03≪ 2010/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2010-04-28 (Wed)
毎年、四月末の平日に行われてきた離任式。
タンコロが3月まで通ってた小学校の離任式のことなんだけどね。

タンコロは小学生の時、6年間特別支援教室に在籍してたんで、毎年先生が変わると言うこともなかったし、交流学級先の先生は3年間変わらず、ということもあって、離任式そのものには、これまであんまり注目してなかったんだ。

それでも、感謝したい先生が転任した際には、離任式が平日行われることが悔しくてね。

タンコロが6年生ときに特にお世話になったクラス担任は、一人が退職してしまい、また交流学級先の先生は転任してしまったんで、今日の離任式には参加してたんだ。

中には感謝どころか、その反対の先生もいたりして、離任式そのものがいいかどうかは分からない。
けど、離れてしまった先生に、一番会いたいのは子供じゃないのかな、と思うよ。

タンコロは知的障碍を伴った自閉症だから、小学校の時によくしてもらった先生はもちろん覚えているだろうけど、その先生が転任したり、退職したりすることはもちろん分からないと思う。
卒業とは、学校環境が変わることだけど、その中には分かれもあるし、離任式って再会を喜び、感謝できる一面もあると思うんだけどな。

その離任式が平日行われるなんて・・・と毎年思ってた。

自分の出処は大事にしたいし、また、子供にはそうして上げたいと思っても、これじゃどうにもならないな。

こんな時こそ、土曜日とか子供が会える時間を工夫して欲しいと思うよ。

来年の今頃は、今の学校でどんな思いをするのかなあ。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-27 (Tue)
タンコロの今夜

今夜ボクが帰った時、タンコロは家の中で遊んでいて、まだお風呂に入ってなかった。
ボクが着替えをしてる間に、タンコロはそそくさとお風呂に入ったんだけど、ボクはお腹が空いていたし、たまにはタンコロが一人でお風呂に入るのかもいいのかな、と思って、放っておいたんだ。
しかし、何分経とうともお風呂の方から、タンコロが入浴してる感じがしなかった。
何分経ったんだろう。
おかしいな、と思って、秋桜に様子を見に行かせようとしたら、お風呂のドアが開いて、
「おとう~ちゃ~ん!!!」

ボクが入ってくるのを待ってたんだ。
しかし、今夜は一緒に入らず、一人できちんとお風呂に入るよう言い聞かせた。
言えば分かるんだ、タンコロは。
きちんと一人でお風呂に入ってくれて、一安心。

ペイスケの今夜

ペイスケはまだ学校の全てに慣れたわけじゃないよ。
環境も勉強も予習に復習に忙しい上に、週一で塾にも通い、たっぷり宿題が出されてくる。
そんな折、今夜ペイスケについて秋桜から相談があると言ってきた。
言い出しが塾・・・と来たんで、塾が手一杯で通い切れないのかな、と思って、ペイスケを呼んで、自分から話をさせようとした。
実は、高校入学前から、ボクの指示で毎日新聞の社説を読んで、社説の内容をノートに要約しボクの添削を受けるようにしてたんだ。
ペイスケが言ってきたことは、塾を・・・ということじゃなく、やることが一杯あるんで、社説の要約を読むだけで・・・という事だった。
肩透かし・・・(笑)
社説の要約は、新聞から社説を切り取り、ノートに貼ってから要約するというもの。
ボクからは、その切り貼りと一読をするようにとは言ったけれど、まさかそれが重荷になってるとは・・・
ついこの前、ペイスケにはやることが一杯あるんで、社説の要約は余裕があるときでいいよ、と言ったばかり。
優先順位がまだ、自分じゃつけられないんだなと認識できたけど、まあ、まだ子供だなあ、と。

* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-27 (Tue)
先週、強化合宿があったためにペイスケは今夜、ボクが帰宅した頃には塾に行ってた。

その頃のタンコロは・・・というと、子供部屋に入り浸りになり、お兄ちゃんがいないことをいいことに、一人部屋で何事か楽しんでた。

前にも書いたけれど、子供部屋にはプレステがあるんだよ。
タンコロは、誰も使い方を教えてないのに、そのプレステを使ってお気に入りの勉強用DVDを見たり、怪獣モノのDVDを見たりしてるんだ。
その部屋には、タンコロのお気に入りのオモチャなんかもあるもんだから、子供部屋はタンコロにとってはワンダーランドになってるかもしれないな。

夕食も終わり、気になるTVもやってないんで、
「タンコロ、ウルトラマンでも一緒に見ようか。お前の好きなウルトラマンでいいよ」と声をかけたら、タンコロはDVDをセッティングしてくれたけど、あっという間に子供部屋にいってしまい、DVDを見てるのはボクだけになってしまった(笑)

「おーい!タンコロ」と呼んだら、走ってリビングまでやってきたので、
「タンコロ、おとうちゃんが帰ってきたら、おとうちゃんと一緒に居ようよ。
TVもDVDも一緒に見ようよ。タンコロが一緒じゃないと、おとうちゃんは寂しいよ」
とタンコロに話しかけたら、タンコロはけたたましく笑い転げてしまった。
いや、多分、ボクはタンコロに笑われたんだな。

そのまま、タンコロが寝付くまで一緒に居たけれど、何を話したか分からない位、いっぱいしゃべってたような気がするよ。

その間、タンコロはニコニコしてるか、笑い転げてボクの顔をいじっているかだな(笑)

傍に居て・・・というのはボクの気持ち。
タンコロはどう思っているんだろ?
* Category : タンコロ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

Unknown * by ひーちゃん
羊山公園の芝桜、とてもきれいですね。
昔は、結構どこの家の庭にも咲いていたような気がします。繁殖力が強くあまり広がりすぎて、家庭の庭には、向かなかったのかも知れません。

子供は子供なんだけど、子供なりに成長していき、親のほうが取り残されていくような感覚…
私も、最近よく感じます。ずっとこのままでいて欲しいような。でも、我が家は、まだまだ先が長いので、しばらくの間はこのままかな?

ひーちゃん * by モンライダー
コメントありがとう。

芝桜はとってもキレイでした。
昔のイメージはないけれど、こんなにキレイな芝桜は最近でしょう。
コケのように繁殖力が強いのかもしれません。

タンコロは知的障害を持ってますから、実年齢よりも幼い感じです。
でも、成長はしてるし、それがうれしい反面、寂しさを感じるのかもしれません。

なんか * by なおまま
わかります。
私も最近なおりんが二階で一人部屋にこもり・・・なおりんの場合はDVDでもなくティッシュをちぎって布団に隠すっていう悪さをしているんですが一時間くらいこもっているとなんだか寂しくて。様子を見に行くと追い出され結構ショックでした^^;
こうやって徐々に親離れしていくのかな?
でもトイレに鍵をして入ると泣いてしまいいまだに後追いもあります。

なおままさん * by モンライダー
コメント、ありがとう。

子供は子供なりに自分の世界があって、邪魔されたくないんでしょうね。
でも、それが成長につながってくれれば、という思いと寂しさが絡み合って、なんと言っていいのかわかりません。

なおくんも成長の一環なのかもしれませんよ。

Comment-close▲
個別記事の管理2010-04-25 (Sun)

今年は、ペイスケ・タンコロ揃って高校や中学の入学式があったんで、正式に・・・というと変だけれど、花見には行ってなかったんだ。
ボクの実家に行った帰り、車窓から満開の桜を見ただけ。
だけど、毎年何所かしらの桜を見に行ってたんで、そうしたことはよく覚えてるタンコロ。

「四月、お花」とか、
「お花、サクラ」とか、毎日のように言ってたんだ。
昨年までは、権現堂桜堤というところに2年続けて行ってたんだけど、ここは桜並木の下の土手にキレイな菜の花畑が広がっているところで、記憶に新しいところ。
実は、昨年行ったときから、来年は別のところの花見、ということで行きたかったところ、狙ってたところがあったんだ。
それが今日行ってきた秩父の羊山公園というところに咲く芝桜。
これも見事だったよ。
何段にも段差が上下についていて、ピンク、赤、白、そして紫の芝桜がとてもキレイだった。

先月くらいからこの羊山公園の模様を知らせてくれるHPを時々見ていて、何時が見頃かなと調べていたんだけど、秩父は山の中だし、通常の桜よりは満開になる時期が遅れそうということを知った。
その上、最近の温度の寒暖の差の激しさはそれを増徴させちゃったらしく、しかも一昨日までは天気自体も悪かった。
それが昨日から天気が持ち直し、今日は晴天の上、気温も日中は暖かかった。
これでもまだ、7部咲きと言うんだから、満開になったらどういう按配になるんだろうね。

この見事な芝桜には、タンコロも目がまん丸(笑)
花の香りもすごくて、なんだか品種によってはバラの香りのような気もしたよ。

羊山公園は、この芝桜だけじゃないんだけど、今日は芝桜を見に行ったんで、2時間しっかり芝桜を見て、写真をいっぱい撮ってきたんだ。
タンコロや秋桜は花粉症なんで、大丈夫かな?とも思ったんだけど、そんな影響もなかったし。

車は渋滞気味ではあったけれど、関越道を使って自宅から2時間位で着いちゃった。
観光バスも結構来ていて、駐車場は羊山公園から少し離れたところだったけれど、それでも公園までの遊歩道もなんだか楽しかったよ。

こんなに見事なら、来年はお弁当持参でまた行ってみようかな。
タンコロの「お花」「さくら」というおねだりをまた聞きたいもんね。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

わぁ~ * by なおまま
すごくきれいですね^^
写真でこんなにきれいなんだから実際はもっと感動的だったんですね。
なおりんがみたらむしり取りそうで怖いです。

なおままさん * by モンライダー
コメント、ありがとう。

芝桜は本当にキレイでした。
これで七部咲きですからね。満開だったら・・・クセになりそう。
来年も場所を変えて芝桜を見にいこうかな、と考えてますよ。

Comment-close▲
個別記事の管理2010-04-23 (Fri)
ようやく今週が終わったよ。
先週にも増して、いろんなことに気を使った一週間だったけれど、それは仕事でも家でも同じだったよ。
けれど、先週よりもタンコロが環境に馴染み始めてきてくれたことがうれしかった。
毎日のように、そのタイミングを変えて、タンコロに聞いていたんだ。
「タンコロ、学校は楽しいかい?」
そういう問いかけにタンコロは「うん。」と答えていたものが、時間が進むうちに「たのしい」という具体的な返事に変わってきた。

小学校に入ったばかりの頃に比べると、やっぱりすごい成長してるな、と実感。
環境の変化に弱い自閉症ながら、そこから逃げ出して自分の世界に行こうとしていたのが、馴染もうとしてる。
自分のペースを乱されることなく、ね。

すごいなあ、と思いつつ、今夜はペイスケと一緒にお風呂に入れようとして、
「タンコロ、お兄ちゃんと一緒にチャポ、入りな。」と声をかけたら、右回りで向こう側を向いてしまい、まさしくプイッとしてしまった。
んんん?と思い、もう一度、
「どうした?ペイスケと一緒にお風呂に入っちゃいな」と声をかけたら、今度は左回りでプイッ!(笑)

「じゃあ、一人でチャポ入るの?」と聞いたら、今度はニッコリ笑って、
「パパ!」

楽しいお風呂(チャポ)でした。
ボクの身体の上を滑り台を滑るように滑り、そして湯舟の中でくすぐりっこをして、キャッキャと笑ってたよ。

癒されるというのはどうかと思うけど、確かにホッとさせられるよ。タンコロの言動にはね。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

Unknown * by ひーちゃん
さりげない、日常の一コマ一コマが家族の幸せを映し出す。毎日、忙しく仕事をしていても、毎日、忙しく家事をこなしていても、子供たちの顔を見るとまた、がんばろうっていう思いになる。
子供にパワーを貰い、子供に癒される。
親になって初めて知る親の想いですね。

ひーちゃん * by モンライダー
コメント、ありがとう。

子供の笑顔、いや存在自体に癒されるというかホッとさせられることは多いよね。

この子のために何を今、してあげられるのか。
そんなことばかり考えてる日常のような気がします。

Comment-close▲
個別記事の管理2010-04-22 (Thu)
正確に言えば、本来は兄弟の部屋なんだけど、受験を経た今、完全にペイスケの部屋になってる子供部屋。
その部屋のモノ入れの中は、半分以上タンコロのおもちゃだったりゲームがあったりするんだ。
ペイスケの勉強中、タンコロはほとんど部屋には入らないけれど、たまに入って遊んでいてもペイスケは何も言わないでいてくれる。

でも、タンコロはその部屋を思う存分使いたかったみたいだね。

ペイスケは今日まで、学校の強化合宿ということで止まりにいってたけれど、当然に子供部屋をタンコロは占領してた。
何をしてたか・・・プレステを使ってDVDを見てたり、野球ゲームをしてたり。
何時の間にペイスケもここんとこ使ってなかったプレステの使い方を覚えたんだろ。

終いには、ペイスケの机でノートを広げ、平仮名、カタカナ、数字の書き取りや掛け算九九の勉強をしてた。
タンコロはノートに文字を書くのが好きだもんね。
一応、これが勉強というスタイルにはなってたな。

なかなか感心、感心。
ひょっとしたら、ペイスケよりタンコロの方が書き取りと言う意味の勉強は好きかもしれないよ。

おかげで、ボクと秋桜はリビングで思う存分、野球観戦を楽しめた。

今夜、ペイスケが帰宅すると、タンコロはそれまで占領してた部屋を簡単に明け渡し、リビングでお勉強のDVDを見て、そして書き取りの勉強をしてた。

なんというか、臨機応変に対応ができてきたような気がするよ。
まあ、家の中のことだけどね。
なんとも、タンコロの行動で家の中が和んでいるように思えるよ。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-20 (Tue)
多分、これはボクの言ったことを真似しちゃっただけなんだけど・・・

今日からペイスケは学校の強化合宿のためにお泊りとなった。
明後日までの2泊3日。
何を強化するのって、よく分からないけれど、早くクラスメートと仲良くなることと受験勉強のついての心構えの強化らしい。

そうなると、家に子供はタンコロ一人。
これがイタズラっ子でさ、ボクが帰宅すると、
「おとうちゃんとチャポ」と一緒のお風呂をねだりながら、勝手に一人で入っちゃった。
お風呂から上がれば、お兄ちゃんの部屋でプレステを操作して、ウルトラマンのDVDを見てたし。
なんで、プレステの操作を知ってんだろ?

そうこうしるうちに秋桜がトイレに入った。
タンコロもトイレに行きたかったらしく、トイレのドアの前に立った。
トントンとドアをノック。
そこまではよかった。ところがその後、
「出て来い!出て来い!」・・・

ウチのメンバーはトイレが遅くて長い。
でもトイレは一つなわけで、その様子を見かねてボクが、
「何時まで入ってんだ。早く出て来い」と言うことがあるんだ。
それをタンコロが真似しちゃってるというわけ。

この前、近所の中華屋さんに家族で昼食を取りに言ったときのこと。
食事の最中、タンコロがトイレに向かった。
でもお店のトイレは個室一つしかなく、しかも誰かが入ってた。
なにか聞こえる・・・
トントン、「出て来い」・・・(笑)

店に行った時間がランチタイムをとうに過ぎていて、ボクら以外に客がいないことが救いだった。
中に入ってたのは店員さん。
お店の全員が苦笑い・・・

もう、やめてくれ・・・と思ったけれど、その口癖、ボクが直すのが先決だなあ。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

ナイスタイミング * by なおまま
店員さんもびっくりしたでしょうね^^
うちは全く発語がないので、その点模倣の心配はないです。間違ってないんですよね。ただ応用できないというか、臨機応変じゃないっていうか・・・。
難しいですよね。
私の知り合いの自閉くんは、『こら~あんたいい加減にしいやぁ~』と関西弁でほかの子に説教してて周りの大人は大爆笑でした。そこは両親が関西出身で。怒ると関西弁爆裂のようです。

なおままさん * by モンライダー
ボクは関西出身じゃなくて、よかったよ(笑)

しかし、トイレのドアを叩いて、「でてこい」なんて、声がまだ子供だからいいけれど、声変わりした後だったら、怖いよ。

ところで店の店員は皆、苦笑いでやり過ごしてくれたことには感謝です。

Comment-close▲
個別記事の管理2010-04-19 (Mon)
昨日の日曜日はペイスケの携帯制限の解除と子供たち、特にタンコロの下着を含めた洋服の買出しでほとんどが終わってしまったんだ。
そうなることを予想して、朝早く、ボクは散髪に行ったんだけど、その頃タンコロはまだ眠ってたんだ。

夕食は焼肉。
これはタンコロの大好物。
それを食べながら、ボクはタンコロの視線を気にしてた。

今日、仕事を終えて帰宅すると、ペイスケがお風呂に入るところだった。
ペイスケは明日から学校の合宿に行っちゃうので、タンコロに「お風呂、お兄ちゃんと一緒に入れよ」と言ったんど、なかなか入ろうとしないんだ。
結局入らなかったんだけど、食事中ボクは気がついた。
タンコロの頭髪の一部がないことに。

やられた・・・
ここしばらくそうしたことはなくて安心してたのが油断になっちゃった。
学校から帰ったタンコロは、秋桜の目を盗んで、髪の毛をチョキン。
しかも脳天に近いところを・・・
これは目立つなあ、と思いつつ、当然のことながらカミナリを落とした。

小学生の頃、たまにやってた。
そんなに髪が伸びてるわけじゃないんだけど、どこか髪の毛がイヤなんだろう。
昨日、ボクが散発に行ったことは分かってたみたいだし。

それでもお風呂はボクにおねだり。
一緒に入って、頭を洗ったけど、やっぱり目立つなあ。
今週末には床屋さんに行って、なんとかしないとなあ。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

笑っちゃいけないけど * by なおまま
なんだか想像して爆笑です^^
けっこういますよ。私の周りでも髪の毛切っちゃった子。それも女の子。前髪根元からで・・・
収集つかない感じでした^^;
うちはまだはさみが使えないけど、興味はあって。だから気をつけてます。
毛が・・・ではなくて怪我がなくてよかった^^

なおままさん * by モンライダー
怪我なくてよかったけど、毛がなくてヤダヨ(笑)

あれから数日たった今でも目立つんだよね。
帰宅してタンコロを見ると、真っ先にそこに目が行っちゃう。
今度の日曜日は、散髪ですな。

Comment-close▲
個別記事の管理2010-04-17 (Sat)
タンコロが中学生になり、学校に通い始めて1週間が経った。
環境の変化に敏感な自閉症児だから、そしてボクがタンコロの様子を見れるのは夜だけだったこともあって、心配ばかりしてたような気がするよ。

月曜日こそ、ちょっとしたつまずきみたいなことはあったけれど、火曜日からは頑張ってた。
自然な振る舞いだったのだろうけど、なんだ健気にタンコロが頑張ってるように見えて。

楽しみにしてたバス登校、そして新しい学校である中学校。
多分、中学に通ったペイスケから見える想像みたいなものもあったんだろうと思うよ。
タンコロが口にしてた「むずかしい」という言葉には、そうした意味もあったんだと思うんだ。

楽しむ術はなに?
それはこれまでやってきたことが、やっぱり中学生活の中にもあるんだと気がついて、そこから序々にタンコロのペースになって行き始めたように思うんだよね。

昨日書いた朝の会の出来事も、小学校の時にもあってそれが新しい生活の中にもあり、自分のやり方を変えなくても楽しいんだ、と頭のどこかでわかったような気がする。

そんな感じがタンコロの笑顔の中に見えてたんで、ボクはタンコロに声をかけ、そして笑いかけてた。
タンコロが頑張ってるんだから、親であるボクは笑顔でいようってね。

それでも、少しの緊張感はあったと思うよ。
それが疲れとなり、夜はボクの腕の中で熟睡となってた。
そうしたタンコロの寝顔がかわいくて、たまんなくて、毎晩腕枕してたんだ。

その1週間がようやく終わった。
今にして思えば、あっという間だったかもしれないけれど、その時々でタンコロは確かに頑張ってた。

今夜も早めに眠ったよ。
明日、明後日はいつもの週末のお休み。
特にこれといった用事もないので、タンコロのペースで行動させるつもり。
来週の学校生活に向けての鋭気を、どこかで養って欲しいな。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-15 (Thu)
タンコロは登校すると、毎日朝の会というのがあるんだけれど。

ところでタンコロは、今日、日直だった。
日直の子には、いろいろ何かやらせようとしてるみたいだけれど、タンコロは小学校時代からこの朝の会が好きみたい。

誰かに教えてもらったわけでもないだろうに、今日は日直だということをしっかり認識できてたみたいで、朝の会、いきなり、
「みなさん、おはようございます。
朝の会、始めます。
・・・・・
今日の給食は・・・」といきなり給食の献立を細かく話したらしい。

どうでもいいいとは言わないけれど、この朝の会みたいな話は、まず家ではしないタンコロ。
いつも学校との交換ノートで知ったり、先生から直接聞いちゃったり。

本当に話してるのかなあ?と思うんだけど、小学校の時、担任の先生は、
「本当なんです。こっちが驚いてます。」
と言ってたな。

「なあ、タンコロ。
朝の会、家でもやってみてよ。」
と話しかけることも多いんだけど、ボクは無視されるか、抱き疲れるか。
今夜はニッコリ笑って抱きつかれた(笑)

給食の様子も楽しそうに、食べ慣れないものも少しずつ、食べようとしてるらしいことがうれしいな。
タンコロの偏食は、結構気にしてるものね。
帰宅後の食事については、秋桜にいろいろ指示をだしてるけど、要は夕食時、お腹を減らしておくことと楽しく食事すること、それには会話を多くするようにしてるんだ。

これまでどうにもならなかった偏食。
少しずつ直していきたいけど、それにはタンコロの一日を少しでも知りたい。
そうすれば楽しく会話できるものね。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

Unknown * by くめくめ
うわ~!
記事を読んで
朝からウレシイ気持ちにさせてもらいました。

はぁ~透明人間になってタンコロくんのあとを着けてみたくなりますね~。

くめくめさん * by モンライダー
コメントありがとうございます。

透明人間、なりたいなぁ
そして、タンコロの後をついていきたいなぁ
楽しいだろうね

Comment-close▲
個別記事の管理2010-04-15 (Thu)
タンコロのことはもちろん、ペイスケのことも考えてる。
学校は始まったばかりだからね、何かと心配だし、将来のことについてもいろいろ調べてる。
仕事中も、目の前、指先は仕事だらけなんだけど、どういうわけか頭の中は子供のことばかり。

今日帰宅したら、タンコロは一人でお風呂に入ってた。
ボクが着替えて、ソファに腰を降ろした頃、タンコロがお風呂から上がってきたんで、しばらくタンコロの様子を見てたんだ。
今夜はいい顔してるな、以前のタンコロに戻りつつあるなあ、と思って学校との交換ノートを見てみたら、今日は体育でリレーやボール渡しで思い切り動けたらしく、しかも友達の順番もきちんと守って、感心、感心。

給食もその準備をきちんと手伝って、サラダは残しちゃったものの、魚料理はペロリ、ご飯は「おいしい、おいしい」と話しながら食べちゃったらしい。
機嫌がよかったのか、午後はアルファベットの歌を大声で歌い、先生を感心させてたみたい。

まだ登校して3日目だけれど、意外とうまくやってるみたい。
このまま、学校環境に慣れていって欲しいなあ。

そんな一日だったせいか、帰宅してからのタンコロの表情は、いつもの顔に戻ってた。

「タンコロ、今日はいい顔してるなあ。学校が楽しくなったのかな?」と聞きながらボクはタンコロの顔をみてニコニコしてた。
何度もボクが「タンコロ、いい顔してるよ」というもんだから、タンコロはボクの質問に答えず、台所に行って玉子焼きを作ってた。

