06≪ 2010/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-07-31 (Sat)
夏休みの入るのと前後して、とんでもない暑さになってしまった。
夏休みの時期だから、暑いのは当たり前かもしれないけれど、これだけ暑いと、それは異常のような気がするな。

そんなところに夏休み。
タンコロは自閉症だから、一人で外に出したりしたら、何をし出かすか、或いは何所に行っちゃうか分からないし、そこに出不精の秋桜が面倒を見てるものだから、平日はほとんど家にいて、野球ゲームだの、ミニカーだので、遊んでることが多いね。
かといって、一人で遊ぶだけじゃなく、そこに秋桜やペイスケを引っ張り込むのが面白い。
先々週の週末は、お祭りがあったので、秋桜三人でお祭りにでかけ、先週末は地元の花火大会があった。

今週は隣街で、大花火大会ある。
当然連れていくけれど、タンコロはその外に車屋さんにいくことをおねだりしてる。
この車屋さんって、ガソリンスタンドなんだけど、以前、ここで洗車してる間、サービスカウンターにいて、そこに幼児の遊び場があったもんで、そこに行くことを楽しみにしてるんだ。

日曜日にはプールに連れて行くつもりでもいるんだけど。
この前の登校日にプールを思い切り楽しんできたんで、市内のプールだけれど、ここはボクがいないと連れて行けないんで、行こうか、と思ってる。
実はボク、夏風邪を引いちゃってるんで、どうかと思うけれど、それも少しだけれど収まりつつあるんで、少々無理しても連れて行こうかと思ってるんだ。

だって、タンコロはボクがいないと外に遊びにいけないし、それを何より期待してるんだからね。
願わくは、風邪がしっかり治ってくれてるといいんだけどね。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-28 (Wed)
考えてみれば、当たり前のことなんだけど、家族の誕生日って毎年、その順番が決まってる。

今日がその日で、秋桜の誕生日だった。

ボク自身、誕生日なんて〇〇歳を超えたら、あんまりこだわりも何もあったもんじゃないよなって思ってたけれど、秋桜にとってはそうではないらしい。

昨夜から今日の誕生日は?と何度も聞かれ、その歳で誕生日も何もあったもんじゃないだろ、って言ってたけど、確かに何かを期待してるみたいで、長男にも何か言ってた。

だから・・・というわけじゃないけれど、今日の仕事の帰り、プレゼントを買ってきた。
秋桜はアクセサリーが好きなんで、アクセサリーを探しにいったんだけど、ボクは男なんでそっちの方面はよく分からなかった。

とりあえず、めぼしをつけて、後はお店の女の子に話しを聞きながら・・・ということで何とか買ってきたけれど、今時の百貨店って、こんなに暑い時期なのに、そんなに冷房を効かせてないんだとか、変なことに頭が行ってた。

帰宅し、プレゼントを渡したけれど、夕食の準備もそっちのけで、プレゼントに見入ってたね。
その周りをタンコロが、「今日はおとうちゃんとチャポ」と言いながら走り回り、裸になってお風呂に行ってしまった。
なんでも、最近は一人でお風呂に入ることが多くなってきてたけど、今夜はペイスケが一緒に入ろ!と声をかけても、「ヤダ!」と言って、ボクの帰りを待ってたらしい。

秋桜は〇〇歳になった。
もっと、もっと、母親らしく、頑張って欲しいな。
* Category : 家族
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

おめでとうございます * by ナオママ
素敵ですね^^
きっと秋桜さんも嬉しかったんだと思います。なかなかプレゼントをくれるご主人って少ないですよね。

誕生日っていくつになっても嬉しいものですよね♪

これからもモンライダーファミリーの幸せを願ってます^^

ナオママさん * by モンライダー
遅れちゃったけれど、ありがとうね。

誕生日で自分に注目が集まるのがうれしいらしく、秋桜が一人で騒いでる感じ(笑)

今日も書いたけれど、誕生日モノの記事はもう一段あるんですよ。

Comment-close▲
個別記事の管理2010-07-27 (Tue)
蒸し風呂のように暑い一日だった今日。
昨日書いたように、今日はタンコロの登校日だった。
といっても午前中だけれど、無事プールに入れて、楽しい一日だったらしい。

予め、今日はプールだよとタンコロに言っておいたことが功を奏してか、学校向かう送迎バスの中では、満面の笑みだったらしいタンコロ。
その様子を見てた先生もうれしくなって、一緒に笑顔でいてくれた。

プールは、泳ぎを習うということなく、全部自由にしていいという具合で、泳ぐは、潜るは、跳ねるはで、タンコロは思い切り楽しんで、身体をいっぱい使っていたらしんだ。

その帰りに、1学期にタンコロが畑で育てた野菜の実をつけたらしく、少し野菜を盛って帰ってきた。

会社から帰宅したボクは、タンコロの表情をみれば、その一日がいい一日だったかどうかは分かるよ。

ボクが帰ってからも笑顔で、得意の歌を歌い、何かしらよく分からない言葉も連発し、終始明るい雰囲気を漂わせていた。
そのせいか、家族も皆、笑顔になっちゃって。

ところで、ボクは季節外れの風邪を引いちゃったんだ。
まだ軽い症状だけれど、プールで遊ぶことでこんなにタンコロの笑顔が見られるのなら、頑張って今度の日曜日には、プールに連れて行ってあげたいよ。

なんとか風邪を治したいな。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-26 (Mon)
先週の土曜日に夏休みに入ったばかりのタンコロは、もう明日が登校日。

なんでもプールがメインになるらしいけど、今夜はポツポツ雨が降って、湿気が高い上に、思ったよりも暑くないな。

明日、プールの水温がどうなんだろ。

登校日だからプールが中止になっても、体育館で何かしらやるのだろうけど、タンコロはプールを楽しみにしてたからなあ。

一応、明日の天気は今日並らしいんで、午前中は晴れるだろうけど、問題はプールの水だな。

今夜の雨の影響がなければいいな。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-25 (Sun)
昨夜は、ボクの住む街で花火大会があったんだ。
毎年やらない花火大会・・・それは市制制度40周年記念で行われたものだったんだけど、以前は毎年やってたらしい。
ボクがこの街に住んでからはやらなくなった。
そこにはいろんな事情があったんだけどね。

ボクに住む隣町では、毎年大きな花火大会をやってる。
荒川を挟んだ反対側の町でも大きな花火大会をやってるけど、隣町は以前住んでたこともあるし、行くのに便利なものだから毎年そこに花火大会を見に行くんだ。
その花火大会は来週で、いわばボクらにとって花火大会の本番は来週。

昨夜の花火大会は荒川の河川敷で行われた。
河川敷付近は、大きく、しかも田畑が広がってるんで、花火を見るのに障害物がない。
けれど、難点は車でなければ通常いけない場所だったんだ。
最初は自宅マンションのエントランスからでも見れるだろうと思って、行くつもりもなかった。
遅くなった夕方の買い物の帰り、気がつけば自宅に帰らず、花火大会を見に行こうとすれば好時間だな、と思ったので会場に向かったけど、やっぱり案の定渋滞。
ようやくたどり着いた駐車場は、花火を上げる地点からは遠かった。

時間が近づくにつれ、なんだかゴロゴロと。
夕暮れの空を見上げれば、入道雲がかなりまとまってる。
これは・・・と思ったところで花火開始。
ところで、タンコロは「雷、カミナリ」としょちゅう言いながら、実は雷が苦手。
ゴロゴロ・・・と雷の音がするものだから、両耳を手でふさぎながら、花火の上がる方向とは逆を向いちゃってる。
しかも下を向いたりするものだから、「タンコロ、花火が上がってるよ」と声をかけてやっていたものの、花火の上がる方向に顔を上げながら、また耳をふさぎながら背後を向いちゃう。
雨は降ってなかったんで、その点は助かったけれど、雷のゴロゴロという音がしょちゅう鳴ってたな。
仕方がないので、車の中での観戦となったタンコロ。
ボクも途中で、タンコロと一緒に車の中で花火を見てた。

この季節、つきものの花火と雷。
車の中では、楽しんで花火を見られたタンコロでいてくれてよかったけれど、タンコロは音に敏感な自閉クンだけど、花火は大好きなんだよね。
逆に雷は苦手・・・
まったく、タンコロには可哀相かな、とも思ったけど、来週の隣町の花火大会がいわば本番だと思えば、少しでも楽しんでくれてよかったかな。

しかし、暑かったよ。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-21 (Wed)
これまでも暑かったけれど、一段と暑くなったここ数日。
満員電車に揺られて、会社に着いた頃はグロッキー状態。
落ち着いて・・・と思った頃は昼近く。
昼過ぎは一段と暑く、カキ氷でも食べに行きたい気分になるよ。

そんな時、タンコロは元気に学校生活を送ってるかなあ、と気にしてみたり。
タンコロの通う特別支援学校は、新設なもんで、一応学校内はエアコンが効いてるんだ。
送迎バス内もエアコンが効いてるし、なかなかいい環境だな。
今日は予定になかったプールがあって、良かったなあと思ってた。
それでなくても、元気を持て余し気味のタンコロ。
それ以外の作業や授業にも落ち着いて取り組めてるみたい。

先日は小学校時代の担任の先生の訪問を受けて、「これ、〇〇先生です!」とみんなの前で先生の紹介をし、中学に入ってからの担任の先生の紹介も出来たらしいんだ。
これには、今の担任の先生も大喜び。

そんな学校も、今週一杯あるんだよね。
こんな酷暑の中、かわいそうだな、と思いつつも、タンコロは満更でもないらしく、楽しんでいるね。

夏休みには登校日もあって、基本的にはプールということらしい。

熱中症にならないよう、それでいてストレスなんか溜めないよう、元気に過ごして欲しいもんだ。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

おひさしぶりです * by candy
タンコロくん、新しい学校にも慣れて元気に学校生活を送っているようでなによりです。
小学校の先生を紹介してくれたのって、先生すごくうれしかったでしょうね。いいなあ~。


新設の学校はホント恵まれていますよね。
開校2年目のわが校も、もうここで寝泊まりしたい!ってなくらいに快適です。
(宿泊用の和室や浴室もあるんですよ~。PTAの用事がいっぱいで、毎日学校へ行っていた一週間は本当に泊まりたいと思いました)

夏休みも楽しく過ごせるといいですね♪

candyさん * by モンライダー
タンコロは、学校生活をエンジョイしてるね。
少しずつだけど、自分で何かをやろうとしてるし、問題の偏食も給食を通して少しずつ良くなってるんだ。

candyさんのブログ、読み逃げでゴメン。
でも、しっかり読んでるよ。
何かと大変だろうけど、よく頑張ってるなあ、ということと、その視点がいいな、と思ってますよ。

長い夏休み、お互い楽しんで過ごせるといいね。

Comment-close▲
個別記事の管理2010-07-19 (Mon)
先週、ボクの母親が水曜日から2泊3日で、白内障の手術を受けた。
母親は一人で行って来ると言ってたんだけど、問題はボケの入った父親だった。
デイサービスに預けたいが、父親は一人で大丈夫と言って、行きたがらない。
実はそんな状態が1ヶ月以上続いてた。
本当に大丈夫かって、身の回りのことも出来ないし、なによりシモの問題が大きかった。
しかし、手術の1週間前になって急に、デイサービスに泊まりでお世話になることをOKしたんだ。

それは何より・・・ということで、母親は手術に行った。
無事手術を終えて帰宅し、荷物をほどいて、さあ、これから父親を迎えに行く準備をしなくちゃと、母親が思ってたとき、突然デイサービスの人が父親を連れて帰宅してきた。
それも、父親は深夜、トイレの起きた時、転んだらしく、足首を捻挫していた。
ボクはそうした老人介護サービスの契約内容は分からない。
介護サービスの方も、怪我させてしまったわけではないし、それにしても・・・とは思ったけれど、母親はかなり取り乱したらしい。

金曜日に母親は帰宅したわけなんだけど、夕方ボクの携帯が鳴った。
それは母親からだったんだけど、取り乱してしまった正直、ボクは要領を得なかったので、母親の家に寄ることにしたんだけど、言ってみたら、一方的に母親が話してくるばかり。

まあ、だんだんと話が見えてきたけれど、要は何故怪我したのか、怪我したまま何故家に帰したのか、というところで、しかも母親自身も手術を終えて安静にしなくちゃいけないのに、そうもいかなくなってしまったということなんだけど。

ボクは前から母親が帰宅する日は、実家に行くように母親に話してたんだけど、母親は大丈夫と言って、断るばかりだった。

介護施設の問題も大きいな。
確かに怪我させ、医者には連れて行ったものの、そのまま帰宅させるなんて。
しかも、歩くこともままならない父親は車椅子がないと、一歩たりとも動けない。
ボクが行った金曜日は、ボクは帰宅するまで何度も車椅子で父親を介抱したけれど、父親は子供に対するテレでもあるのか、遠慮するばかり。
ボクは「こういうときは子供に甘えること、何をしても恥ずかしいことなんかない」と父親に言い聞かせていたけれど。

その日、ボクが帰宅した後、父親のお漏らしもあって、母親は大変だったらしい。
そんな悪いタイミングで電話してきたのがボクの兄だった。
ほとんど母親とはケンカ。
だって、母親は興奮状態だったし、兄はいきなり介護サービスに関して起こってるばかりだったし。
術後間もない状態で怒ったことなんだから、兄ももう少し言いようがあった筈だ。

父親は、土曜日から介護サービスで、来襲の金曜日まで宿泊となった。
それが最初からのお決まりごとだったらしいけど。
問題は、今週の水曜日から金曜日まで、2度目の母親の手術がある。
その退院と同時に父親が帰宅することになっている。
金曜日近くなったら、連絡の上、母親のところに行こうと思ってた矢先、兄から電話があって行ってやってくれないか、との打診があった。
そんなこと、言われることもない。
金曜日だからボクも仕事を終えてから、になるけど、そんなに気になるんだったら自分で行って、その様子を見てくればいいと思う。

いろんな状況が絡まっているけれど、みんな自分勝手な感じ。
父親の捻挫なんて、身体的な衰えからして、今週末なんて治っちゃいないだろう。
何所まで回復しているのかということ。
しかし、ボクも自閉症児のタンコロという問題もあって、実家の方ばかり向いてもいられない。
とりあえず、今週金曜日はお泊りで両親の面倒をみるけど、その後は何も分からない。
さて、どうなるか・・・

気にしてばかりでもいけないけどな。
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

大変ですね * by ナオママ
現代社会が抱える問題がここにあるように思いました。政治家はこのブログを読むべきです!

市の福祉科などに相談されてもダメなんですかね?なんだかすっきりしない対応に本当にお母様も心労が・・・心配ですね。

介護の問題は本当に難しいっていうか特に家族が手を貸す場合はトラブルが多くって。
私も資格は持っているのでずいぶん昔にボラでご老人のお手伝いをさせていただきました。
介護される方もする方も本当に大変です。よく赤ちゃん言葉で利用者さんに話すヘルパーさんがいます。とても心苦しくなりました。
うまくいい方向へまとまるよう願ってます。
モンライダーさんもご無理なさいませんように。

ナオママさん * by モンライダー
ありがとうね。

老人施設施設の問題は、兄が主導なのでその後の施設側のことはよく分からないんです。
だけど、補助具有りながら、父は一人で立ち上がり歩行できるところまできたので、ホッと一息です。
話してみると、父も意外としっかりしててね。
逆に超が付くほどセッカチな母の方が問題で。
人の話は聞こうとせず、興奮状態で言いたいことを言い放つ状態でね。

来週もう1回行くことになってるけど、どうなってるかな。
介護の問題は避けて通れないけど、とにかくやっかいですよ。

Comment-close▲
個別記事の管理2010-07-15 (Thu)
タンコロは、大いなる偏食家。
食べようとしない野菜を、微塵切りにして肉と一緒にしても、摩り下ろしても、それを手でどけてから食べようとする。
仕方がないので、野菜のエキスだけでもと、いろんな料理に野菜のエキスが入り込むようにして食べさせてるんだけど。
そんなタンコロは、この時期おいしそうな冷やし中華もこれまでは食べなかったんだ。
多分、冷やし中華のスープに入り込んでる酢がいやなんだと思うんだけどね。
最近、2週に亘って、日曜日の夕食は手巻き寿司にしたんだ。
巻くネタを変えてね。
手巻きも当然のことながら、酢飯になるけれど、気がついてみたらここにきてその酢飯を海苔で巻いて食べてた。
ということは・・・
たまたま、今週水曜日の学校の給食が冷やし中華だったんだ。
なんでも、キライな野菜関係も小さく切って、見事に完食したらしい。
給食を完食することなど、これまで滅多に無かったのにね。
そして昨日は野菜カレー。
これも見事に完食。タンコロの味覚に変化が出てきたのかな。
なんにしても良い事だし、うれしかったよ。
今後のメニューもいろいろ考えてやらなくちゃ、と思ってるよ。

そんな良い状況なのに、水曜日は帰宅したら秋桜の目を盗んで、ハサミを持ち出し、自分の髪の毛をチョッキン、チョッキンと切ってしまった。
少しでも髪の毛が長くなるとやるんだよな。いくら注意しても、言い聞かせても治らないなあ。
秋桜も相当怒ったらしいけど、ボクからもゲンコ3発。
しかも水曜日は、それ以降完全にタンコロを無視。
「おとうちゃ~ん」、「パパ」といくらタンコロが呼んでも無視。
しまいには泣き出したけれど、それでも無視。
一夜明けて、朝からタンコロはボクにベッタリ。
昨日も今日も。
ボクはいくら怒っても、一晩で切り替えちゃうんで、今はいつも通りに接してるけど、今週末は床屋さんにいって、スポーツ狩りだなあ。
ようは坊主頭にするんだけど、今でもマダラハゲ状態だから、少しはカッコつけないと。
しかし、これだけは治らないよ。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-15 (Thu)
ここ2日、何度書いたものを投稿しても画面に反映されない。

だから、これはテストです。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-13 (Tue)
ボクの住む町には、気の効いたプールが無いといってもいい。
そんな中、全天候型、つまり屋内プールがあるんだけど、障碍児とその保護者1名までは無料になるとあって、一昨年までは夏になるたび、タンコロやペイスケ、ペイスケの友達を連れてこのプールに行ってたんだ。

それが昨年、義父が倒れ、見舞いやなんだかんだで行けなかった。
何も分からないタンコロには可哀想なことをしたな、と思ってたんだ。
学校のプールのようやく始まったばかりのこの時期、昨日になってようやくタンコロと秋桜を連れてその屋内プールに行けたんだ。
この屋内プールには、競泳用の25Mプールは6コース、流れるプールに、ジャグジーがあって、施設的にはなかなかのもの。
昨今の暑さの中、行ってみたら案の定、すごい人だった。
だけど、わざと3時過ぎに行ったんで、すぐに空き始めていたんだ。
タンコロは久々過ぎて、流れるプールに行っても、なかなか調子が出なかった。
しばらくした後、25Mの競泳用プールに行き、ビート板を持たせてバタ足の練習も兼ねて泳がせたところ、物凄い勢いで泳ぎ始めたんだ。

しっかり水に顔をつけ、ボクの指導のもと、しっかりバタ足をやってたけれど、きっと学校ではきちんと教えていないんだろうな。
去年のブランクが影響しててたのか、バタ足が大きすぎたし、真っ直ぐ伸ばさなきゃいけない腕がフニャリとなってしまい、真っ直ぐ泳げない。
でも、時間が経つにつれ、少しずつよくなって行ったよ。

基本的には泳ぐことが好きなんだよなあ。
25Mのプールに行った頃は、笑いながら泳いでいたもの。

今日は学校でもプールがあって、見事に2日連続のプールになった。
こんなに天候不順の中、よく学校のプールに入れたな、と思っていたけれど、このプールはタンコロのストレス発散にもなるから、とってもいいことだと思うよ。

これから基本的に毎週1回、連れて行こうかと思っているけれど、これから毎週末には用事が入っているんだよな。
要は、やりようだな。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-07 (Wed)
やっとこさ、始まった学校のプール。
最近のゲリラ豪雨もあって、プールの按配も難しいだろう、と思ってた。

この前、秋桜に聞いた話では、学校のプールは毎週月曜日と木曜日ということだったんだけど。
今日帰宅して、学校との交換ノートを読んでたら、「今日のプールは残念でした・・・」とか書かれていた。
それで、あれ?と思い、秋桜に聞いてみたら・・・
なんと、学校のプールは月曜日と水曜日だったんだ。
秋桜が勝手に木曜日と思い込み、今日学校に向かったタンコロにプールの用意をさせなかったらしい。
それで、学校から連絡があって、急遽秋桜が準備をして、学校に向かったけど、なんせ自宅から学校までは車で20分位かかっちゃう。
秋桜が学校に着いた頃には、プールの授業はほぼ終わりかけていた。
つまり、プール大好きっ子のタンコロが、プールに入ってる友達を目の前にして、プールに入れなかったんだ。
貴重なプールの授業を、思い込みで失敗するなんて・・・あり得ない(笑)

それでも、タンコロは取り乱すことなく、笑顔の一日を送ってくれた。
こんなこと、小学生の時を思うと考えられないこと。
それだけ、タンコロが成長したということかな。

これで、今度の日曜日は間違いなくプールに連れていかなけりゃいけなくなった。
でも、それも楽しみなんだな。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-05 (Mon)
なんだかんだと言って、タンコロの学校はプール開始を3週間もずらしちゃった。
ようやく今日から始まったプール。
跳ねたり、飛んだり、潜ったり。
時々泳いで、それはそれは楽しいプールだったらしく、そんな様子を聞いてホッとしてたボク。

これから毎週月曜日と木曜日はプールの日。
だけど、夏休みまであと2週間しかないんだよね。
少しだけれど、クラスメートと楽しいプールにしてほしい。

昨年の今頃は義父の入退院やお見舞いなんで、プールは1回も連れて行って上げられなかった。
今年もこれまでボクに腰痛が発症して苦しんでたこともあって、連れて行ってやれなかったんだ。
それもここに来て、かなりよくなった。
昨日、タンコロには「来襲の日曜日、プール行こうな」と声をかけておいたんだ。

プールは腰痛にもいいし、なんだかタンコロと一緒に行けるのが楽しみだな。

毎晩、ボクと一緒に入浴するタンコロ。
お風呂の中で、潜りっこしてプールの練習をしてるみたいだよ。

今度の日曜日は、どんなプールになるのかな。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-07-04 (Sun)
タンコロが特別支援学校の中等部入学してから、今日が始めての授業参観だった。
正直言って地域の小学校に行ってた時と違って、中学の様子は学校との交換ノートでしか分からず、どんなことをやってるのかな?と思ってた。

見学したのは午前中の作業。
紙鋤作業・・・いわばパルプの工程作業をとにかく簡単にしたものみたいだったけれど、中等部1年生全体で、しかもそれを4つの班に分けてやってたね。
給食の時に飲む牛乳パックを乾燥して残しておいて、それを表面と裏面に取り分ける。
取り分けたものを小さくしておいて、それを更に細かくちぎる。
ちぎったものを水に浸し、ミキサーにかける。
最後はそれを四角いボールの網に移し、紙の溶けたところをカタドリして型を作るといった按配。

タンコロは牛乳パックの裏面を小さくちぎってミキサーに入れ、それを網にかける作業をしてた。
学校との交換ノートでは読んでたけれど、見たのは初めて。
子供達はそれこそ手馴れた・・・それは言いすぎかな。
でも、何回もやってる成果は上がってた。
何をしてるのかはまだ、はっきり分からないだろうけど、しっかり乾燥したものをプレスすればノートにもなるし、短冊だのいろんなものに変化させられる。
目の前で完成したものを見なければ、分からないだろうね。

でも、あーだこーだ言いながらではあったけれど、楽しそうだった。

その後は担任との面談。

まあ、今のところは問題が少なく、先生に言うこともあんまり無くて、これからなんだろうな。
ボクらが面談してる間は、もう一人の担任の先生に連れられて、個別授業みたいだったけれど、その後の給食の模様まで見られて、よかったな。

タンコロは、ボクらと一緒に帰られると思ってたらしいけれど、今日の授業は金曜日と同じで、帰りは送迎用バスでの帰宅だったんだけれど、何度言っても納得はしてなかったみたい。

先生にはもっと学校の様子が分かるよう、取り計らって欲しいとの要望を出したけれど、まあ、何回か学校には通わなくちゃいけないだろうな。

でも、楽しみだよ。
小学校よりもその成長が実感できるように感じられるからね。
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |