要約するというもの。
ボクからは、その切り貼りと一読をするようにとは言ったけれど、まさかそれが重荷になってるとは・・・
ついこの前、ペイスケにはやることが一杯あるんで、社説の要約は余裕があるときでいいよ、と言ったばかり。
優先順位がまだ、自分じゃつけられないんだなと認識できたけど、まあ、まだ子供だなあ、と。

* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-06 (Tue)
今週後半には、ペイスケ・タンコロ共に入学式があるんだ。
ペイスケが木曜日、そしてタンコロが金曜日。
ボクは金曜日のタンコロの入学式に行くけれど、タンコロはなんと言っても新設校の特別支援学校で、未だ校内の見学ができないどころか、また工事中だし。
新校舎の見学も兼ねて、タンコロの様子を見てくるのを楽しみにしてる。

ペイスケはもう高校生だし、それに仕事上2連休はとれないしね。

その入学式の準備じゃないけれど、明日、ペイスケは高校での健康診断のため新高校へ行くことになってる。
とは言っても、高校での初めての行事だし、環境にしっかり触れてくることだけでも実りがあるように思うね。

タンコロは入学準備と登校経路の確認のため、送迎用のバスで特別支援学校へ秋桜と一緒に行くことになってる。
タンコロはいつものように、今夜も上機嫌で騒いでいたけれど、きっとどこかで明日新しい学校へ行くことは分かってるんだろうな。
「火曜日、バス」と何度も言ってたし、こちらから何度も言い聞かせてたしね。
さっき、書いたように校舎は建築中のところもあるし、校庭もまったく出来上がっていない。
そんな中、どんな具合で行ってくるのか。
怖いような、楽しみのような。

まさしくプレ入学式のようなもんだね。
* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-10-30 (Fri)
ここんとこ、タンコロは料理に興味を持ち出したみたいなんだ。
料理たって、目玉焼きか玉子焼き、それにウィンナーを焼いたものだけど。
それでも、子供が自分でそうしたものを作ろうと言うことは少ないことだと思うんだ。
しかも男の子だしね。

学校から帰宅して、しばらくすると秋桜にフライパンを出せと言うらしい。
それは玉子焼きか目玉焼きを作ると言う意思表示。
秋桜が言うには、結構上手につるらしく、そして自分で作ったものをおいしそうに食べてるらしいんだ。

ボクは帰宅が遅くて、なかなかそうした光景を目にすることは少ないんだけど、それでもタンコロが作った玉子焼きか、目玉焼きを見ることがあるよ。
上手に出来てるね。

今日は、仕事がうまく片付いたんで、早く帰れたこともあって、タンコロが玉子焼きを焼いてるシーンを見ることが出来た。
熱心に作っていたけれど、張り切りすぎたせいか、熱くなってるフライパンの柄の部分に触っちゃったらしく、軽いやけどをしてたね。
「イタイ、イタイ」と口にし、その度に冷やしてやり、寝付く前に薬を塗ってあげた。
自閉症と言う障碍を持ってる中、こうしたこだわりみたいなものはうれしいね。
偏食家のタンコロの味覚も変わりつつあるみたいだし。
チャンスがあったら、休みの日はボクが教えてみようと思ってるんだ。

一方の兄・ペイスケ。
受験生だけに、勉強に忙しい日々を送ってるけど、今日は中間試験の結果を持って帰ってきた。
格段に成績が上がってた。
県下一斉テストも、最近は上り調子で、いい感じで来てる。
5月から本格的に受験勉強に取り組み、塾漬けだった夏休みをしっかり過ごしてきた成果が、少しずつ出てきてるみたいだ。

頑張りとは、日常のことだけでなく、試験で結果を出すことと、くどいほど言ってきた。
かと言って、日常の頑張りを見過ごしているわけでもなく、油断せずに頑張らせたいから言ってることなんだけど。
「人間は本気で頑張らなくちゃいけない時って言うものがある。
今のお前は、今年1年が生まれて初めて本気に、しかも前向きに頑張る時なんだ。

今、頑張らなくてどうする?
今を頑張らなければ、先はないよ。」
そんなことを繰り返し言ってきた。
その成果が出始めてきたんだ。
親としても、うれしいに違いないことだし、結果が出た時位は褒めるようにしてる。

