個別記事の管理2006-11-30 (Thu)
ペイスケやタンコロの通う学校は、今日、マラソン大会があった。
学年別、男女別で走るんだけど、昨年、ペイスケは10位、タンコロは泣きながらではあったけれど、見事に完走してた。

今月に入ってから二人とも、学校ではマラソンの練習をしてたらしい。
ペイスケは小学生としては最後の大会。
今年は野球部で肘を故障してからというもの、ロクに運動は出来なかった。
マラソンは肘にあんまり負担もかからないため、そんなに心配してなかったけれど、これまで運動をあんまり出来なかったことと、小学生としては最後の大会になるということで、ボクは見学に行った。
要するに、会社を休んだのね。

いろいろ、ペイスケにはハッパをかけた。
5位以内が目標だぞ!と声をかけていたけれど、運動があんまり出来てなかったことから、昨年と同じ位になってくれれば・・・そんなことを心の中では思っていたよ。
ペイスケ本人も、順位を一ケタ台にすることを心に期していたみたい。

11位だった。
ペイスケ本人は、自ら持っていた目標を達することができず、涙が出てしまったらしい。
だけど、その心意気があれば、今後も大丈夫だと思ったよ。走りっぷりも、練習不足を感じさせない程の、走りっぷりだったと思うんだ。

一方のタンコロ。
自閉症児がマラソンを走るというのは大変なことだと思うんだ。
具体的な目標が見えないからね。
距離も長いし、ゴールも見えない。
これは、自閉症児には苦しいことだと思うんだ。
それに見学に来てた父兄の数が半端じゃない位多くて、子供達が混乱したのも事実だし。
子供の姿を見にきたのか、与太話をしにきたのか分からない父兄も多かったけど、そんな中、一生懸命走ってたように見えた。
伴走してくれた先生のおかげもあったけど、見事に走り抜いたと思うんだ。

昨夜、興奮するあまり、タンコロは夜中に目を覚まし、なかなか寝なかった。
苦しかったろうに、よく走りぬいたと思うんだ。


今日、ボクは休みを取ったんで、マラソン大会見学だけじゃなく、障害者手帳に向けての役所交渉なども出来て、ようやくスタートを切れたようにも思える一日だった。
* Category : 兄弟
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

いいことです * by candy
ペイスケくん、悔し涙が流せるっていいことですよ!
真剣にがんばったからこそ出てくる涙。
うちの長男坊も6年生ですが、そういう悔し涙って見たことがないような気がするなー。
お父さんに叱られてワナワナとあふれてくる涙くらいhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_shock1.gif">

candyさん * by モンパパ
お久しぶりですね。

悔し涙・・・心意気は買ってます。ペイスケはいつも真剣だし。
問題は、今後だねえ。この涙をどう生かすかな。

そういや、最近、子供達を本気で怒ってないなあ(笑)

Comment-close▲
個別記事の管理2006-11-30 (Thu)


AUTHOR: candy URL: http://blog.goo.ne.jp/snoopy81224/ DATE: 12/01/2006 09:37:26

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-30 (Thu)


AUTHOR: candy URL: http://blog.goo.ne.jp/snoopy81224/ DATE: 12/01/2006 09:37:26

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-30 (Thu)


AUTHOR: candy URL: http://blog.goo.ne.jp/snoopy81224/ DATE: 12/01/2006 09:37:26

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-30 (Thu)


AUTHOR: candy URL: http://blog.goo.ne.jp/snoopy81224/ DATE: 12/01/2006 09:37:26

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-30 (Thu)


AUTHOR: candy URL: http://blog.goo.ne.jp/snoopy81224/ DATE: 12/01/2006 09:37:26

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-30 (Thu)


AUTHOR: candy URL: http://blog.goo.ne.jp/snoopy81224/ DATE: 12/01/2006 09:37:26

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-30 (Thu)


AUTHOR: candy URL: http://blog.goo.ne.jp/snoopy81224/ DATE: 12/01/2006 09:37:26

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-29 (Wed)
タンコロは、布団が大好き。
夕食が終わると、「ハミガキ!」と言いながら、歯磨きをそそくさと済ませ、秋桜の布団にもぐりこむ。
すぐ寝入ってしまうこともあれば、なかなか眠らないこともあるけれど、どんなに遅くたって10時前には眠ってしまう。

寝相はかなり悪いけど(笑)、寝顔はとってもかわいいんだ。
軽くバンザイしてるその寝姿は、見ていると食べたくなっちゃって、自然に笑顔になっちゃう。

ボクは、寝る前、毎晩必ずタンコロの寝顔を見に行って、手を握る。
そして、耳元でささやくんだ。
「とうちゃん、好き?」

そうすると、毎晩じゃないけれど、タンコロは答えてくれる。
「好き!」

これがたまらないんだなあ(笑)
ボクって、イヤな父親かな。
ほとんど毎晩、こんなことしてるんだもんね。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

Unknown * by さりさり
気持ちはよ~く分かります。小さいうちはほんとに可愛いですよね。
中学生ぐらいになったらかなり反抗したり、憎まれ口いったりするので、もう全然可愛くないです。笑)

さりさりさん * by モンパパ
タンコロにも反抗期は来るんだろうか・・・
自閉症児にも、そんな時期がくるのかなあ・・・
なんて、思います。
反抗の仕方にも、いろいろあるんだろうね。
まあ、今はかわいいからいいや(笑)

一方にペイスケは、反抗期に片足突っ込んでますな(笑)

Comment-close▲
個別記事の管理2006-11-29 (Wed)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-29 (Wed)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-29 (Wed)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-29 (Wed)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-29 (Wed)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-29 (Wed)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-29 (Wed)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)
障害者雇用の現実の難しさ・・・それが今日のテーマだったのかもしれないな。

労働基準法では、確かある程度の企業は障害者雇用が義務付けられているはずだ。
例えば、300人以上の従業員がいる企業は、3名の障害者をこようしなくちゃなんないというふうにね。

企業は、人を雇わなければならない宿命を背負っているんだけど、こうした法律での縛りがないと、多分雇用しないだろうね。
法律があるから雇用してる、という縮図もイヤなもんだけど。

民間の会社は、利益追求が第一だから、それにかないそうにもない雇用にはあんまり目を向けてないというのが現実かもしれない。
特に、大企業になればなるほどね。
そして従業員は、汎用性も問われるし。
それなら公務員は?と思うけれど、公務員は試験を通らなくちゃならないし(コネがなくちゃ合格しないけど)。

今日の番組も、常務が雇用主と考えれば、それが現実かとも思う。
そして、園長は、園長と言えど中間管理職のサラリーマンなんだ。

でも、現実的には難しいだろうけど、出来ることを精一杯やるという姿勢は、障害者であろうと健常者であろうと変わりないし、よく見てみれば障害者の方が真摯になってる分、健常者より利益を生むかもしれないな。評判という利益をね。

ボクの会社にも3名の障害者がいるんだ。
3名とも知ってるけど、そのうち1人については、ボクはお気に入りだったらしい。
ボクが1ヶ月前まで新宿オフィスにいた頃は、朝と夕方、用事があってもなくてもボクのところにやってきて、歓談してたんだ。
まあ、その方は耳が不自由で、声を聞かせることは出来なかったけど。
どうも、ボクが新宿オフィスを去ってから、寂しそうにしてたという話は、総務の方から聞いた。だけど、耳が不自由なため、電話も出来なかったのが口惜しかった。

ボクの会社は、耳が不自由な方ばかりで、それだから話すのもうまく行ってなかったけど、その3名の方は必死に仕事してたよ。
ボクの会社が、障害者に理解があったわけじゃない。
その方たちの少数の周りの方に理解があったからだと思うんだ。

自分の出来ることを一生懸命行うということは、その範囲を広げていくことでもあると思うんだ。
今日のテルくんをみてれば、それは十分に分かる。
それに気づいた園長、それは障害者に理解あるフリじゃなくて、理解したという証でもあったと思う。

こうした雇用者が、障害者を理解できる場が広がれば、もっと雇用も助長できるのに・・・と思う。
まあ、そうした場をどうやって設けるかが問題だけれど。

難しいよね。企業も早急な利益を追求しなくちゃいけないし、障害者を理解するのは時間がかかるだろうし。

まずは、何が出きるのか。うまいこと道を探さなくちゃなあ。

* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

見ました * by さりさり
大変ご無沙汰してます。m(__)m
僕の歩く道は毎週見てます。
自分のできることをやればいい、これは障害者だけでなく、私たちみんなに当てはまりますよね。

理解したフリの人が現実には多いんでしょうね。ちょっと寂しいです。

さりさりさん * by モンパパ
こちらこそ、ご無沙汰してます。

出来ることを一生懸命やるのは基本なんだと思うんですよ。
最近は、そうした基本を忘れてしまった人が多いですね。

理解したフリでも、のめり込むきっかけになれば、まだ良いと思うんですよ。
表面的なことに、だまされたくないですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)
帰宅したのは、夜11時。
会社をでたのは夜7時。
つまり、帰宅するのに4時間かかったんだ。
いつもは1時間位で帰宅できるんだけどね。
今日は仕事が早く終わったんで、会社の近所の本屋さんにより、自閉症関係や障害者自立支援法の本を物色してたんだ。
まあ、目当ての本を探し当てるまでは時間がかかるなあ・・・とか思いながら、駅の改札をくぐった。

ボクは2回乗り換えがある。そのほとんどがJR線なんだ。
1回目の乗り換えを終えると、電車に乗ってる時間は、いつもなら20分位。
ところが、一つ目の駅を出発し、しばらくするとバツーン!というとんでもない音がして、電車はとまった。
まもなく電車内は停電。しかもトンネル内を走行中だった。

そのまま2時間。流れるアナウンスは「現在、原因を究明中。復旧に向けて作業中であります」というだけだった。

まあ、後で分かったんだけど、ボクが乗ってた電車の一本先に走ってた貨物電車が、車で言うオーバーヒートを起こし、辺り一体が停電してしまったんだ。

結局、最後まで電車は動かず。
電車の先頭部分から、電車外にでて路線を歩き(多分20分以上)、最寄の駅に着いた。
当然、利用してる路線は完全停止状態。
やむなく、別の私鉄とバスを利用して帰ってきたんだ。

まあ、疲れたよ。
JRって言う会社は、何年か前、尼崎でとんでもない事故があったけど、危機管理や危機の遭遇した時の乗客サービスがまるでなってない会社だなあ。
こればっかりは、多分、事故に遭遇した客じゃないと分からないだろうな。
本気で怒鳴りまくってた客が大分いたけど、今回のことの遭遇して、その気持は本当に良く分かるもん。
まだ、お上だった時代の感覚が抜け切らないんだろうな。

トンネル内で缶詰状態だったため、家に連絡もできず。
ペイスケも秋桜も心配してたみたいで、タンコロも早めに布団にはいったものの「おとうちゃん、おとうちゃん」と何度も呼んで、なかなか眠らなかったそうだ。

明日は早く帰られるかなあ・・・
* Category : 自分のこと
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

大変でしたねぇ(/_・、) * by 奈緒
今朝のニュースで、チラッと見ました!

京王線の事故の方が大きく取り上げられていましたが・・・

武蔵野線の事も、トンネル内で閉じ込められたなんて、考えただけで、ゾッとします(>_<)

モンパパさん、お疲れさまでしたm(._.)m

怪我が無かったのは、不幸中の幸いだとは思いますが、どこでどんな事に巻き込まれるのか??

自分がいくら気をつけていても、防ぎようの無い事ってあるんだなぁ(-.-;)と、思い知らされました。

私は、ほぼ毎日車の運転をしますから、今までにも増して、気を引き締めようと思いましたm(._.)m

奈緒ちゃん * by モンパパ
いやあ、昨日はまいった、まいっただよ。
帰宅してスグには眠れず、今日は多いに寝不足の一日でした。

まあ、JRっていう会社は、危機管理がまるでなってないね。
お役所仕事みたいに対処するし。
通常のサービスだけじゃなく、そうしたときに企業の姿勢が問われるのにね。

Comment-close▲
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2006-11-28 (Tue)


AUTHOR:

Return

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |