09≪ 2013/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-10-29 (Tue)
家でのタンコロの担当は、お風呂洗い。
ボクがお風呂掃除してたところを見てたのか、ボクやカミさんが言う前に自分でお風呂を洗い始めてた。
もう2,3年経つのかな、タンコロが自発的にお風呂掃除をするようになったのは。

最初は浴槽だけだったけど、自分が入浴しようとして長いことお風呂から出てこなかったので、またお風呂掃除してるんだな、とい思ってた。

久しぶりにタンコロのお風呂掃除を見に行ったら、浴槽だけじゃなく、風呂場の壁や鏡、椅子、浴槽のフタまでしっかり洗ってた。
お風呂場の天井以外は、しっかり洗ってたよ。

これには感心することしきりで、タンコロには何度もありがとう!と言ったよ。

知的障害の上に重度自閉症の子がこんなしっかりお風呂洗いをするなんて、ちょっと考えられないな。
夕食時の料理を運ぶ手伝いや、お茶を出したり箸を出して揃えたり。

そのうえ、自分でも料理するんだから、本当に感心だよ。
これで自分の気持ちを表現できたら、今後が余計に楽しみだよ。









* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-07 (Mon)
いつもいつもタンコロの寝顔を見て、思ってるんだけど、何でこの子に障碍があるんだろうと思う。

知的障害と自閉症。しかも重度。

もう高校生だから、社会出るために学校を通じていろいろ取り組んでるけど、ボクやカミさん、それに他の人の援助をうまく得ないと生きていくのは・・・とよく思う。

悲観したくなくても、タンコロの笑顔をみてると、そんな心境になってしまうこともあるよ。
だって、これが現実だもんね。

出来るだけなんでもしてやりたいと思って見ても、障碍と言うどうしようもない壁の前にはどうにもならないかもしれない。
けど、あきらめるわけにはいかないんだ。

タンコロ自体には何の罪もなく、いつも明るく元気でいてくれる。

それが何だか今夜はとにかくうれしくて、タンコロを何度も抱きしめてた。
チューもしたよ。

「タンコロ、お父ちゃんはお前が一番かわいんだからな。お前よりかわいい奴なんかいやしない。大好きだよ。世界で一番大好きだよ。」

タンコロがボクに抱きついてきたんで、ボクも思い切り抱きしめた。

あきらめるわけにはいかないんだよ。










* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-06 (Sun)
ボクは男だからね、料理好きと言ってもおふくろから教わった料理はほとんどないんだけどね。

一人で実家に行けば、何か作ろうとするおふくろに「いつも食べてるのでいいよ」と言うと、
野菜の煮物が良く出てくる。
飽きが来ないし、やっぱりうまいよ。
いろいろ工夫はしてるし、それは分ってるんだけど、分からないところがいいんだよな。

タンコロは偏食だから、たまに行くときは豚カツでも・・・と言っているし、おふくろもそれは分ってきたみたいで、ボクとタンコロは「豚カツばあちゃん」と呼んでるよ。
でも、このおふくろ、爺さんの介護もして大変だけど、タンコロの障碍については全く理解がない。
もう、あきらめてるけど、自分の愚痴ばかり聞かされるので、その聞き役と言うことで割り切ってる。
でも、何か起こらないと疎遠になるよ。

そんなおふくろに唯一正式に教わった料理が餃子。
おふくろのお姉さんの旦那さんがホテルのコック長だったこともあって、そんなところから影響を受けてるんだけど、基本的に焼き餃子。
基本は忠実に守りながら、タンコロはエビ餃子が好物なので、それを作ったり、水餃子も作ってみたり。


タンコロに、「こっちもうまいから食べてごらん」と言ったら、
珍しく焼き餃子も水餃子も食べて、「うまい!」

これはもう、我が家の伝統料理になってる。
いくらウチが男兄弟ばかりと言ったって、ボクも兄も料理好きだし、これは守っていきたいと思ってるんだ。









* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |