05≪ 2009/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2009-06-29 (Mon)
ここんとこ、ペイスケは期末試験の追い込みで、毎日塾三昧。
毎週火・木・金が塾に通う日なんだけど、塾側が試験前だし、毎日来てもいいよと言ってくれた言葉に甘えて、平日は夜7時過ぎから11時まで、土日はその時間以外に1時から6時まで塾に通ってるね。
試験前だから・・・こんなに塾に行くのを許してるけど、試験が終わったら、また考えなくちゃ・・・と思ってるんだ。
そんな状況なんで、夕食をとるのは、毎日夕方6時から6時半までの間。
試験に勝つ!ということで、土曜日は豚カツにチキンカツ。
日曜日はカレーということにしたんだけど、チキンカツ、カレーはタンコロも大好き。
昨日は前もって、夕食がカレーと分かっていたせいか、喜んじゃって大騒ぎ。
「カレー!カレー!」と叫んで、どういうわけか、蒸しケーキを食べてた・・・
おかげで、夕食のカレーはお茶碗に1杯きり(笑)
いつもは3杯も食べるのにね。

カレーは今夜も残っていて、それを見ながら、昨日の昼、ラーメン屋さんに行ったのを思い出したんだ。
ボクは塩ラーメンに半チャーハンとギョーザのセット。
秋桜は、ワンタンメンとギョーザ。
タンコロは、醤油ラーメン。
タンコロは自分のラーメンが来るのを待ちきれず、ボクの半チャーハンを食べだした。
ラーメン屋さんのチャーハンって、ほとんど野菜が入ってないんだよね。
野菜嫌いのタンコロにしてみれば、卵はまぶしてあるし、大好きな焼き豚は入ってるし、ある意味言うことないメニューだったかもしれない。
そこで、今夜のカレーを見ていて、ルーを冷凍パックにして週末まで残しておいて、土曜日はカレーチャーハンを作ろうと考えたんだ。

カレーは、もう煮込んであるんで今や野菜の形は残ってないし。
チャーハンを作るときは、卵のみで作って、そこにカレーのルーをまぶして・・・っていう感じで作ろうか、と思ってる。

タンコロが食べてくれたらうれしいな。
偏食治しも少しずつ、といったところだね。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-26 (Fri)
明日は、午前中タンコロの進路説明会で午後はペイスケの進路説明会があるんだ。
ペイスケの場合、塾で先んじて具体的に進路指導があったので、月光ではどうかということなんだけど、タンコロの場合、市の教育委員会が新設の特別支援学校についても説明があるらしく、これは大事だなと思うんだけど。
ところでボクの仕事はハンパじゃない位忙しく、毎日フラフラになって遅く帰宅するので、明日は進路説明会とは言っても会社を休める状態ではなく、もはや秋桜に頼むしかないんだよ。
昼をはさんで、午前と午後、場所も離れてるし、秋桜には大変な思いをさせちゃうな。
がんばってほしいよ。

そんなわけで、今日は大人しく過ごしてほしかったんだけど、昨夜眉毛を剃ってしまったタンコロは、秋桜の化粧品で眉毛を書いて登校。
学校についた途端、先生たちは目がマンマル。
秋桜の化粧品で書いた眉も、昼にはほとんど落ちてしまい、今度は先生の化粧品を使って書いたらしいけど、タンコロはただ書いてもらうだけでなく、自分でも書いたらしい。
先生曰く「二人で一緒に書きました」

ああ、なにやってんだろう・・・(笑)

ボクが帰宅する前に一人でお風呂に入ったのは、今夜も同じ。
今夜はおとうさんと一緒に入ろうな、と言っておいたんだけど、帰りが遅くなったボクを待てなかったらしい。
それじゃあ、早寝するのかなと思ったけれど、秋桜に枕投げをして遊んでしまい、終いにはボクからカミナリ落とされて、ようやく今さっき寝付いたよ。
大変な一日になりそうなのに、明日も朝から苦労するなあ、きっと。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

タンコロくんの眉毛 * by ボン
あの可愛い寝顔からは想像できないなあ・・・。
学校では先生もびっくりだったでしょうね。
進路説明会か、そういえば、ボンズのときもあったかな。
中学部の先生がいらして、お話をしてくれたっけ。

