04≪ 2014/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-05-31 (Sat)
スゴイ天気だった今日。
気温はあるんだろうと、子供たちの催しを見ながら思ってた。
今日はタンコロの体育祭。

タンコロの通う特別支援学校は小学部から高等部まであるんだけど、昨年までは全校一遍に運動会をやってたんだ。
でも年々、途中編入してくる子も多くなり、無理が出てきて子供が参加できる競技が少なくなってた。
そこで今年から、小・中等部と後頭部を分けて別々に開催されることとなり、後頭部は運動会ではなく体育祭と銘打って行われることになったんだ。

体育祭とは言っても内容は運動会そのもので、何らかの障碍を持ってると言ってもそのほとんどが精神的障碍であり知的障碍を伴った子が多いから、そうなってしまうのも当たり前で名称を変えることもなかったよな、と思いつつ、暑くて仕方のないグラウンドで一生懸命取り組んでる子供たちを見てた。

今朝はいつもより1時間以上早起きしてお弁当作り。
おにぎりはタンコロの大好きな海苔でまき、中には炒めたウィンナーが入ってるというもので全部で6個握ったよ。

おかずは朝から揚げ物で、これもタンコロの大好きな豚カツと鶏肉の天ぷら。
そこに焼きそばを作り・・これらを作ってたボクをタンコロは一生懸命見てたね。
だからなのか、お昼休憩になった時、ボクが迎えに行くと嬉々としてタンコロは走ってきた。
よく食べてくれた。

タンコロの食べる様子を見ながら、こういう運動会で弁当を作るようになってもう15年も経つんだなあと思ってた。
長男のペイスケが幼稚園の頃から作ってるわけで、それももう来年で終わりと思うと感慨深いものがあるね。

いろんなものを作ってきたけど、基本はせっかくの運動会だから子供たちの大好きなものを・・・ということになるね。
以前はこの弁当作りと共に場所取りも行い、カメラマンまでやってたから、運動会が終わるとヘロヘロだった。
でもその日の夕食って、やっぱりボクが作り、これも基本は子供たちが好きなものをと思って作ってたから、1年の最高の行事の一つだったんだろうね。

だけど、今日みたいに暑くて仕方のない日はこれまでなかったと思うよ。
大きな水筒が空になってしまい、途中でコンビニに買いに言った位だから。

今時の親って、運動会の弁ですら買ってきたものだったり、外食したりする親が多くなってるのは驚きと共に呆れるばかり。
運動会という子供たちにとっては大きな行事なんだから、手作り感は大事にしたいと思って作ってきた15年だったと思ってたよ。









* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-11 (Sun)

本来はGW中に行くはずだったけど、天気との兼ね合いで今日までタンコロに我慢させてしまった森林公園というところに行ってきたんだ。

天気は最高だったけど、なんせ風が強くて・・・

森林公園は広いよ。
タンコロは自前の自転車を持ち込み、ボクとカミさんはレンタサイクル。
園内をサイクリングしたけど、走り出してすぐ気が付いたのが、借りた自転車が小さすぎたこと。
タンコロは自前の自転車なので軽快に走ってたけど、ボクとカミさんは太ももが痛くなるほど踏ん張って走ってた。

これは風船上の大きなトランポリンで、タンコロはこれを大いに楽しみにしてたんだ。
好きなだけ遊ばせよう・・・そう思って遊ばせたけど、いつの間にか1時間も経ってた。
つまりタンコロは1時間もズーッとトランポリンの上をポヨーン、ポヨーンと飛んでたわけ。
その後はサイクリングに戻り、1時間ぐらい走ってたかなあ。

それから園内を走るバスにも乗ったな。
乗物好きのタンコロだから、これも喜んでた。
途中下車してレストランで昼食をとり、またもやバスへ。

終点で降り、今度はいくつもあったプレイジムへ。
フィールドアスレチックスみたいなもので、吊り橋歩きもあったし、綱のぼりもあったし。
内容が豊富で、タンコロは一生懸命に取り組み、怪我のないよう常にボクはやらせつつ寄り添ってた。
最後にローラー滑り台。
これがかなり長い滑り台なんだけど、ローラー方式だったのでタンコロと一緒に滑ったボクは、オケツがボコボコ。
でも、タンコロはとにかくこのローラー滑り台に興味があったみたいで、笑いっ放しだったね。

おいしいアイスクリームも食べて、帰路についたけど、光速は込んでないので早めに帰宅できた。

帰宅した後、ボクガ夕食を作ってる間、タンコロはカミさんと一緒に入浴してたけど、笑い声と話し込もうとするタンコロの声がボクにまで届いてた。
笑いながら夕食をとってけど、ほんと、よく食べてくれた。
笑いながら布団に入ったタンコロは、あっという間に眠りに落ちていったけど、タンコロの寝顔を見てたらやっぱり連れて行って良かったと思ったよ。

GW前からタンコロと約束してた地、森林公園。

またいつか連れて行ってやろうと強く思ったねえ。









* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-05 (Mon)
1本多い右手の指、隠すのをやめた…障害判明、親は悩むが「愛情」で乗り越える(産経新聞) - goo ニュース

ボクの次男坊にも障害はある。
重度自閉症に知的障害。
この記事に出てくる母親の当時もそうなんだけど、ボクの時も同じようなものだった。
ただ、自閉症の場合、妊娠の状態ではわからず、生まれても分からず、育っていくうちに徐々に感じるものがあって、医者や病院を探しまくり、行って見ても自閉的傾向があるとしか言われない。
当時のボクは、はっきりして欲しいという気持ちと、どう対処したら・・・という気持ちが錯綜していたね。

実際にこの子を産んだカミさんは、まさか・・という気持ちだと言ってたけど、情報を集め、その手の医者があると聞けば駆けつけ、そして情報を集めてた。
実際に自閉症と診断されたのは、小学校に入る前だったと思うけど、いろんな対処はしてきた。
通う幼稚園がなく、入園する前の地域の幼稚園に相談に行って見たら、いいですよという割には浮かない顔されて、これではダメだと判断したことが何度も。
怒るべき相手にはとにかく怒ってた時期だった。
それは今にまで至ってるけど・・・

これだけ情報化社会と医療技術が進歩しても、障碍はどうしようもないどころか理解されていないのは実感としてある。

救いは、障碍を持つタンコロ自身が明るく朗らかな性格である上に、作業をやらせていると物覚えがよく、マメに動いてくれることだった。
会話はうまいこと成立はしないよ。
気になる言葉を繰り返してみたり、突然笑って見たり・・・
ボクの真似をすることが多いね。

でも、当たり前のことかもしれないけど、タンコロの面倒を懸命に見ることに抵抗は全くない。
ないどころか、明るいタンコロの笑顔がみたくて、いろんなことをしてる。
多分、我が家はタンコロに大きく支えられているんだと思うよ。

これから先の心配が大きいけれど、何事にもあたっけ砕けろじゃないけれど、前向きにとらえて足を動かしていけば・・・と思ってるね。
そして、タンコロがいてくれることが本当にありがたい。









* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-03 (Sat)
今日からの4連休。

昨日まで戦場のような仕事場とは打って変わり、疲れてる体を休めたいと思ってたけどね。
何故か、今朝目が覚めたのが朝6時過ぎ。

当然、カミさんもタンコロもペイスケも眠ってたので、一服してからまた布団に入った。

ようやくタンコロが目を覚まし、今日が始まった。

と言ってもいつもの土曜日と同じで、洗濯しながら掃除をし、洗濯物を外に干して昼食。
気候がいいというか、暑かった今日は敷布団のカバーも洗濯しておいた。

ちょっと一眠りして、タンコロと一緒に買い物に。

帰宅後、TVでプロ野球を見てのんびりしてたけど、それもわずかな時間。
ペイスケに入浴するよう言って、ペイスケが上がった後、カミさんとタンコロを風呂に入れ、ボクは夕食の準備。
今夜はポークステーキだけど、タレを仕込んで、味噌汁も作り・・・

夕食を作りながら天気予報を見てたら、明日はいいけれど明後日が崩れるみたいで。
明日は神宮球場で野球観戦の予定で、しかもナイター。
問題は明後日で、タンコロにせがまれて森林公園に行く予定にしてたんだけど、天気が良くなければ・・・と思い、タンコロに天気が良くなかったら森林公園に行くのは延期するからね、と言ったんだ。
タンコロに「分かった?」と聞くと、
「ハイ。」と返事。
タンコロはボクの前ではいい子にしてる。

けど、カミさんの前ではイタズラ坊主であり、明後日は固く森林公園に行けると信じてる(笑)

子供の日に天気が良くなさそうなのは珍しいけれど、なんとかいい具合になってほしいもんだね。









* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |