09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2008-05-27 (Tue)
今朝、秋桜がタンコロの熱を計ったら、37度までいってなかった。
秋桜が、学校に行かせるかどうか迷ってたけれど、これも秋桜の家事の要領がよくなくて寝坊したせいもある。
ボクからは、学校に行かせるように言ってみたけど・・・少し不安だった。
まあ、夕べから熱は引いてたというのが、その原因なんだけれど。

不安はあたってしまった。
早退したんだ。
1時間目がらグッタリしてたんで、先生が2時間目と3時間目は保健室に連れて行って、2度熱を計ったけれど、2度とも36.5とか36.6度とか・・・
少し元気が出て来たみたいに見えたらしく、4時間目は交流教室で普通学級で算数の授業を受けていたんだと。
でも、結局、無理はさせないと判断して、先生が連絡してくれた。

ボクが帰宅した頃も、熱はなく、でもなんだか白い顔色でおとなしい。
多分、喉がはれてるのかもしれないな。
お腹はなんでもないみたいなんで、喉だろうな。赤いもんね。

帰宅して朝の様子を聞いてみたら、いつもは下校の途中で引っかかる民家の三輪車に、今日は登校時にひっかかったらしい。
運悪く、そこの爺さんが怒り出し、釣られるように嫁も怒り出したらしいけれど、別にその民家に入り込んだわけじゃない。
座り込んで、泣いてただけだ。
怒り出す意味がわからないし、言った言葉が「クセになる。どっかつれてけ。」とか。

これは朝の登校で、秋桜が付き添った場合だけに起こることなんで、ボクには具体的にどこの民家か、どういう爺さんか分からない。けれど、ムッとしてる。
こっちが怒鳴り込むスジにものじゃないから、何にも言わないけれど、タンコロにはズット前からその民家には行かないよう、注意はしてる。

どうしてもその民家にある三輪車が気になってしまうんだろう。
けれど、その三輪車が気になるばかり、逆の目が出てしまって、気分を害してしまっては元も子もない。

「三輪車のある家には行くな!三輪車はダメだ。学校にはまっすぐ行きなさい!」
今夜は、さすがに怒った。タンコロはしゃべらないんで、どこまで分かったか??だけれど、少なくとも、その怒った後の行動を見てれば、なんで怒られたのかが分かったみたいで、泣きながら「三輪車ダメ」と何度もボクに言ってきて、泣き止んだ途端、ボクの布団にもぐりこんだ。

あんまりタンコロには、大きな声で怒ることは少なくなったんだけどね。
効果的に言わないと、と思ってる。

風邪ひいて、先週末から昨日まで家にいて、ストレスも溜まってるんだろう。
こういうとき、翌週の初登校日には、なにかしら問題みたいなことが起こりがちなんだ。

もう少し、様子を見よう。明日の朝も無理しないで・・・
しゃべらないだけに、具合が悪いところが具体的に分からないしね。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by みゆきちゃん
気持ち、たくさん聞いてあげてねv-238

* by モン
タンコロは、あまりしゃべれないんで、その様子を図らなくちゃいけないんだけれど、難しいね。
何を訴えようとしてるのか、何をしたいのか、何をしてほしいのか、言葉の端々で捕らえようとしてるんだけれど、なかなか、うまくいかないもんだよ。

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する