一人で作ってるんだけど、なんだかちょっと時間がかかるなあ・・・と思ったら、
「おとうちゃんに!」と言って、
焼き上げたウィンナーをボクのところに持ってきたんだ。
そのウィンナーには、きちんと切れ目も入っていて、本当においしかった。
「タンコロ、ママが作るよりうまいじゃないか!」といっぱい褒めてあげたんだ。
本当においしかったんだ。

夕食もタンコロはモリモリ食べて、食事後は悪戯三昧。
だけど、これもタンコロが調子がよくなった証拠。

障碍を持った子ばかりが集まってる学校だからね。
これからも予想もできないことがあったりするだろうけど、まずは学校生活に慣れること。
思ったよりも早く慣れてくれそうな気がするよ。
日に日に進歩してるタンコロは一目で分かるものね。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

すごい^^ * by なおまま
なんだかタンコロクンの笑顔が浮かんできますね。
いいな~最高のご馳走ですね。
思わず涙がでちゃいました。
おいしんだろうな♪

なおままさん * by モンライダー
コメントありがとう。

本当にウィンナーはおいしかったです。
タンコロの気持ちがこもっているような味がしてね。

これからもいろいろあるんでしょうけど、よく見ててあげたいですね。

Comment-close▲
個別記事の管理2010-04-13 (Tue)
今夜は今から書くことと異なることを書こうとしてたんだ。
けど今夜、ボクの帰宅が少し遅れちゃったせいか、タンコロの様子がどうも落ち着いてないように見えた。
いつも家では元気に、あれこれ自分の知ってる言葉をノートに書いたり、好きなDVDを見たり、或いは何か歌ってたりしてるんだけど、今夜に限ってはボーっとした感じだった。
まだ、学校になれないから戸惑っているのかな?と思ってはみたものの、どうも気になってタンコロが寝つくまで、その様子を伺いながらタンコロに声をかけてた。

「どうだ、タンコロ、学校は楽しくなってきた?」と聞いたら、昨夜と同様、
「むずかしい・・・」という返事。

学校側とは一日の様子を書いた連絡帳を交換してるけど、昨日よりは今日といった感じで、よくなりつつあるという内容だったんだ。
音楽を楽しみ、みんなの前で歌って、給食もその準備を率先して・・・こんなことが書いてあったら、学校に慣れつつあるなあ、タンコロも頑張っているなと思うんだ。

ただ、学校の先生も送迎のバスの中はで把握するには至っていないらしい。

どうも、送迎のバスではタンコロの座る場所が決まっているんだけど、今日は自分の場所に座ろうとせず、後部座席に座って、そこから動こうとしなかったらしい。
なんでも、タンコロの後ろに座ってる子が身障者らしいけど、椅子に座る際、補助具がなければ座れないらしい。
そのせいかどうかは分からないけれど、その子がたまに足で前の席の背もたれを足でたたくらしい。
タンコロはそのことを気にしてるのかもしれない。

送迎バスは民間委託で、補助者も運転手も民間の人。
細かいところまでは見られないかもしれない。

けど、注意しなくちゃ、その子に障碍があろうとなかろうと、自分の席が蹴られていい気持ちになる者なんかいるわけないので、バスの補助者によく注意するようにという一言と、学校側に連絡するよう秋桜には言っておいたんだ。
現状を把握することが第一だけれど、何か解決方法があるかなというつもりでね。

本当のところ、そういうことが原因じゃないかもしれないけれど、少しでも変化らしきものを感じたら手を打っておかないと。

早く気持ちよく学校生活を送らせたいからね。
* Category : タンコロ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

入学おめでとう♪ * by candy
ペイスケ君もタンコロ君もご入学おめでとうございます♪
ダブルでおめでたいですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kaeru_fine.gif">

通学バス、うちも民間委託です。
初日は大変でした。泣いて暴れて。
添乗員さんに 「この子はバス通学無理ちゃいますか?」 と言われ、ショックを受けつつもいろいろとお願いしました。
低姿勢で、「お願いします~~」 という感じで。

時間に遅れないよう気をつける、子どもが乗ったら運転手さんに「いつもありがとうございます、よろしくお願いします」と頭を下げる、お迎えではバスが着いたらすぐ子どもを抱き取れるように自分からステップを一段あがる、添乗員さんの名札を見て名前を覚えて 「スヌ、○○さんにバイバイしよう」 と子どもに手を振らせて愛嬌を振りまき、可愛がってもらえるようにする・・・などなど、バス通学が快適になるよう母にできることは頑張りましたよhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/face_nika.gif">

背もたれを蹴られるのが不快そうで・・・というのは伝えたほうがいいですよね。
それが原因かどうかがわからなくても、気にかけてもらえたら助かりますもん。

入学おめでとうございます * by なおまま
何があったのかうまく話せない伝えられない・・・私たちがいち早く子供たちの変化に気づいて動くことがこの子たちには本当に大切なことだと思います。
過保護なんかじゃなくて、代弁者なんだけど・・うちの学校は今の校長になってからPTAとの間にかなりの溝が出来、今後それが子供たちに影響しないか心配です。

candyさん * by モンライダー
コメントありがとう。
お互い、何かと苦労してますね。
でも、それが子供に少しでも伝われば、それ維以上に望むものなんてないですよ。

タンコロはボクが出社した後に登校してるもんで、詳しいことやその具体的な様子はわかりません。
だけど、障碍児だろうと健常児だろうと対処の仕方はあるはずだと思って、翌日学校側と添乗員に事情を伝えるよう、秋桜には話しました。
学校側は対処してくれたみたいで、それ以降はタンコロの様子からして、何事もないようです。
これからも、こうした細かいことが起こるんでしょう。
できるだけの対処はしてあげたい。
それが保護者に役目ですから。

なおままさん * by モンライダー
コメントありがとう。

気持ちをうまく伝えられないのなら、それを代弁するのも保護者の役目。
それはタンコロやペイスケが幼稚園の頃から変わってません。
思えば、小学校時代の校長は3人いましたけれど、バカ二人に事なかれ主義の者の散々でした。
校長自体に説教しに行ったことも数回ありました。
言っても無駄じゃなく、具体的に行動を起こすことが大事なことみたいです。

Comment-close▲
個別記事の管理2010-04-12 (Mon)
考えてみれば、タンコロは幼稚園の頃、バスで幼稚園の送迎をしてたっけ。
障碍児を受け入れてくれる幼稚園がなく、タンコロが通った幼稚園を見つけるのには苦労したな。
だって、最終的にその幼稚園に決まったのって、タンコロが幼稚園に通う年の前年の年末だったもの。
その幼稚園でのタンコロの最高の楽しみがバスでの送迎だった。

中学で特別支援学校に通うのは今日からなんだけど、これから毎日バスでの送迎を受けるんだ。
だけど、幼稚園時代のバスとは違うし、学校に着いてからもまだ慣れていないのは当たり前だから、今日は仕事をしながらボクは結構心配してた。

今夜帰宅したら、いつものタンコロのように見えた。
初めての付き添いなしの登校だったから、学校生活の中でも不安定になったりしたみたいだけれど、でも騒ぎ自体はなく、バスの中でも決められた場所に座って帰ってきたらしい。

先週から「バス、学校」と言ってたんで、楽しみにしてるのかな?と思ってたんだけど、実は昨夜から「明日、学校、むずかしい」とか言い始めていたんだ。
お兄ちゃんの受験のときの様子を見てたりしたから、中学とは難しいところとでも思ってしまったのかな。
今夜も布団に入ってから、ボクが傍にいって「今日、学校どうだった?」と聞いたら、
「学校、むずかしい・・」とか言ってたね。

なにか引っかかるものを感じているのかも知れない。
こんなときは、予想だにしない行動をとったりするから心配だなあ。
今夜のお風呂も、湯舟に石鹸を突っ込んでしまい、「ソープバス」と化してしまった(笑)
こういうとき、小学生の時は学校を脱走・・・ということがあったけれど、何度も「いけないよ」と言い聞かせてるし、タンコロも中学生だしねえ。
そんなこともないと思うけれど。

いずれにしても、学校に行くには何か楽しみがないと。
それがバスだっていいじゃないかと思う。
そうなるにはもう少し時間が必要だけどね。

* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-11 (Sun)
先週は入学式があったけれど、まだ新学期が始まったとは言えず、お客さん状態だったのでタンコロはまだ何がなんだかわからない状態なんだろうな。

「来週からガッコ」とはよく言ってたけど、今までの小学校がまた始まる、そんな気持ちなんだろうと思う。
今までは2時間目と3時間目の間に30分休みという眺めの休み時間があって、その休み時間を楽しみにしてたタンコロ。
今夜食事を終えて床についた後、「明日、30分休み」といってニコニコしてた。

「30分休みはもうないんだよ、明日から10分休みだよ。」
と何度も言い聞かせたけれど、まだわからないみたい。
そりゃそうだろうな。
何事も慣れてもらうしかないなあ。

明日から給食も始まるけれど、全てにおいて学校生活のリズム感や日程なんかが全て変わっちゃう。
タンコロはそういうことに慣れるのに時間もかかるし、それは仕方のないことだけれど、小学1年の頃はそれでストレスがたまり、学校を脱走したっけ。

今度の学校は、学校全てを取り囲む鉄柵があって、なかなか学校外には脱走できないだろうとは思うけれど。

予想外の行動をしちゃうのも自閉症タンコロの特徴。

寝床で「パパ、パパ」と呼ぶ姿が助けを求めているような気がして。

しばらくは心配の日々が続きそう。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-10 (Sat)
入学式を終えた今日、隣町まで記念写真を撮りに行ってきた。
ウチは大体、卒業とか新入学とか、そういう記念式典があった時に記念写真を撮るようにしてるけど、今回は入学式だけにしたんだ。

そういうことはきちんと分かってたタンコロは、先週から「来週、しゃしん、写真」と何度も行ってたね。
きっと楽しみの一つになってるんだ。

これまで撮ってきた記念写真は、大きな額縁に入れて、リビングに飾ってあるけれど、これはたまには思い出話を・・・という時に、うまい具合に利用できるし、子供たちにも昔話を聞かせてあげられる。

その写真が、また一つ増えたということなんだな。

写真屋さんに行ったら、最初はペイスケの写真から。
そしてタンコロ。
次に兄弟だけの写真を。

写真屋さんで写真を撮ると言うのは、ある程度の緊張感もあるね。
ライトを浴びるのも、暑かったりするし。
それに、決めたポーズを取るのが一苦労。
何枚も写真を撮り、こちからから声かけて・・・ピッと立って、とか右肩が下がってるよ、とか声かけながら、少しの笑顔を保って。
けっこう時間がかかるしね。

タンコロには時間がかけられないと思いつつ、なかなかポーズが決まらず、時間がかかってしまった。
それでなくても緊張感の持続がままならない自閉症だものね。
最後の方は少しダレちゃった。
あれほど楽しみにしてたのにね。

出来上がるのは10日ほど後。
でもきちんとした写真が出来上がってくるのが楽しみだな。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-09 (Fri)

ようやくたどり着いたタンコロの入学式。
新設の特別支援学校だけど、工事の遅れで入学式当日になって初めて校舎の中に入れたんだ。

校舎の内装はキレイに仕上がってた。
大きな校舎の中には、小学部、中学部、高等部があるけれど、タンコロはその中の中学部。
今まで地域の小学校に行かせてたし、これまで養護学校と呼ばれていた特別支援学校には何度か見学に行ったことはあるけれど、正式に中の様子が伺えたのはこれが初めて。
それが入学式だもの、子供たちは雰囲気だけで緊張してたんだろうと思うよ。

タンコロはいつものように朝起きて、ニコニコ笑いながらボクの運転する車で学校へ行ったけれど、受付を済ませて教室へ行くや否や、電子オルガンのところへまっしぐら。
鍵盤楽器が好きだモノね。
無理もないか、と思ってた。

教室で先生にタンコロを預け、ボクと秋桜は入学式の行われる体育館へ行った。

在校生・・と言っても、学区制のために新しい学校に来ることになった子達ばかりだから、どこか落ち着かない。
この辺りは、新入生も同じだね。
取り乱してしまう子が多い中、タンコロは先生と生徒たちが一列になって入場する中、緊張の面持ちながらも、誰の手も借りず、きちんと入場してきた。

いくら小学校の卒業式で入場の練習をしていたと言っても、まったく新しく、そして変わってしまった環境の中、きちんと入場できるなんて、思わず感心しちゃった。

式典の最中も取り乱してしまう子もいる中、タンコロはきちんと椅子に座り続けていた。
子供たちのサイドに座っていた父兄たちの中、ボクや秋桜を見つけると、身体は壇上の方を向きながら、頭はボクらの方に向けて、見続けていたのは仕方がないかな。
ボクは思わず、ニッコリ笑って手を振ってしまったけれど。

式典そのものは1時間ほどで終わり、式典終了後もタンコロはきちんと列を守って退場していった。

その後教室に行くと、担任の先生たちと一緒にタンコロが、やはり電子オルガンのところにいた。
なんだか、クラスメイトはタンコロも含めて5人だけど、みんな緊張感が解けてなかったみたい。
帰る時まで、顔がこわばっていたように見えたよ。

入学式は今日で終了。
やっと始まった中学校は、来週から。
タンコロも、幼稚園や小学校入学の時から思えば成長したもんだなと思いつつ、これでボクの家族の中からは小学生がいなくなってしまったんだなと思うと、ちょっぴり寂しい気もした。

来週からまた忙しい日が始まる。
けど、ゆっくりでいいからタンコロが確かな一歩を踏み出してくれれば、それがうれしいよ。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

お疲れさまです * by ひーちゃん
入学式2日間とも天候に恵まれよい日でしたね。
桜もちょうど、満開で…http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/s1_spr_sakura.gif">
2日間お休み取れてよかったですね。

新学期は親も書類やら確認やらで忙しいですよね。でも、子供たちは慣れるまでもっと大変かなhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_do.gif">子供って、してもらった事はちゃあんと覚えているから、パパの頑張りも忘れないと思うよ。
お疲れ様。明日はゆっくり休んでくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_en2.gif">

ひーちゃん * by モンライダー
本当のこの時期は、書類作成やらで忙しいね。
それがペイスケ、タンコロともに進級だからね。

でも大変な思いをしたのは当然のことで、その成果が感じられるのはズーっと後のことなんでしょう。

今日は思ったより休めたと思うけれど、それでも明日からのことを思って天ぷらパーティにしたよ。
好きなものでみんなが腹いっぱいになって、少しでも気分がよくなってくれれば・・・と思ってね。

Comment-close▲
個別記事の管理2010-04-08 (Thu)

今日はペイスケの入学式。
当初、ボクは行く予定がなかった。
だって、翌日がタンコロの入学式だったし、ペイスケももう高校生だしね。
だけど、式典の最中、動きの激しいタンコロの面倒を秋桜が見切れるだろうか、ということと、せっかくの入学式に行かないとペイスケに恨まれるような気がして・・・(笑)

昨日のうちに散発を済ませていたペイスケは緊張の面持ち。
入学式の直前にクラス分けの発表があったんだけど、なんと出席番号が1番。
ペイスケの緊張感が増してしまったらしいね。

式典そのものは複数いた教頭の一人が切り盛りしてたけど、まあ、校長やら理事長、それに議員を初めとした来賓の話の長いこと。
緊張感の漂う式典は、子供たちにも伝わったものと思うね。

だけど、タンコロは別。
秋桜、タンコロ、ボクの順で並んで座ったけれど、タンコロはあっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。
ニコニコ笑いながら、「パパ!」と何度も言ってしまい、止めても止まらなかったよ。
苦笑いしか出来なかったボク。

1時間半もの式典も終わり、子供たちはクラスの教室へ。
父兄はクラス毎に別室へ行って、懇談会・・・懇談会と言っても先生からの話だけだったけれど。
この辺りの話の流れは、担任の要領の悪さがでていて、コイツが担任で大丈夫かな?と思ってた。

その後、ペイスケと待ち合わせて、教科書や電子辞書を購入して帰宅の途についた。

桜が綺麗で、天気もよく、まさしく桜咲く中での入学式となって、ちょっと一安心してた。

帰宅後、すぐ昼食のために外出したけれど、食事後すぐ帰宅。
ペイスケは学校から大量に渡された書類をボクらのところに持ってきて、その後は購入した教科書に名前を書き、明日の準備をしてた。
ボクや秋桜はそのペイスケの書類もあったけれど、明日のタンコロの入学式に向けての書類の作成に一苦労してた。

まあ、なんだかんだと言っても、天気がいい中で入学式が行われ、それが終わって一安心だね。
ペイスケは昨夜から続いた緊張感のため、疲れたらしく、早めに寝てたね。
ボクの高校の時の入学式なんて、その翌日いきなりテストが行われて、びっくりしてたな。
だけど、そういうこともなく、明日は顔合わせだけのものになるらしい。

さて、いよいよ明日はタンコロの入学式。
期待と不安で一杯なんだよね。
* Category : ペイスケ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-06 (Tue)
今夜、帰宅したらタンコロはニコニコしていた。
ニコニコしてたんだけど、どういうわけか声はガラガラ。

今日は、新設の特別支援学校の登校日。
昨日書いたプレ入学式みたいなものだったんだ。
朝、学校から来たバスに乗って、新しい学校へ。
中学生になってはじめてのクラスが正式に発表され、担任の先生も発表となり、全員での顔合わせ。
5人一クラスで、担任の先生は男性と女性の先生の二人体制で、しかも若い先生だったらしい。
その先生たちと、クラスが一緒になった子供たちで顔合わせをし、自己紹介もしたらしい。
新設校とあって、学校内の施設の見学もあったらしく、そんな中でタンコロは元気よく騒いでいたらしい(笑)

ボクは行かなかったので、あくまで秋桜に聞いた話だけれど、それでもタンコロの顔を見ただけで、楽しかったらしい雰囲気は伝わってきたよ。

正式な入学式は金曜日だし、それまで具体的なことはボクには分からないけど、少なくともいい雰囲気でのスタートは切れたみたでよかったよ。

何事も喜んでスタートする方が良いに決まってるし、そういう意味ではタンコロにとっては良い一日だったみたいでナニヨリ。

まるで、初めて小学校に入学させる気分になったようだよ。
でも小学校の時と違って、オドオドしたところはなかったらしく、こんなところにも成長の証があるような気がするね。

金曜日が楽しみだなあ。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-06 (Tue)
今週後半には、ペイスケ・タンコロ共に入学式があるんだ。
ペイスケが木曜日、そしてタンコロが金曜日。
ボクは金曜日のタンコロの入学式に行くけれど、タンコロはなんと言っても新設校の特別支援学校で、未だ校内の見学ができないどころか、また工事中だし。
新校舎の見学も兼ねて、タンコロの様子を見てくるのを楽しみにしてる。

ペイスケはもう高校生だし、それに仕事上2連休はとれないしね。

その入学式の準備じゃないけれど、明日、ペイスケは高校での健康診断のため新高校へ行くことになってる。
とは言っても、高校での初めての行事だし、環境にしっかり触れてくることだけでも実りがあるように思うね。

タンコロは入学準備と登校経路の確認のため、送迎用のバスで特別支援学校へ秋桜と一緒に行くことになってる。
タンコロはいつものように、今夜も上機嫌で騒いでいたけれど、きっとどこかで明日新しい学校へ行くことは分かってるんだろうな。
「火曜日、バス」と何度も言ってたし、こちらから何度も言い聞かせてたしね。
さっき、書いたように校舎は建築中のところもあるし、校庭もまったく出来上がっていない。
そんな中、どんな具合で行ってくるのか。
怖いような、楽しみのような。

まさしくプレ入学式のようなもんだね。
* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-03 (Sat)
今の時期、春休みというのかな。
ペイスケは中学を卒業し、高校入学を待つ身。
何度かペイスケと話はしたけれど、おぼろげながら大学にいきたいという夢は持ってるようだし、親としてもそのつもりだったから、もう塾は決めて行き始めてる。
家でも、現代社会と国語の読解力をつけようと、新聞を利用して毎日レポートを作成させ、それをボクが添削してる。
それ以外にも、高校入学は来週だし、大いなる部屋の整理と掃除を言い渡し、それを遂行させてる毎日だね。
なかなかうまくいかないけれど、もう高校生になるのだから、いつまでも子供気分じゃいけないということで、気持ちの切り替えを話してるんだ。

タンコロは地域の小学校の特別学級から特別支援学校の中等部へ。
中学生になるわけだけれど、タンコロは知的障害を持った重度自閉症だからね。
言い聞かせようたって、うまくいくはずがない。
事あるごとにタンコロには「中学生になるんだよ」、「今度は新しい学校だよ」と話してるんだけど、どこまで分かってるかな。
明日の土曜日は、体操着を買いに行ったりするんだけど、そうした準備作業の中で何かを感じ取ってほしいというのが親としての本音かな。

環境が大幅に変わってしまうことは、自閉症の子にとっては大きな壁だし、そのために新しい学校の施設見学はしておきたいところだけど、未だに建設中。
よかったこと、楽しかったことにこだわりを見せるタンコロは、卒業アルバムをよく見てる。
これも今のうちと思って、そのままにしてるけれど、それをこれからの現実の世界と思って混同しないことを祈ってるよ。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-01 (Thu)
タンコロが卒業式を迎える前、学校ではちょっと風邪が流行っていて、卒業式前だというのに学校を休んじゃったことがあった。
タンコロは2、3日で回復したけれど、その風邪を次にひいちゃったのがボク。
そして秋桜。
そういや、家にいなかったペイスケもどういうわけか風邪引いてた(すぐ治ったけれど)。

あれから2週間以上経とうというのに、風邪が完全に治らないよ。
喉が渇き、いがらっぽいので咳が出安いね。
特に朝と夕方から夜。

会社は人が多いし、フロア内の人の移動が結構あるので、空気が悪いからなお更咳が出ちゃう。

こういう状態だと、集中力に欠けるから、特に家でのことはあんまりできないな。

次の学校に行くまでの長い休みの中、子供たちにはいろいろ仕掛けたいのに。

タンコロは、ノートに掛け算を書いたり、算数や英語のアルファベットを書いて、それなりに勉強してる。
レンタルDVDを見たりもするらしいけど、特にボクが帰宅してから一緒に見たいらしい。
けど、ボクの状態がよくないので、あんまり相手もできないし、なにより風邪のせいでタンコロの傍に寄れないのが悔しいよ。

ペイスケはまだ高校入学前なんだけど、今日から塾通いが始まった。
風邪引いた中、なんとかやりくりして塾を決めたんだよ。
その塾以外にも、現代社会と現代文の読解力を上げるため家では新聞の社説を利用して、毎日課題を与え、それをボクが添削するという作業を始めた。
問題はこれからなんだけどさ。

もう少し、タンコロの日常を考えたいとは思うけれど、まずはボク自身の体調を戻さなければ。

しっかりした睡眠をとりたいよ。
* Category : タンコロ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

お大事に * by ナオママ
咳やのどの風邪はやってますね。
私も花粉症から喉をやられてしまいました。
子供にうつさないように気を使っても
おかまないなしですりすり寄ってきますね^^;
早くよくなるといいですね。

Unknown * by ひーちゃん
我が家も、のど風邪です。
下の子から私、そして夫へ…
私の場合、最近夜更かしして、パソコンに向かってるからかな。自分が調子悪いと、子供にも優しく出来ない事があります。早く良くなって、新しい一歩を踏み出したいですね。http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kaeru_en2.gif">

ナオママさん * by モンライダー
未だにひいてます、この喉風邪。
早くよくならないかな、といろいろ対処してるんだけど、こんなに寒暖の差がある日ばっかりじゃねえ。

だけど、タンコロはすっかり元気です。

ひーちゃん * by モンライダー
そうね、自分の調子が悪いと子供にも影響しちゃうことがあるね。
そんなんじゃいけないけどね。

まだひいてます。
あんまりよくなってないかな。
明日、うがい薬でも買って試してみますよ。

Comment-close▲