褒められればうれしくなるだろうし、次の試験に向けて・・・という気分にもなるだろう。
相乗効果みたいなものに期待してるんだ。

頑張れ、タンコロ、ペイスケ。
おとうちゃんもママも、しっかりお前たちのことは見ているからな。
* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-09-20 (Sun)
昨日はペイスケにとって、中学最後と言うか、義務教育最後の体育祭で、今日はタンコロの小学生としての最後の運動会だったんだ。

昨日は朝5時半に起きて、ペイスケの弁当を作り、そして朝食を食べさせて、「思い切り、全力で楽しんで来いよ」と声をかけ、ペイスケを送り出した。
その後、ボクは秋桜とタンコロを連れ、ペイスケの競技見学に出かけたけれど、ペイスケ達生徒が座る場所と、父兄の見学できる場所が遠くて、ペイスケの競技の度に見学場所を変えたりして、結構大変だったんだ。
タンコロは、こっちのそんな気も知らず、あちこち行っちゃうんで、ペイスケの競技を右目で見て、左目でタンコロの様子を探るといった感じで、見学してたんだ。

競技自体、ペイスケ自身は「思いきり楽しくできた」と言ってたけれど、今年は受験の年でもあるし、普段受験勉強のことで口やかましく言ってきたんで、こんな日位はそんな受験のことも忘れて、楽しんで欲しかったし、そういう意味ではいい1日担ったと思う。

競技終了後、いったん帰宅したペイスケは、「友達に打ち上げの誘いがあるんだけど・・・」と言ってきたんで、もちろんOKを出して、気持ちよく送り出したよ。

そして今日はタンコロの運動会。
今日もまた、朝5時半に起きて、弁当を作り、場所取りのため、7時前には出かけた。
秋桜がタンコロを学校に連れてくるはずだったけど、秋桜がまたもや出発が遅れて、場所取りを終えた後、タンコロを待ってたボクは心配したけれど、まあ、事なきを得て、ホッとしたよ。

期待してた100M競争は、思い切り走って欲しかったけれど、まあ、いつもの年の如く、タンコロのペースで走ってしまい、ボクが大きな声で「コラ!タンコロ。思い切り走らんかい!」と声をかけたら、やっと力を出してた(笑)

参加してない競技の時、担任の先生がついていてくれたけれど、少しの隙を突いて脱走しようとしたりして、気を揉んだね。
これから団体競技に参加するというのに、大丈夫かな?と思ったけれど、担任の先生の頑張りや、周りの子供達に、「みんなタンコロを頼んだよ」と言っておいたら、みんながタンコロに声をかけてくれて、うれしかったね。

見所は最後の組み体操だった。
人間ピラミッドを作ったり、5人で扇の形を作ったり。
少しでも気を抜くと、周囲に迷惑をかけちゃうし、なんと言ってもこの組み体操がタンコロの小学生としての最後の競技。
ボクはタンコロたち、6年生の競技場所をグルグル回ってカメラを撮りながら、「タンコロ!」と何度も声をかけてた。
見事に組み体操を終えた時は、ホッとしたのと同時に、見事なタンコロの体操の様子を見て、タンコロもやれば出来るし、ここまで成長したんだと思うと、感慨深いものがあった。

自閉症でありながら、地域の学校に通うのって、地域や健常児と遜色ないふれあいを目的としてきたけれど、それって最初から養護学校に通わせるのとは違った大事なものに触れ合えてきたんだと思うと、これでよかったんだと思えたし、そういう感想が持てた運動会だった。

きっと、タンコロも気分がよかったと思うよ。
帰宅してからも満面の笑みを浮かべてたし、一緒にお風呂に入ったときもニコニコしてたからね。

「タンコロ。今日は組み体操がとっても上手だったね。
うまかったよ。
タンコロもやれば出来るじゃないか。」
とボクは、一生懸命声をかけてた。

昨日今日と弁当作りに場所取り、そしてカメラマンとなんでもやったし、その間ぬって、掃除洗濯と大忙しだったけれど、ペイスケの「楽しく、思い切り出来た」と言う言葉と、今現在のタンコロの寝顔を見たら、なんとも言えない癒された気分になれたね。
* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-09-02 (Wed)

今日はペイスケの誕生日。
日夜受験勉強にがんばり、少しでも油断するようなところを見せるとボクにカミナリを落とされる日々を送ってるペイスケ。

誕生日位は・・・ということで、ボクは仕事で遅くなった帰り道、空いてるケーキ屋さんに行って、ケーキを買って帰宅したんだ。
いの一番にペイスケに「誕生日おめでとう!ケーキだよ」と言って渡したかったんだけど、帰宅したとき出迎えてくれたのはタンコロ。
ペイスケは、いつものごとく、夕食を終えてトイレにこもってた。

はあ・・・と思ったね。
トイレから出てきたペイスケに笑いながら、「お前は夕食後、必ずトイレでがんばっているようなあ・・」と言ってたけれど、それを見てたタンコロが、ボクが怒っているように見えたらしく、ボクとペイスケの間に立って、腕組みし、唇を突出し、眉間にシワ寄せて、「いいな、わかったな」と連発してた。
これにはボクもペイスも秋桜も笑うしかなかったんだ。

ボクは怒るとき、最後には「いいな、わかったな」というのが口癖らしく、それをタンコロが観察し、覚えてしまったというわけ。

むちゃくちゃ、かわいかったよ、タンコロは。

ところでペイスケはもう15歳になった。
四捨五入すれば大人の仲間入り。
「オマエ、もう大人か?」と聞いたら「そうだなあ、大人だな」と答えたもんだから、大人だったらもう少し物知りになれ、と一言言ってやった。

早いもんだ。
ペイスケが15歳になったということは、ボクも結婚して15年経ったということにもなるしね。

プレゼントは、夏期講習と塾の後期特別プログラムに姿を変えていたよ。
今頑張らなければ、いつ頑張るんだ、と懸命にカツを入れてるところ。

だけど、今日ばかりは一時の休息。
今度の土曜日には、ペイスケの要望に答えて、特別メニューを用意する予定なんだ。
まあ、いい気分転換になってくれれば・・・と思ってるんだけどね。
* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-08-16 (Sun)
先週の金曜日から1泊2日で行った那須高原の旅行、昨夜帰ってきた。
いつも、秋桜のために遅れる出発は、今年も1時間遅れ。
それでも、思ったより高速の渋滞はなく、栃木県に入ったところで、少し混んだだけだったかな。

初日は、りんどう湖ファミリー牧場で遊ぶのが主だったけど、そこには1時位に着いたんだ。
すごい人ごみと、すごく晴れた天気のためにとにかく暑くて・・・
牧場に行ったから、牛や馬たちと戯れることを・・・と思っていたけれど、ウチはこうした観光地に行くと、まずはパターゴルフをやろうとする。
今年も予想通りというか、やっぱりパターゴルフ場が目に入ったんで、ゴーカートで遊んだ後で、ゴルフをしたんだ。
パターゴルフ場は、人工芝が荒れてて、なんだかよく分からなかったけれど、とにかく楽しかったね。
タンコロもパターをもって、ゴルしたよ。
普段、おもちゃのパターで遊んでるせいか、ボクや秋桜が一緒にプレーしたけれど、思ったより様になってたね。

その後は、牛舎に行って、牛と遊んだり、羊や山羊がいたんで、一緒に写真を撮ったり。
そうそう、乗馬が出来たんで、乗馬もやってきた。
タンコロは、数年前に那須に行ったときもそうだったけれど、乗馬については抵抗がなく、気持ちよさげに乗馬を楽しんでいたよ。

最後は、子供用のバンジージャンプが出来るトランポリンに思い切り乗って、遊んで、楽しそうだった。

2日目も、南が丘牧場というところに行って、やっぱりパターゴルフ。
秋桜とペイスケが真剣勝負モードの入ってたんで、ボクはタンコロの面倒を見つつ、リード役。
やっぱり、牛や馬、羊たちがいっぱいいたんで、たっぷり戯れてた。
写真もいっぱい撮ったけれど、ヤギのような髭を生やしたペイスケを普段、「ヤギ!」と呼びつけているせいか、ペイスケは山羊に近づこうとせず(笑)

最後は、「那須どうぶつ王国」。
ここは広かったね。
ここでバーベキューを食べたんだけど、味はともかく、家族全員がたっぷりお腹いっぱい食べられたみたい。
タンコロも山盛りの肉と焼きそばを食べて、ボーっとしてたね。
ここには、それまでの動物たちのほか、犬がいっぱいいたし、ミミズクの飛行訓練なんかをやってて、面白かったね。
タンコロは動物が好きなんだかどうだか分からないけれど、興味はもったようで、エサをやりに恐る恐る近づいてた(笑)

最終日は楽しみすぎて、気がついたら夕方5時近かった。
ボクは携帯で渋滞チェックをしてたんで、高速がUターンラッシュになってることは分かっていたけれど、もうこうなったらどうしようもないし。
5時過ぎに那須ICから高速に入ったけど、高速に入った途端、渋滞だもんね。
宇都宮辺りまでノロノロ。
ガソリンも心許ないし、後ろ座席では秋桜とペイスが爆睡中。
助手席に乗ってたタンコロだけが、外の風景を楽しみながら、車の中でズーっとかかっていた甲斐バンドや甲斐よしひろの曲を一生懸命歌って、ボクの気を紛らわせてくれてた。

でも、渋滞も宇都宮を過ぎてからは、解消したんで、ボク帰宅が午前様になるかと思ったけれど、飛ばしたおかげもあってか、夜10時過ぎには帰宅できたんだ。

帰宅したって、ゆっくりはしてられない。
荷物を運びいれ、遅い夕食を食べさせながら、お風呂の準備。
気がついたら、タンコロはウツラウツラ・・・

そりゃあ、身体いっぱい使って思い切り遊べたんだもの、疲れたんだろうね。
お風呂も入らずに、就寝と相成りました。

ボクも疲れたよ。
高速運転は神経を使うし、家族の面倒もみなくちゃいけなかったし。
今日は、昼寝を2回もしちゃったよ。

それでも、家の掃除はできたし、大量の洗濯物もやっつけることが出来た。
まあ、明日からまた仕事だけれど、子供たちの夏休み続くわけで。
今日からペイスケは受験勉強再スタートで、明日から夏期講習も再開となる。

タンコロは、来週、映画を見に連れていってやろうかと思ってる。
なんでも、今までの仮面ライダー全てが出てくる「オールライダー対大ショッカー」という映画が上映中ということなんで、昭和の仮面ライダー好きなタンコロには正に打ってつけの映画だしね。

まだ、疲れる日々は続いていくんだなあ・・・と思いつつ、今日の家族の表情を見てると、少し無理して旅行に連れて行って、よかったなあ、と思ってるんだ。
* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-07-22 (Wed)
受験を控えたペイスケの三者面談が、今日行われたんだ。
なんで夏休みに・・・という不思議な感じもするけれど、先生達も時間がとれないんだろうなあ。
三者面談は、午後行われたんだけど、ペイスケも夏休みなら、タンコロも夏休み中。
自閉クンのタンコロが、一人で家にいることなど危険きわまりないので(笑)、ボクは今日の午後、休みをとったんだ。

ペイスケと秋桜を学校まで車で送ることにしてたんだけど、聞いてみれば三者面談って15~20分位とのことだったので、ボクもタンコロを連れて、一緒に面談を受けた。
要するに家族全員と担任の先生で面談したわけで、三者面談というより、家族面談みたいだった。
だけど、面談の最中、タンコロは一言もしゃべらず、見事に大人しくしてくれてた。
帰る際、ペイスケの担任の先生に、「ありがとうございました!さようなら」とまで言ってくれて、ボクらは笑うことしきりだったよ。

ペイスケの成績は、塾で勉強を頑張ってくれてるおかげで、少しずつ伸びており、現状として英数をもう少し、なんとか出来れば、ボクや秋桜の考えてる最低ラインまできてるのが確認できた。
これから、公立校や私立校の調査もしなければいけないんだけどね。

そんな三者面談も無事終わり、夕方4時過ぎには帰宅できた。

帰宅後は、懸案だった換気扇の掃除も何とかでき、夕食は串焼き。
牛肉や鶏肉、それにいろんな野菜を串に刺して焼くんだけど、ボクの家ではこの料理をバーベキューと呼んでるんだ。
醤油味、塩味と焼いたけれど、物凄い煙が出る割には、換気扇の掃除が功を奏してなんとか凌げたよ。
ペイスケもタンコロもおなか一杯食べてくれて、なんとも気分のいい夜になったんだ。

ペイスケの顔を見てると、三者面談がなにか心に引っかかっていたようで、それもスッキリし、後はこれからの頑張りが見所だな。
夏期講習も日程が決まっているからね。
今頑張れば、2学期に花開くよ、と言い聞かせてるところなんだ。
* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |