07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2008-09-30 (Tue)
運動会が終わって、昨日の天気は小雨だった。
今日も昼間はやっぱり小雨。
外に遊びに出れなかったタンコロは、なにかウッセキしたものでもあるのかな。

タンコロは自由帳に、字を書くのが好きで、よく家でも自由帳に「ウルトラマン」とか「仮面ライダー」とか書いてるんだ。
家にいるときはマジックで書くことが多いけれど、学校での勉強は当然えんぴつで書いて勉強らしきものをしてる。
家でもえんぴつを使うこともあるんだけれど、どうもそのえんぴつをかじってしまう癖があるみたいなんだ。

今日の学校からの連絡帳に「筆箱の中がとんでもないことになってしまいました・・・」と書いてあったんだ。
秋桜と一緒に筆箱を開けてみると、ほとんど粉々になったえんぴつの残骸と、バラバラになったケシゴムが散乱してた。
こりゃあ、えんぴつはかじり、ケシゴムは千切りまくったなと想像がついた。
そこでタンコロを呼び出し、お説教!
どこまで分かったかな。
今月のボクは仕事に忙しく、気持ちが混乱してて、あんまりタンコロのことをかまってもやれなかったし、もちろんお説教なんて・・・多分1ヶ月ぶりだった。
タンコロはボクが怒る前に、「おとうさんに怒られる」と言ってたけれど、お説教されて当然。
「もうしません」、それがタンコロの返事。
この時点で、ボクはお説教を止めたけれど、秋桜のお説教は続いていた。
ゲンコも1発落としたよ。
これは、やってはいけません!ということを身体で覚えさせるひとつの方法としてやるんだけれど、数日経てば・・・多分やるだろうな。

根気比べだよね。
タンコロがえんぴつをかじることやケシゴムを千切るのを止めるまではね。
自閉児への教え込みには根気も必要だから、タンコロの様子をよく見とかなきゃね。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する