05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2009-11-09 (Mon)
昨日はプロ野球の日本シリーズで、巨人が勝って日本一になった。
監督の原からしてみれば、WBCでの勝利から始まって日本シリーズでの勝利ということで今期は終わったわけだね。
勝利というのはそこに行き着くまでいろんな変遷を通ってたどり着くわけだけど、そこには我慢や忠誠心というものも必要なことなんだと思う。

ファンという傍目から見たものには分からない辛さもあったと思うけれど、でも原監督がやってきたことに間違いはなかったということの証明なんだと思う。
見ていてすがすがしさらしきものも感じたし、理的にもなるほど、と思わせることが多かったと思うんだ。
それは日本シリーズで巨人と戦った日本ハムも同じ。
札幌ドームに詰め掛けたファンも素晴らしい応援と態度だったと思う。

次につなげる自制心というのが、両チームに共通して感じたことだけど。

それに反していたのが、落合・中日だった。
自分の今年か考えない、周囲のことには目もくれず、終いには勝つか、負けるかだと言い放ち、マスコミをもバカにしてた。
CSで負けが決まった時も、グラウンドには目もくれずダグアウトに姿を消してしまった。
もともと好きではなかった中日が、このとき地に落ちたと感じた。
こんなチームに他のチームは負けて欲しくない。
勝負師たる人間の、人間たる以前の話で、悪く言えば自分勝手、わがままそのものだったと言わざるを得ない。

巨人・日本ハムとは対照的だったな。

アメリカではヤンキースの松井がMVPを取ったほどの大活躍で、ヤンキースが世界1となった。
身体を壊し、野球どころではなかった松井が良くここまで来たもんだと、感心させられたし、うれしかったことだった。

野球はもはやオリンピック競技でなくなってしまった事は淋しいことだけれど、今年の巨人や日本ハムを見ていると、来年も野球でまた楽しませてくれそうだなと思えて、うれしくなった昨日だったよ。
* Category : スポーツ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-12-04 (Mon)
今日、プロ野球の日本ハムに所属していた二冠王・小笠原選手が、FA権を行使して巨人に入団し、入団発表が行われた。

小笠原の巨人移籍発表!

巨人と言う球団は、移籍に関しては評判が悪い。はっきり言って、ドラフトでも横行し、傍若無人の振る舞いが過去にあったからだ。

ボクは巨人ファンであり、日本ハムやロッテのファンだ。
当初は、FAで小笠原が来ないといいな、その方が若い選手が育つのにな、とか思っていたからだ。

でも良く聞いてみると、巨人側が提示した条件は、減棒だったらしい。
それに、小笠原の即決だったらしく、逆に巨人側が驚いていたらしい。
この辺り、小笠原はお金が全てで移籍したわけじゃないと言うことが垣間見える。

小笠原は、3年前、日本ハムが北海道に移転した時以来、単身赴任だったそうだ。
千葉の自宅に、奥さんと子供を残して・・・
北海道に行っても、ファンの目の前、のんきに一人歩きも出来ず、気が治まらなかっただろうと思う。

個人差はあれど、単身赴任を長く続けるのは辛い。自分のことだけじゃなく、家族にとっても辛かったことだろうと思う。
立派な成績を残した選手であることから、シーズンオフもロクに家族と一緒に過ごせる時間もなかっただろうと思う。

小笠原は家族を取ったんだ。決して金目当ての移籍じゃないと思う。

日本ハムファンにとっては、新庄も引退し、その上小笠原も抜けるんだから、相当な痛手だとは思う。
ファンを裏切れないという思いもあっただろうと思う。
しかし、プロ野球選手である前に、一家の主なんだ。家族を大事にすることは当たり前のことなんだ。

ニワカ日本ハムファンは、罵詈雑言を浴びせるだろう。
だけど、逆の立場に立って考えてみればいい。
地方で、その土地から脱け出せない人は別だけれど。

金目当てで移籍を試みた某落合なんかとは、背景が違うんだ。

ただ、来年は相当頑張らないと、またなんかいわれちゃうな。
地方で注目浴びるのと、中央で注目をあびるのは、プレッシャーのかかり具合が違うはずだ。
そうしたこともバネにして、サムライとして頑張ってほしい。
* Category : スポーツ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |