07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2008-03-04 (Tue)
毎晩、数回にわたってタンコロの寝顔を見に行ってる。
寝顔は、タンコロの一日を物語っているようでね。

交流学級に行くにしても、先生に引率されることもなく、決まった時間に交流先に向かい、決まった時間に一人で帰ってくる。

教室では漢字の書き取りに熱中し、いつの間に何処かに行ってしまうという脱走行為もなくなった。

きっと、充実した時間を過ごせているんだろうね。

そうしたタンコロの瞼の向こう側には、なにが見えているんだろう。
タンコロの寝顔を見てると、そんなことを思っちゃう。

まるでドラえもんの四次元ポケットのように、ボクには分からない果てしない世界が広がっているのかな。

少しでもいい。
その独特な世界を、表で表現できならな。

ボクは、タンコロのために何をしてあげられるんだろうね。

(携帯より)
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する