09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2008-02-11 (Mon)
この3連休、初日の土曜日は、タンコロの学校で、市内の小中学校の特殊学級に通う子たちの作品展があったんで、タンコロは通学扱いだったんだ。
だから、明日は代休ということで、タンコロはお休み。

昨日はボクとキャッチボールをし、今日は秋桜と3人で公園に出かけ、自転車に乗ったりサッカーやキャッチボールをしたり。
結構、今日は暖かかった。

天気予報では、明日またもや雪かもしれないというんで、お休みのタンコロには良かったのかもしれないな。

今夜タンコロがお布団に入ったとき、少しお話したんだ。

ボク「タンコロ、明日お休みでいいね。」
タンコロ「おとうさんは?」
ボク「おとうちゃんはね、明日お仕事だよ」
タンコロ「ママは?」
ボク「ママは、タンコロと一緒だよ」
タンコロ「ママ、お休み。おとうさん、お仕事・・・」
ボク「タンコロはいいね、明日お休みで」
タンコロ「ん~~おとうさん、いない・・・」
ボク「ママがいるじゃないの」
タンコロ「ん~~ん~~」

なにか寂しそうに見えた。気のせいかな。

さっき、タンコロの寝顔を見にいったとき、何故この子は自閉症なんだろう、何故重度なんだろうと思ってしまった。
タンコロの寝顔に、タンコロの成長を感じて、逆に不安になってしまったんだろうか。

よくわからないけれど、最近寝顔を見ては、そうしたことを思うことがある。
仕方の無いことなんだろうけれど、やっぱり思ってしまうね。

出来ることと出来ないことがあるし、ボクもタンコロのために、出来ることは精一杯やってるつもりなんだけどな。

タンコロに伝わっているのかな。
こちらが思ってることが伝わることのうれしさもあるんだろうけど、それとは逆に不安になることだってあるよ。

今出来ること。それはタンコロに笑顔でいてもらうことだと言い聞かせてるんだ。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

ご無沙汰してます! * by ボン
ボンも時々考えちゃうよ。
ボンズが、普通の小学校六年生で、来年地域の中学に普通に進学だったら、どうなんだろう?って。
反抗期で大変だろうな、とかカアチャン、うざい!とか言われるんだろうな、でも、きっと部活に一生懸命になって、毎日暗くなってから帰ってくるんだろうな~とかね。
でも、それは想像であって現実ではありません。

現に、うちのお嬢。
普通中学に進学しましたが、不登校。
フリースクールに通ってます。
意思の疎通・・・・思春期の女の子とはやっぱり難しい。
子供は、10人いたら、10通りなんだな・・・・って、うちの2人見ただけでも思います。
モンさんも同じでしょう?
タンコロくんが、自閉症だって、重度だって、タンコロ君はタンコロ君だって、わかってるんでしょう?
だから、今更言わないよ。
お父さん、一緒に子供を見守っていこうね。

ボンさん * by モンパパ
こちらこそご無沙汰です。
いつも、読み逃げしてまして・・・ごめんなさい。

タンコロのこと、分かっちゃいるんだ。けれど、ボク自身が意図しないところで、不意に昨日書いたような感情が出てきてしまう。
思ったって、どうしようもないのにね。

不可抗力なんだろうね。でも、こんな気持ちが出たって、落ち込んではいないよ。
可愛くて仕方が無いし、毎日いろいろ変化に富んだことをやってくれるんで、そんなことを思いつめる余裕は無いです(笑)

ボンズくんも無事卒業を迎えられそうだし、お嬢さんも、意外とやるときはやるじゃないですか。

お互い、これからも子供たちを見守っていきましょう!

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する