05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2009-12-05 (Sat)
つい最近、ネットの記事を見つけて、不機嫌になってた。

その記事が、今日、別のプロバイダーの速報記事として、またもやアップされてた。

これは九州は鹿児島県の阿久根市市長のブログにアップされた記事についてだけれど、なんでこんな記事を、大した調べもせず、アップしたんだろうと思う。

多くは語りたくない。
けれど、この市長は政治家である以前に、人間として失格だ。
この阿久根市では、議会で追求とか、いろんなことが言われてるけど、即座にリコールすべきだ。

障碍を持ってしまった人たちは、何も好んでそうなってしまったわけではない。
偶然の事故でなってしまった人もいるけれど、出生にまつわり、何が原因でそうなってしまったのか分からない人もいる。

人には生きる権利があるけれど、それを放棄したものじゃないことは明らかなはず。
自ら意思表示が出来ない人だって、死ぬことを目指して生きているわけじゃない。
そのための医療が発達して、なにがおかしいのか。

この阿久根市長は、もう人間止めた方がいい。
市役所職員の給料支払いについても、裁判所の決定にも従わないとんでもない輩だ。

こんな市長を放っておいたら、阿久根市民は取り返しがつかなくなるぞ。
* Category : ニュース
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-14 (Sun)
ボクは、結構格闘技が好きだったりするんだけど、その一つであるプロレスも格闘技が多様化して、TVではあんまり目にすることも少なくなった。
けど、ネットで見たり、聴いたりしてることはあったんだ。

昨日は、秋桜の実家に、退院したばかりの義父の様子を見に行ってたんで、帰宅が遅くなり、夕食も遅めになった。
TVもあんまり見ず、タンコロをようやく寝かしつけて、パソコンに向かい、ブログを書こうか・・・と思ってたところに、とんでもないニュースが飛び込んできた。

今は亡き、ジャイアント馬場の後継者とも言うべきNOAHというプロレス団体の社長・三沢光晴が、昨日の試合中に受けたバックドロップという大技を喰らったことが基で、昨夜遅く亡くなってしまったんだ。
2代目タイガーマスクでもあった三沢は、これからのプロレス界の屋台骨を支えるべき人物でもあったし、レスラーの生命線とも言うべき受身がとにかくうまいレスラーでもあった。

意外な人の死という気がするし、とにかく残念で驚いている。
また、三沢の試合を見たいなあ、と思っていたし・・・

ご冥福をお祈りします。
* Category : ニュース
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-10-04 (Wed)
今日、いや昨日、またもや悲惨なニュースを知った。
なんで、こんなことが起こるんだろう。

特殊学級の先生が、先生になって3年目。
3年間、この教師・・・いや犯罪者はナニを考え、どうしようとしたのか。

このニュース

検察が嫌疑不十分で不起訴。
警察も検察官も裁判官も、不勉強にも程があるという状況。
今回、この親は最終的に民事に訴え出たわけだけど、閉鎖社会の裁判官がどこまで事情を汲み取れるのか。
親の代理として活動する弁護士には、死ぬ気で頑張って欲しい。

この教師・・・いや男。もはや犯罪者である。
自閉症児だけじゃないはず。クラスの中にはダウン症を初めとして多様な障害を持った子たちがいたはず。
それを強制力で閉じ込めようなんて、教師である前に人間として失格だ。
なさけない。
こんな奴を教師にした奴らも同罪だ。

最近、仕事も家庭のことも忙しく、なんだか閉塞感みたいなものを感じていた。
だから、趣味でやってるこうしたネットの中では明るく振舞っていたかった。
そこにこのニュース。
こんな奴は教師でもなんでもない。凶悪犯罪者である。
断罪されることを望むし、こうした事実をマスコミはもっと公表してほしい。
* Category : ニュース
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

残念なことに・・・。 * by ゆうゆう。
うちの養護学校でも事件がありました。

元教師が1人の子供を教室内で罵声を浴びせたそうです。

学校側からの報告で知りましたので内容はもっとすごいと思います。

当時5年生の子供さんはPTSDに今も苦しめられていて学校にはなかなかこれない状態です。

もうね・・・わけわかんないよね。

こんなこと絶対あってはならないこと。

どうして「教師」という仕事を選んだのか?

他におもいつかなかったからか」



自分が同じことされたらどう思うの?

って問いたいです。

ゆうゆうさん * by モン
そうだよね。あってはならないはずのことなのに。

けど、良く聞きます。似たようなことはね。

今回のことはネット上のニュースとして配信されていたんで、取り上げて見ました。

理解不能の状態・状況におかれて、追い込まれるようなことになったら・・・これは子供・大人問わず、パニックになります。

そして何らかの後遺症が残ります。

近代病とされているウツも、これに近い状態ですね。



ホント、コイツはなんで教師になったんだろう。

仮にこいつが死んでも、詫びを入れたことにはならないし、解決策が見当たらないと思います。

まあ、区切りはつけなくちゃ。

犯罪者は罰をもって制す、じゃないけれど、両親の訴えでコイツが追い込まれることを望んでます。

Comment-close▲
個別記事の管理2006-10-02 (Mon)
今日、ネットのニュースで知ったんだけど、こんな(↓)ニュースがありました。中でも毎日新聞が詳細に掲載してたので、掲載します。

このニュースだよ

このニュースを読まれた方はどう思うかな。

子供が精一杯、いじめがあって、死にたいと思う位イヤな思いをしてる、と素直に読み込めないもんだろうか。
教育委員会も学校側もいじめを見抜けなかったとか、挙句の果てには「いじめ」という文字がない、とか日常よくあることだとか言ってる。
出来ることなら、北海道に飛んで関係者を全員、絞め殺してやりたい。

子供だって人間だ。
陽気な子もいれば、そうでない子だっているし、人との係わり合いを苦手にしてる子だっている。
その子が精一杯、アピールしてるんだ。
それを、何故気づかない。いや、気づこうとしないんだ。
ご都合主義の顕著な例だ。

思いたくもないが、多分日本の教育関係者は、ほとんどがこの傾向にある。
PTAを煙たがり、カリキュラムをこなすことに精一杯。
また、国の教育方針がコロコロ変わるもんだから、このカリキュラムもいい加減なもんだ。

ペイスケも似たような目にあっている。
ペイスケの場合、同級生じゃなく、担任だ。
だから、ペイスケには問題があったら教頭・校長に直談判するように言って、それを実践したし、ボクも先日の運動会終了後、校長にいい加減にしろ!と口すっぱくアピールしてきた。
だが、校長は、今教頭を交え指導中です、と応えるのみ。
やむなく志木市の教育委員会に連絡した。帰ってきた答えは、校長と同様のものだった。
ペイスケの担任は1学期の途中で変わっているんだ。
なんでも前の担任は、精神を患い、やむなく今の担任に変わったそうだが、父兄には何の事前連絡もなかった上に、まず口が悪い。そして態度も悪い。
自分の思う通りいかないと、子供を怒鳴りあげる。
何故だか、ペイスケが目をつけられた。ボクはペイスケに指示しながら1ヶ月様子を見た。
だが、治まらず、学校側へのアピールになったわけだ。

その結果、どうなったか。
ペイスケは声をかけられなくなり、今度は別の子が標的になってるらしい。

ボクは学校側と教育委員会に再度アピールするつもりでいる。

これが現実なんですよ。
日本の教育界は荒廃してる。ガラの悪いとんでもない子が目に見えて増えたのも、わかるような気がする。

教育とはなにか・・・勉強を教えることだけではないはずだ。
子供の指導とはなにか・・・ということに深く関与してくる。
事なかれ主義では一番いけない世界だ。
自分がなにものか、子供がどんな信号をあげているのかをよく読み取らなければならないのに、自分勝手な思い込みで子供と接してる。

なにか書き足りないことがある。また、このことについてはここに書くこともあるかもしれないけれど、さっき取り上げたニュースについて、皆さんはどう思いますか?
* Category : ニュース
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

Unknown * by マユ
このニュースを聞いて、             私も凄く頭にきた!!   小6の女の子は遺書を書いて、そしてどんな思いで死んでいったのか…。               教育委員会・学校側はいじめはなかったと思っていた…なんて言い逃ればかり。            テレビでも殴ったり、  蹴ったりはなかった…この人達頭おかしいんじゃないかって。                    身体に暴\力を受けるのだけが、いじめじゃないのに。            仲間に入れてもらえない・存在を無視される…               そういうのもいじめなんだよ。                      女の子は死ななくてもよかったのに、教育委員会や学校側が殺したと同じだよ。

Unknown * by ゆう(*^^)v
こんな、ニュースを読むと萎えてしまいますよね。



わずか小6年生の子供が、遺書まで残しているというのに、どうして教委は、認めないんだろう・・・。



それに、ペイスケ君の件も、腹立たしい!!

我が校にも、こんな先生がいるんです。

いかも、1年生。

この学級にいた、自閉症(養護学級在籍でした)の子は、隣の県へ転校して行きました。

それでも、現担のまま・・・。

教育委員会も呆れてるだけで、何の対応もしない・・。

こんな教師が、現場をまかされていて、いいのだろうか??って疑問に思いますよね。


マユさん、ゆうさん * by モン
お二人のそれぞれの意見に同感です。



今日、文部科学相に批判されてましたね、この教育委員会。



いじめは人それぞれなんだけど、なんと言っても現実を直視しない態度に頭にきたんですよ。

教育委員会って、結局教師擁護なんじゃないかと。

先日、国旗国歌の問題で、高校教師以上でしたが、教師の団体が東京都にクレームをいれてるニュースを見ました。

信心の自由についての裁判所の誤った判決に対し、東京都に控訴しないよう怒鳴り込んでいるニュースでしたが、その前に教師としてナニをやってるのか、と強い怒りを感じました。

日教組が元凶のような気がします。

教師である前に人間・・・とでもいいたいんでしょうか?

でも、そんな議論をする前に人間失格の教師が多い。



この国の教育現場は、なんでこんなにも荒廃しちゃったのか。

政治家は法律を作るのが仕事。でも、それをうまく運用するのは教師・教育委員会の現場のはず。

今は両方は機能していない。

その結果、困るのはそうしたところにいかざるを得ない子供達ですよ。

むかつく * by ナオママ
私もニュースをみながら思わず『ふざけんな』と叫びました。許せません。



私の大学時代の先輩は埼玉の教員採用で落とされました。彼女が言われた言葉で『教員も人格で選ぶといって、高学歴・・ようは六大学出身者の中からの人格だ。』といわれたと。いくら志が高くてもそんな理由を採用試験のときに当たり前のように口にした人間が選んだ奴なんてたいした人間で無いと確信しました。採用する人間が真の人格者ではないのですから、いい人材が育つはずはありません。

『いじめのよる自殺』命の大切さを教えることのできない日本の教育には先がないですね。

Unknown * by yamachan
こんばんは。

心苦しくなりますよね。

教育委員は隠すのが上手ですよ。

教育現場のことだから教育委員に・・・ではなく、警察や国直属の相談機関へいくほうが効き目はあります。

ようは、表ざたにするぞということなんです。

表ざたにされるのを嫌いますから、そこまでやると結構動きますよ。

こんなことまでしないといけないのかと思うと、それも心苦しいですよね。

いい先生もいっぱいいるのに、良くない先生に押さえつけられて、同じように言われて、それだからいい先生も育たないんですよね。

上から変えていかないとダメですね。

もう、死にたいなんて思いを子供にさせたくないです。

コメントありがとう。 * by モン
☆ナオママさん、yamachanさん

教育界ってなんでこうなんだろう、と思いますよ。お役人は隠蔽体質なんですね。そのお役人の中に教師も教育委員もりっぱに入っているんだよね。

教師、教育委員会ともに、そこに行くまでのプロセスに多いに問題がありそう。



警察もなかなか動きませんし、アテには出来ません。かと言って、個人で動こうにも限界があってね・・・



教育関係者の中には、子供という存在が忘れられてるような気がします。

Comment-close▲
個別記事の管理2006-07-31 (Mon)
今日の模様を一旦書いたんだけど、またもや消えてしまった。
今日はボクの家の近所で、ある事件が起こった。

タンコロやペイスケがプール好きなため、無関心ではいられない。
かといって、こればかりは利用者が気をつけようにも、やりようがない。
人災である。
運営者や管理者の問題だ。
入場者の安全に気をつけるなんて当たり前。
最近はいらないことまで、うるさく言うんで、実は一昨日室内の市民プール行った時、怒鳴りつけたばかりだった。
プールの利用の仕方は、利用者の問題だが、そこばかりに視点が行ってる。
はっきりいって、それ以前の問題だ。
こんな事故は毎年、場所変えて起こる。
事故が起こっても、それは他人のこととばかり、また起こってしまい、教訓にならない。
排水溝の吸い込み事故なんて、大の大人でも抵抗は出来ないんだ。
ましてや子供。
かわいそうすぎる。
こんな事故が起こるプールって、危険に関しての噂話がよくでてる。
未然に防ぐことはできるはずだ。
それが市民プールの場合は行政の問題でもある。

なんでも費用の問題とばかり、論点が安全からずれてしまっているような気がする。
安全はただではない。
でも、何度もいうが未然に防げる事故だ。そう思う。
そして、本当に腹が立つ。
身近で起こった分、余計に腹が立ってるのかもしれないな。
* Category : ニュース
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

いたたまれないね・・・。 * by ゆう(*^^)v
この事故・・

大阪でも、今朝の朝刊のTOP記事だった。

想像しただけで、恐ろしい・・。

鳥肌が立った。

監視員とかが、監視して、そんな少しの時間、見ていられなかったのか?!

と悔しい思いがします。

もっと、ちゃんと設備点検も必要だったんじゃないか・・・!!

楽しい夏休みが・・。

maiと同じ年なので、余計に・・・。

胃が痛くなってきた。

そうだったの? * by ゆうゆう。
私ねこのニュースみて「ゾッ」としたよ。

女の子がどれだけ苦しんだか。

こんなことになるのがわかっていたならご両親はポールなんて連れて行かないよ。

人事とは思えなかった。

小学校2年生。

ゆうさんちのまいちゃんと勇吉と同い年なんだ。悲しすぎる。腹が立つ。

子供達だけでプールなんていかせられないじゃん?

今日は勇吉がガイヘルさんと【流れるプール】に行きました。

私はガイヘルさんを信頼してるし目をはなすことはないので(1対1だから)安心して任せました。

大吉のほうがこういうとき怖いよ。

ゆうさん、ゆうゆうさん * by モン
怖いニュースだよね。

今日もいろいろ原因究明と対処について報道されてました。

管理の杜撰さを感じさせられます。

なんとマニュアル人間の多いことか・・・マニュアルに頼らなくても対処できるよう。常識的なことは身につけておきたいものだ、と思います。



こんな管理されてたんじゃ、安心して子供達をプールになんか、行かせられないよなあ。

本当に困ったもんだ。

おっしゃる通り! * by candy
久々のコメントです…いつも読み逃げですみませんhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/dogeza.gif">



この事故は我が家で購読している地方紙でも1面トップでした。

読んで「またか・・・」と、やりきれない気持ちになりましたよ。

私の住む県内でも、3年ほど前に海岸で砂浜が陥没し、7歳の女の子が生き埋めになって5ヵ月後に亡くなったという事故があり、つい先日そのときの関係者に無罪判決がでたところだったんです。

その事故のせいでお嬢様をなくされたお父様は「無罪判決は、娘を砂浜へ散歩に連れて行った私への有罪判決か」って嘆いていらっしゃいました。

結局誰も責任を問われない。

だから危機感が少ない。

いったいいつまで同じことを続けるつもりなんでしょうね?


candyさん * by モン
アハハ・・・ここでは久しぶりですね。



砂浜事故の件も注目してました。

日本は、国そのものの周りが海なんで、護岸工事が盛んなんですね。

川も海岸も。

護岸工事は、自然の摂理に逆らったものが多いため、いつかは起こる事故だったのかもしれません。

それを防御するのは国や公共団体に役目で、まずは自らの責任を認めることから、始まると思うんですよ。

その責任すら認めないのは、根末転倒。せめて責任をしっかり認めないと、悲劇にしかならず、また起こりうると思うんです。

今回の埼玉の事故も同じですよ。まず市がわび続ける。そうしたことから事は始まると思うんですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2006-01-29 (Sun)
先週末ホテル「東横イン」事件があった。
一定の規模を有する宿泊施設は、障害者受入施設の導入が義務付けられる。
これは法令でも条例でも決められていることだ。
他の企業を照らし合わせてみても、従業員300人以上の企業は、障害者の雇用が義務付けられている。
ボクの会社にも何人か雇用されて、元気に働いている。

それが今回の事件の場合、意図的に違反行為が行われた。
建築確認も施工も、一旦そうした施設を盛り込んだものを作っておいて、行政側の確認行為後、その施設を取り除く行為が意図的に行われていた。
そうした行為が発覚した以降の、社長の記者会見を見ていても、他の役員や部長の会見やインタビューを見ていても、何の疑問も持たず、反省の気配すらない。
「直しゃいいんだろ!」
そうした気持があふれかえっていた。

法人はモウケ第一主義だろうが、社会に対する責任ある立場にも居るはずだ。
社会があって、企業が成り立っていることを忘れてはならないんだ。
こんな、反省のない社長会見は滅多に見られない。
とにかく、腹が立った事件であった。
今後国も先導に立つだろうけど、現状を徹底追求して、こんなホテル、免許停止処分にして欲しい位だ。
* Category : ニュース
* Comment : (0) * Trackback : (0) |