09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2007-05-15 (Tue)
実は昨日、ペイスケの手術後の初の検査があって、秋桜とペイスケが病院に行ったんだ。
そうなると、タンコロのお迎えは・・・この場合、実家に頼むことが多いんだけど、今回は爺さん婆さんが温泉に行ってて、頼めなかった。
だから、ボクが午後だけ会社を休み、お迎えに行ったんだ。

タンコロの帰り道は、以前途中にある自動販売機に捕まってしまうことも多かったらしいんだけど、ここんとこ、そんなこともなくなった。
その代わり・・・と言っちゃなんだけど、放課後、バスケやサッカーをやることが多くなった。

ボクは普段から、学校が終わったら、まっすぐ家に帰るようにきつく言ってるんで、ボクがお迎えに行ったときは、タンコロはボクと一緒にまっすぐ帰ってくる。
それが秋桜となると、サッカーやバスケを楽しんでくるんだ。

それを聞いたボクは感心してた。
寄り道じゃなく、運動するんならOKだよ、といい、バスケやサッカーは推奨してた。
だけど、以前きつく言ってたことが災いして、ボクの場合はまっすぐ帰ろうとする。秋桜と一緒にお迎えに行っても、同じだった。

それが昨日、ボクがお迎えに行ったら、教室からバスケットボールを持ち出し、ボクの手を引いて、バスケのミニコートがある校庭に出て行ったんだ。
一緒にやったよ、バスケ。
うれしかったなあ。休日以外でタンコロと一緒にバスケをやったのは初めてだったんだ。

これに味をしめたのか、今日はスゴイ日になってしまった。
いつも通り、秋桜がお迎えに行ったんだけど、今日は体育館に行ったらしいんだ。
体育館では、バスケ部の子たちが練習してる。
その中に混じってしまったらしい。
バスケ部は週末の練習以外、監督・コーチはついておらず、父兄たちが当番で見守る中、子供たちが自発的に練習してるらしい。

タンコロは、まだ集団行動がうまくできないけれど、ことバスケに関しては、ゴール下からのシュートはほとんど入っちゃうし、ドリブルだってできる。
他のバスケ部の子たちは、みんなそうしたタンコロのことを知っていて、いつの間にかみんな一緒に仲よくバスケをしていたらしいんだ。
おまけにタンコロは、学校の中でも人気者だし、けっこうな有名人なんだ。
みんな、「タンコロ、一緒にバスケやろ!」、「一緒にシュートしよ」だの「タンコロ、うまいなあ」とか声をかけてくるので、タンコロもうれしくなっちゃったらしい。

秋桜が気がついたときは、6時近かったらしい。
それでもタンコロは帰ろうとせず、秋桜がようやく言い聞かせるようにして帰宅し、家に入ったのが7時過ぎてたんだと。

まあ、これはやりすぎかな、と思ったけれど、夕食時のタンコロの笑顔を見てたら、笑うしかなくなってしまった。

まあ、たまにはいいか・・・と思ってるんだけど、明日はどうかなあ。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by みゆきちゃん
素敵な日でしたね。

みゆきちゃん * by モンパパ
素敵な一日かあ・・・そうかもね。

少なくとも気持ちは高揚してましたね。

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する