髭剃りで剃るといえば、ボンズはなんと大事なところの毛をすっかり剃っちゃったことがあります。
これには参りました。
学校ではわからない部分だけどね。

ボンさん * by モンライダー
目の前で見てるってのに、未だに信じられませんよ、タンコロの眉毛。
ようやく、少し生え直してきましたかね。
それでも、まだ怖いです(笑)

それにしてもボンズくん、やるなあ。
そんなこと言ってる場合じゃないけれど、笑ってしまいました。

Comment-close▲
個別記事の管理2009-06-24 (Wed)
今夜はネットがうまくつながらず、こんな時間になってしまいました。

昨日に続いて、今夜も帰宅が遅くなってしまったボク。
ボクの帰宅を待てなくて、タンコロは昨日に続いて一人でお風呂に入ったんだ。

ボクは、入浴するとカミソリで髭を剃る習慣があって、どうもタンコロはボクと一緒にお風呂に入ったとき、ボクの髭を剃るのをジックリ見てたようで・・・

今夜の入浴で、タンコロは髭を剃る真似をして、カミソリで眉毛を剃ってしまった。
ほとんど完全に・・・
ありゃあ、と思うと同時に、よく怪我がなかったもんだ、と妙に感心してた。
でもまあ、眉毛を剃っちゃうなんてね。

タンコロが寝る前には帰宅できてたんで、タンコロの顔を見たけど、なんだか怖い・・・
寝顔をみても怖い・・・

明日朝は、秋桜の化粧品を使って、眉を書かせるつもりなんだけど。
最初は油性ペンで書こうと思ったけど、やっぱりそれはやりすぎなんでね。

今日は大荒れの日だった。
友達は叩くし、それを防ごうとした先生には暴れるやら、つばを吐くやら・・
下校時には、またもや他人の家に寄り道・・・
秋桜が怒ってたのも当然で、ボクもしっかりカミナリを落としたよ。

最近、ボクが添い寝してそのまま寝付くのがタンコロだったけど、カミナリも落としたし、眉も剃っちゃったということで、添い寝しなかった。
「おとうちゃんが、来ない」と言って、タンコロ半べそだったけれどね。
涙を一粒二粒とこぼしたけれど、声を出して泣く事はなかったね。

それにしてもタンコロの寝顔が怖い。
あのかわいい顔が、台無しだよ。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-23 (Tue)
最近は、あんまりTVドラマを見なくなったんだけど、それだけボク自身が年食ったということなのかな。
それでも、毎週火曜日にやってた「白い春」というドラマは見てたんだ。
阿部寛がはまり役立った。
自分の子供に、自分が父親と名乗れないまま、それでも子供を見守ろうとするその姿にはなんだか感動してた。
そして、そんな父親を糸が手繰られようとするかのように、近寄っていく子供。
血の関係のみならず、自然に心通うその姿は、惹かれあうものがあるんだろうと思うよ。
因果応報とでもいうのかな。
そんな結末だった。

別にそのドラマに影響されてたわけじゃないけれど、タンコロには一人でできるようになることの一つに入浴があって、これまで毎日ボクと一緒に入浴し、顔や体の洗い方、頭の洗い方、洗ったらしっかり温まることをズーっと教えて、練習させてきたんだ。
今日は学校の体育でプールがあり、喜び勇んだタンコロは、素っ裸になってフロアを走り回った事件らしきものがあったらしいけど、それでも大好きなプールに入れたことがうれしかったらしく、その上仕事が忙しく、ボクの帰宅が大幅に遅れたこともあってか、タンコロは自ら進んで一人でお風呂に入ったらしんだ。

ボクが遅く帰宅したら、ニコニコ笑って「お帰り!」と出迎えてくれたタンコロは、既にパジャマ姿だったよ。
なんだかうれしかったなあ。
言い続けてきたことが実った、そんな感じだった。

人の運命はついて回る。
それが因果応報。
誰にでも当てはまることだけれど、そこには努力と気が入った気持ちが必要だということは忘れちゃいけないよなあ、と思うんだ。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-20 (Sat)
もう一ヶ月前位からだったかな。
タンコロのクラスに、ダウン症のYUKAちゃんというタンコロの同級生ふがいるんだけどね。
どういうわけか、その子にタンコロはチョッカイを出すんだよ。
チョッカイというか、なんでも笑いながら叩くらしいんだけどね。
まあ、軽く叩いてるらしいから、痛くはないだろうと思ってたら、何回もやってるみたいでYUKAちゃんは泣いちゃったらしい。
先生たちも止めに入ったりしてくれるんだけど、それでも隙を狙うようにいつの間にかやってることがあった。

学校からの報告を受けて、ボクは怒ったよ。
「友達を叩いちゃダメ!」
ボクに怒られて、泣いてしまったタンコロ。
これだけ怒ればもうやらないかな・・・と思ったんだけど、日に一回はやってるらしく、そのたびに先生に怒られ、帰宅してからはボクに起こられる日々が続いたタンコロ。

ようやく、最近はやらなくなってきたみたいだけど、それでもYUKAちゃんの傍に行って、ニコニコしながら何やらやらかそうとしてる雰囲気があるみたいだね。

ボクが帰宅すると、ここんとこ毎日のように「YUKAちゃん、叩きません」とタンコロは言うんだよ。
昨日はお風呂に一緒に入ってる時に言ってたね。
こりゃあ、ひょっとしたら・・・と思い、「なあ、タンコロ、お前ひょっとしたらYUKAちゃんが好きなんじゃないの?」と声をかけたんだけど。
まあ、自閉症で会話もままならないタンコロに「好き」という意味なんか分からないだろうと思うけどね。
「タンコロ、YUKAちゃんが気になるんだろ。気になって仕方がないんだろ。それが人を好きになったということなんだよ」
とタンコロに話しかけたら、タンコロは湯船に潜り込んで黙っちゃったよ。
図星かな(笑)

人を好きになる気持ちも、成長に大事なことだからタンコロの動向には注目していたいね。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-17 (Wed)
昨日書いた新設の学校は、県西部特別支援学校という名称で、しかも仮称であること、去年まであった所沢東高校の跡地にできるということしか分からないんだ。

タンコロの通う地域の小学校とは交換ノートをしてるんで、そのノートに秋桜が何か書いたところ、学校からはサポートセンターに聞いてみてくださいと書いてあった。
サポートセンターって、ボクの住む町の役所にある教育相談係りのことらしいことは分かったけど。
でも新設の特別支援学校って県立なんで、管轄は県であって、町ではないんだよね。
それこそ必死になって、県のHPを探し回り、担当と思われる部署があったんで、さっき早速問合せ先、担当部署はどこか?というメールを出したんだ。

役所に対するメール問い合わせは何度かしたことあるけれど、返事が来るまでに時間がかかるし、うっかりすると返事も来ないこともあるし。
そうなったらなったで、また別の方法を考えるけどね。

少しでも、来年に向けて情報を得て行動しないと・・・と思ってるわけなんけどねえ。
* Category : タンコロ
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

あらら・・・ * by candy
うちと良く似た状況ですね。

今 息子が通っている特別支援学校は、今まであった高等養護を建て替えて、3月末に完成したばかりの新設校です。

説明会も入学前健診も高等養護の仮校舎で行われましたので、その時の子どもたちの世話は高等養護の先生がされましたが、その対応にびっくり・・・。
ここは本当に養護学校なの?いや、高等養護を養護学校だと思ってはいけないのかも?まるっきり普通の子どもに対するみたいな指示と行動で、この子達がわかる訳ないじゃないの!
・・・と、クラクラした覚えがあります。


説明会では、校舎完成は3月下旬、入学前の見学は無理、スクールバスのコースも台数も人数も未定、学年やクラスの数も未定・・・と、なんの説明会なの?って言いたくなるほど 「未定」 のオンパレードでした。

うちは元の養護学校からの校区再編で否応なく替わらされるケースでしたから、もう腹を括っていましたが、小学校から来ている人たちからは不満の声がずいぶん出ていたみたいです。

今の段階ではいろいろ問い合わせても明確な答えは得られないかもしれませんが、アンテナ張って、がんばってください!

candyさん * by モンライダー
スヌくんの学校、何で変わったのかな?と思ってました。
よく分からなかったんですよ。
新たに高等養護でもできたのかなって思ってました。

言われるとおり、その時のcandyさんの状況に似てるかもしれません。
埼玉県のHPを探ったとき、なぜか高等養護のページに新設校の情報の記載がありましたからね。高等養護じゃないのにね・・・

今は霧の中にいるような気分ですよ。
来週26日に、今住んでる町が進路説明会を開き、そこで何らかの話があるそうなんで、それをきっかけに・・・といった感じです。
でも、今でも不満はありますよ。
なんでこのタイミングで・・・とか、やることが遅すぎるということとかね。

まあ、説明会とかは参加してみなくちゃいけないんで、そこでの話をまずは吟味しなくちゃ、と思ってます。

過去記事にごめんなさい * by 桜
過去記事にコメント、申し訳ありません。

高校の統廃合で、空いた高校の跡地に「支援学校」という発想は、まさに、神奈川も同じですね。

そして、それは往々にして、「不十分」な部分があります。
何を「決め手」とするか、ということを、一年かけて、しっかり見極められることをお勧めします。

施設設備なのか、
教員の質なのか、
進路先のつなぎなのか、

そのひとつひとつが、ばらばらなんです。

新設校は、施設は、新しくていい。
最初の1,2年は、県内の「優秀な」教員が集まります。が、その後は、その先生たちは、また新たな学校の立ち上げに「転勤」していきます。
その間に、基礎ができればいいのですが、なかなかそういうわけにはいきません。

その辺は、既設のところで、ある程度落ち着いたところの方がいい、ともいえます。

一番大きいのは、高等部卒業後です。
進路先のつながりは、新設校では、どうしようもありません。
親が、走り回るしかないのです。(まさにうちがそうです)

説明会から、「おいしい話」だけではなく、デメリットもしっかり考えて、吟味してくださいませ。(モン様なら、大丈夫ですが・・・)

Comment-close▲
個別記事の管理2009-06-16 (Tue)
タンコロは、今、地域の小学校の特別支援教室に通ってる。
小学校入学の際、養護学校との選択を迫られたりしたけれど、人との触れ合いを重視して、その上、障害児教育に理解のある学校ということで、引越しまでして今の小学校に通わせることになったんだ。
地域の、そして人との触れ合いという点については、この選択でよかったなと思う。
けど、中学生になると、義務教育最終3年間ということもあって、職業訓練も始めなければと思い、以前は養護学校と呼ばれた特別支援学校に通わせることは、昨年初めに決めてたんだ。
特別支援学校も学区制を敷いていて、今の住まいからだと、隣のそのまた隣の町まで行かないと、その特別支援学校はないんだ。
でも、スクールバスでの送迎もあるし、去年からボク自身もその特別支援学校の見学、そして説明会にも顔を出し、タンコロとも数回一緒に施設の見学に行ったんだ。
今年も、その学校で行われる行事の全てを把握して、できる限り参加・見学に意向と、予定を組んでいたんだよね。

それが、昨日になって、今通ってる小学校との交換ノートで、来年から学区が変更になり、新設の特別支援学校に通うことになることを知ったんだ。
その新設の学校は、昨年まで見学にいてた学校のある町とは、正反対にある東京の大きなベットタウンのような町にある学校で、正に寝耳に水に近い状態だった。
まだ、新設とは言っても、去年まで高校であった校舎がリニューアルされる予定で(その高校は移転済み)、工事開始は7月からで、工事が終わるのは来年の3月ということだった。

今の小学校の先生たちも、昨日知ったらしく、教育委員会からの説明は来月になる予定で、父兄に対してはそれ以降ということらしい。

今は、何をどう考えていいのか分からないよ。
去年まで見学に行ってた学校なら、最初の見学は明日の予定だったんだ。
そして運動会など、行事にも参加し、2、3回の見学会の後、年末に正式な説明会があるはずだった。
それが御破算に近い状態になった。

自閉症児は環境の変化に弱いね。
小学校から中学校に学校が変わるわけだから、まさしくそれは学校の変化=環境の変化になるし、そうした変化でパニックになるタンコロは何度も見てきた。
中学校に入る変化は、実のところ学校に入って慣れるしかないけれど、それでもできることをしてあげたいと思って、何の用もないのに学校のそばに言ったり、何度も見学に行ったりしたのにな。
これは子供だけでなく、その新設校に子供を行かせる親にとっても不安な要素なんだよね。

なんでも、高校3年の子以外は、学区の関係で全て転校になってしまうらしいし、校長を初め、先生たちの赴任の仕方もどうなるかわからないし。

埼玉県って、本当に教育に関しては思慮がない地域だなと思ってる。
先日の新型インフルエンザの件に絡むペイスケの修学旅行の件も同じようなもんだったし、判断の遅い学校にボクは乗り込んだしね。

新しい学校に関しての情報には今以上に敏感にならなくちゃと思ってる。
大事な、大事なタンコロを、そこへ行かせるんだからね。
当然といえば当然のことだけれど、それにしても教育って誰のためにあるんだろうと思ってしまうよ。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-15 (Mon)
週明けの今日の朝、朝に弱いタンコロやボクは、意外と早く目が覚めたんだ。
タンコロなんかは、今朝早くからアルファベットのお勉強DVDを見てるし。
ボクはボクで、コーヒーをすすりながら、朝のニュースを見てたんだ。
そうこうするうち、時間が過ぎてボクは会社に行く準備をし始めた。
タンコロは朝食を済ませた後、着替え始めたんだけど、ボクが顔を洗い始めようかという時間にトイレに入り込んだ。
まあ、すぐ出てくるだろ、とタカをくくっていたんだけど、歯磨きを済まし、顔を洗い終えてもタンコロはトイレから出てこない。
もう、出かけなきゃという時間になったけど、出てこない・・・
様子を伺っていたけど、どうもタンコロはトイレの中で遊んでるみたいだった。
「コラ!タンコロ、早く出て来い!」
タンコロがようやくトイレから出てくるのと同時に、ボクはトイレへ。

ボクが出てくると、タンコロはボクの顔をじーっと見てた。
「タンコロ、トイレは早くな!」と声をかけたら、タンコロは、
「バカ!」と言い放ち、秋桜の影に隠れたんだ。

今夜帰宅するとき、ボクは大雨にあい、全身びしょぬれ。
玄関でスーツを脱ぎ、びしょびしょになった靴の手入れをしてたら、またもやタンコロがじーっとボクの方を見てた。
「タンコロ、すぐお風呂はいるから、先に入ってな。」
と声をかけたんだけど、服は脱いだものの、遊び始めて一向にお風呂に入ろうとしない。
そのうち、ボクの方の処置が済んで、お風呂に入ろうとしたら、タンコロが走ってきた。
タンコロ 「お風呂。おとうさんと一緒。」
ボク 「だから、先に入ってろ、と言ったろ」
タンコロ 「・・・バカ」
ボク 「ナヌ?」
ボクは今夜、お風呂でタンコロを湯船に沈めました(笑)

今朝といい、今夜といい、ボクはタンコロにバカにされてるのかなあ。

そういや、今日、学校からの交換ノートでタンコロが来年行く予定の特別支援学校のことで情報提供があったんだ。
どうも、予定してた学校とは違う学校に行かなくちゃいけないみたい。
詳しいことは何もわかっちゃいないけれど、明日以降、そのことについて書いてみようかと思っています。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

Unknown * by くめくめ
うーーーん・・・
バカって言う言葉、もしかしたらタンコロくんが言われてるのかな?
ジヘイ君はよく自分が言われた言葉を
家族に向かって言わないけど、独り言で言ってる。

くめくめさん * by モンライダー
学校生活の詳細については、さすがに分からないけれど、タンコロは滅多に「バカ」とか言わない子です。
学校では人気者という話はよく聞きますし、目にもしますけどね。
独り言でも言わない言葉を、ボクに言いかけてきたことにちょっと驚いてるんですよ。

Comment-close▲
個別記事の管理2009-06-14 (Sun)
ボクは、結構格闘技が好きだったりするんだけど、その一つであるプロレスも格闘技が多様化して、TVではあんまり目にすることも少なくなった。
けど、ネットで見たり、聴いたりしてることはあったんだ。

昨日は、秋桜の実家に、退院したばかりの義父の様子を見に行ってたんで、帰宅が遅くなり、夕食も遅めになった。
TVもあんまり見ず、タンコロをようやく寝かしつけて、パソコンに向かい、ブログを書こうか・・・と思ってたところに、とんでもないニュースが飛び込んできた。

今は亡き、ジャイアント馬場の後継者とも言うべきNOAHというプロレス団体の社長・三沢光晴が、昨日の試合中に受けたバックドロップという大技を喰らったことが基で、昨夜遅く亡くなってしまったんだ。
2代目タイガーマスクでもあった三沢は、これからのプロレス界の屋台骨を支えるべき人物でもあったし、レスラーの生命線とも言うべき受身がとにかくうまいレスラーでもあった。

意外な人の死という気がするし、とにかく残念で驚いている。
また、三沢の試合を見たいなあ、と思っていたし・・・

ご冥福をお祈りします。
* Category : ニュース
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-12 (Fri)
・・・ということで、明日からプールが始まるタンコロ。
会話がうまくないために、うれしい気持ちのもっていきようがなくて、ワガママし放題に近い状態で、担任の先生を困らせていたみたい。

最初は、タンコロのクラス、特別支援教室に所属してる子供たちだけでのプールが予定されていたんだけど、明日はタンコロの大好きな健常児クラスとの交流教室もある日。
タンコロは、その交流教室の先生が大好きで、そのクラスの担任Y先生の名前を連呼し、「一緒にプール!」と騒いでいたらしい。
おかげで、交流教室でのプールとなりました。

「よかったなあ、タンコロ。明日はY先生と一緒にプールだな。」
と話しかけていたんだけど、突然一人でお風呂に入っちゃった。
あら、ついに一人でお風呂に入る気になったかな、と思って、放っておいてから秋桜が様子を見に行ったら、見事にお風呂で遊んでた。
これも、プールが待ちきれない表現なのかなあ。

「お風呂、おとうさんと一緒」と何度も連呼するんで、ボクは一緒にお風呂に入ったけど、面かぶりをするなど、お風呂でプールの練習をしてたよ・・・

明日、晴れて、気温が高くなると良いな。
気温が高いと、ボクや秋桜は困ることが多いけど、タンコロには都合がいいんでね。

明日の夜、会社から帰宅してタンコロの顔を見るのが楽しみだよ。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-11 (Thu)
久々の学校公開日であった今日。
ボクはもちろん仕事のため、行けはしなかったけど、秋桜が行ってくれてた。
なんでも、科目は家庭科で、みんなで一緒にお好み焼きを作ろうということだったらしいね。
子供たちや先生だけでなく、参観に行ってた父兄も参加して、にぎやかな学校公開日となったみたい。
料理好きなボクも行きたかったけどね。

タンコロのクラスは、特別支援教室なんで、ハンデを持った子供たちばかりで、その指導をする先生も大変だっただろうけど、そんな中、担任の先生は気を使ってくれたことがうれしかったんだ。

大の偏食家であるタンコロは、お好み焼きの調理には参加したみたいなんだけど、玉子焼きや目玉焼きは大好きなのに、ことお好み焼きとなると全く食べないんだ。
なぜって・・・お好み焼きの中には野菜が入ってるためなんだけどね。
それを知ってる担任の先生は、ドサクサに紛れてホットケーキを焼いてくれたんだ。
しかも大量に。
給食前の授業であった調理実習だったのに、喜んだタンコロはお腹いっぱいになるまでそのホットケーキを食べたらしいよ。
その代わり、お腹いっぱいになってしまったんで、給食には手をつけず終い(笑)

来年、特別支援学校の中等部に行く予定のタンコロや、高校受験を控えてるペイスケがいる現状、ボクは簡単には休みが取れないよ。
三者面談や学校見学会、説明会がこれからいっぱいあるからね。

それにしても今日の学校公開日、行きたかったなあ・・・
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-08 (Mon)
まあ、仕事の合間をぬって、家族のことはいろいろ考えるよ。
受験が目の前にせまったペイスケのこと、自閉症のタンコロの一人歩きについて、秋桜の家事のこと。

今夜もいろいろ話したなあ。
ペイスケについては、受験勉強の取り組み方、普段の生活の送り方など。
秋桜には、ボクも含めて、ペイスケやタンコロの手本にならなくちゃいけないこと、特に秋桜は子供たちの目に前にいることがボクより多いんでね。
タンコロについては、学校生活ももちろんだけど、お風呂に入り方や歯磨きの仕方なんかをね。

タンコロについては今までもやってきたけれど、今はどうやって一人でお風呂に入るかを覚えさせてるんだ。
秋桜が口やかましく言っても、タンコロは駄々をこねるだけなんで、秋桜には毎日同じように言い続けることを言ったけれど、タンコロには一緒にお風呂に入って、頭の洗い方、顔の洗い方、そして身体の洗い方なんかを教えてた。

元々、去年辺りから時々一人でお風呂に入ってたんだよね。
まあ、満足には身体を洗えなかったけれど。
それがペイスケが骨折してかたというもの、ボクと一緒に入るようになってからんは、お風呂にボクと一緒に入ることがタンコロのお楽しみに一つになっちゃった感じだね。
それをなんとかしよう、と、今夜は自分でいろいろ洗わせてみた。
頭や顔は、なんとか洗えるみたいで、大げさに褒めてみたんだ。
身体は、まだ危なっかしいね。
でも、やろうと思えば、やれるじゃないか、っていうのが正直なところで、一生懸命タンコロを褒めてみたよ。
湯船に入っても、「なあ、タンコロ。一人でお風呂に入れば、お風呂って広くて気持ち良いだろ。」と何度も話しかけていたんだ。
タンコロ曰く「キモチイイ・・・」

これからボクと一緒にお風呂に入るときは、同じことを何度も仕掛けてみようかと思ってる。
自閉症児には、言葉をかけることも大事なことだけど、やってみせる、やらせてみるってことも大事なことかと思ってね。

これも、一人立ちに向けての一つの作業なのかもしれないね。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-05 (Fri)
週末の土曜日には、レンタル屋さんでいろいろDVDを借りてくるんだけど。
ウルトラマンだったり、仮面ライダーだったり、アニメだったりね。
前はウルトラマンシリーズと仮面ライダーシリーズに夢中だったけれど、いつの間にか「クレヨンしんちゃん」とかいうアニメを借りてくるようになってた。

レンタルDVDは、だいたい5本を1週間のパターンで借りてくるんだけど、その5本の中に必ず1本は「クレヨンしんちゃん」が入ってるんだ。

面白いアニメなんだけど、最初は気にもしてなかったことが気になり始めたんだ。
このアニメは、お尻を出しちゃうシーンが結構あって、それがまあ、面白いっちゃ、面白いんだけど、タンコロが真似しちゃうんだ。
家の中だけだったらまだしも、最近はプールが始まろうという季節。
この前、プール清掃をした際、水着に着替えるときにお尻を出しちゃって、ケラケラ笑ってたらしい。
もちろん、すぐ先生が止めて、お説教されたらしいけど。
なにも、お尻を出しちゃうことは、このアニメのせいだけじゃないけれど、DVDを借りるのも考えちゃうなあ。

家ではなるべく好きなものを見せたりしてるんだ。
自閉症の子って、なにかと制約も多いし、人知れずストレスを感じることも多いだろうと思ってね。
けどなあ・・・・・

あ、そういえば、この季節から夏場にかけては、ジメジメしたり、気候的に暑くなったりするんで、仕事を終えて帰宅すると、ボクは家出が下着姿でいることが多いんだけど。
そんな姿を目の当たりにしてるタンコロは、学校から帰宅してしばらくすると、お風呂に入るまでパンツ一丁でいることが多いな。
会社から帰宅して、出迎えに出てくれるのはうれしいんだけど、なんでタンコロはパンツ一丁なんだろ?と思ってたら、どうもボクの真似をしてるらしい。
こりゃあ、この辺りも考えないとなあ。

真似をすることから思考は始まるけれど、なんでも真似すりゃいいってモンじゃないし、気をつけていないとね。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-04 (Thu)
ペイスケの骨折は、ほとんど治ってるんだけど、骨折する前まではペイスケとタンコロは一緒にお風呂に入ってたんだ。
骨折だからね。
治るまではタンコロをお風呂に入れる役目は、ボクに回ってきたんだけど、会社から帰宅してからお風呂に入れるんで、そりゃあ時間的に遅くなったんだ。

これではイカンなあ・・・と思っていたけれど、仕事を中途半端に残して帰るわけにもいかないし。
仕方がないけど、なるべく早めに入れようとはしてたんだ。
そんな中、ペイスケの骨折が治って来た。
ペイスケはタンコロと一緒にお風呂に入ろうとするけれど、タンコロは入らないんだな。
週末、秋桜と一緒に・・・と思うんだけど、一緒に入るものの、身体を洗わせない。
ボクが行くまで、待ってるんだな。

ボクはタンコロと一緒にお風呂に入ると、当たり前だけれど黙って入ってないよ。
今日は何があった?
今日は学校で○○したな!
学校は楽しかったかい?
今度のお休みは、どこかへ行こうな。
とか、まあ、いろいろ話しかけるし、タンコロの反応を楽しみにしてる。
お風呂で一緒に、潜りっこをやって遊ぶこともあるしね。

それが裏目になったのかなあ。
先月末からボクの帰宅が遅くなったこともあってか、お風呂に入るのがまたもや遅めになった。
お風呂から上がっても、タンコロはなかなか寝付かないし。

結局寝不足になって、次の日の学校生活に影響が出てるな。
集中力が一段と持たなくなったし、予想のつかない行動もするし。
自分の思う通りにならないと、先生の腕を噛んじゃうことだってあるし。

他害がなければ・・・でも少しはあったんだ。
それは何度も言い聞かせて、お説教してるうちにしなくなってきた。
けど、なあ。

もっと早めにお風呂に入れるよう、なにかしら工夫しなくちゃ、と思ってるんだけど。
先週からペイスケの塾通いも始まったし。
なにか、いい方法はないもんかな。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

お風呂の対策 * by ボン
タンコロ君は、今小6でしたよね?
うちの場合ですけど、ボンズは小6あたりから、一人でお風呂に入れるように、練習していきました。
うちも、小6の頃は、ボンと一緒に入ることもあったけど、序序に変えていって、今では軍曹が仕事でいないときには、ボンズは一人でお風呂に入っています。

実際は、隅々までちゃんと洗えているのかは怪しいんですけど、軍曹がいるときには、一緒に入ってるんで、そのときに見てもらうことにして、ボンズ一人のときは、本人に任せることにしたんです。
もちろん、時々様子は見に行くんだけど、まあまあちゃんとやってるみたい。

ゆくゆくは、タンコロくんも一人でお風呂に入るようになりますよね?
そろそろ、そういう練習をする時期がきたのかもしれないですね。

それを受け入れることも、自閉症の子の中には難しい子もいると思いますが、周りの同年代の自閉症の子たちは、数年かけてちゃんとできるようになっています。
モンさん、お仕事で大変だと思いますから、秋桜さんと一緒にタンコロくんの体の洗い方を目で見てわかるように、表にしたりしながら、秋桜さんが監視しながらでもできるようにするといいかもしれませんよ。

中3くらいまでに、できるように・・・とか、長い目で見ていけば、大丈夫ですよ!

ボンさん * by モンライダー
昨年まではね、タンコロはたまに一人でお風呂に入ってたんですよ。
いつもはお兄ちゃんと一緒、そして時々一人で・・・といった感じかな。

それがペイスケの骨折を契機に、ボクとお風呂に入るようになり、そして一人で入ることがなくなってきたということですかね。

最近、ボクがいなくても一人で入ろうよう、仕向けていますけど、「おとうちゃん、チャポ」とか言って、甘えてますね。
ボクとしても、平日はタンコロの近くで話せる機会って、お風呂しかないんで貴重な時間だとも思ってたんです。

まあ、また始めてますけど、これも工夫と地道な努力が必要といったところですかね。

Comment-close▲
個別記事の管理2009-06-03 (Wed)
あれから、もう2年半経ってしまいました。

また、このブログでいろいろ書いていこうと思ってます。

最近ゴタゴタしてるので、明日以降、改めて書きたいと思っています。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2009-06-02 (Tue)
今日・・いや、正確には昨日から6月になったね。
衣替えの季節でもあるこの時期、昨夜ペイスケを呼んで、「明日から衣替えだろ。準備はいいのか?」と聞いたら、ペイスケの中学の征服はブレザー方式ということもあって、正式には衣替えということはないんだと。
最近は、早くから暑くなったりするからね。
衣替えもなににもあったもんじゃないってことかな。
それにしても、こんなところにも季節感がなくなってきたなあ・・・と感じるよ。

タンコロの学校は、来週からプールが始まるよ。
それで6年生の子たちは、明日プール掃除をするんだけど、タンコロの場合、掃除じゃなくて、遊んでしまいそうなんで、タンコロ自体はプール掃除をしないらしい。
それでも、頭のどっかでプールが始まるということがわかっているらしく、今夜ボクが帰宅したら「おとうさん、プール!」と言って騒いでいたよ。
一緒にお風呂に入っては、潜りっこをやって、一緒に遊んでたときのタンコロの目はキラキラしてたね。

ウチの傍・・・といっても車で10分はかかるんだけど、全天候式の温泉プールが年中無休でやってるんで、今度のお休みには一緒行こうと思ってる。

今年に入って、義父の入院に伴って、毎週末のお休みのうち1日はお見舞いに行ってたんで、プールに連れて行けなかったんだ。
今週こそ!と思ってるんだけど、どうなるかな?
プールに行ったら大いに喜ぶんだろうな、タンコロは。

こんなときはやりくり算段で、時間の都合をなんとかつけなくちゃ。
秋桜ももちろん連れて行くし、秋桜共々、ボク自身も身体にいいしね。
なんと言っても、タンコロの笑顔を見たいのが一番だな。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |