07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2008-10-30 (Thu)
タンコロの通う学校から、自閉症セミナーの話が舞い込んできた。
もう半月前になるのかな。
参加料が無料だし、確かテーマが①自閉症の医療関係、②親の体験談、③自閉症の子と家族の関り方、④就労について、だったかな。

こういうセミナーの案内って、なかなかなかったんで、行ってみようということになった。
日取りは今から2週間後の土曜・日曜。
問題は、2日とも朝9時過ぎから、昼食を挟んで、夕方4時過ぎまでだから、週末しか休みのない我が家は家のことはなにも出来なくなってしまうこと、そしてセミナーに行ってる間、タンコロの世話をどうしようかということだった。

家のことはどうにかなる、と思っていたけれど、タンコロの世話については市役所の児童福祉課に問い合わせたところ、自閉症関係の障害者を扱ってくれる施設が、自宅から1時間の範囲で3つあることを紹介され、その中でも市役所が特に推薦してくれる施設に世話になろうか、ということになった。

市役所からもらった簡単な地図を片手に、とにかく1回その施設に行ってみようということで、先週の日曜日に行ってきたんだ。
自宅から、1時間強。渋滞さえなければ1時間以内でいけるかなという場所にあったその施設の周りは、最寄の駅からかなり離れた田園地帯にあった。
まあ、予約なしで場所確認で行ったんで、施設内の見学まではできないだろうな、とは思ったけれど、人の出入りは自由なのに、施設の事務員は週末いない、ということで、えええ???と思ってたんだ。

それでもまあ、平日に電話をすればなんとかなるかな、と思い、今日秋桜に電話させたんだけれど、施設側は「週末は事務員がいないので、平日子供さんをつれて来て下さい」ということだった。

なんともまあ、週末に事務員がいないから平日に会いに来いなんて、それは子供に学校を休めということなのか、単発で預かってもらうだけなのに、そんな犠牲を払わなくちゃいけないのか、と思って、無性に頭にきた。ボクが電話してたら、怒鳴り散らしてたね。

ということで、自閉症セミナーは、土曜日は半日秋桜だけ参加、日曜日はペイスケにタンコロの面倒を見てもらうため、部活を休めないかとペイスケに声をかけたけれど、今のところ先の予定は分からないし、ペイスケが部活を休めないときは、ボクはセミナーを欠席し、秋桜だけ参加。ペイスケが部活を休めるときのみボクも参加ということにしたんだ。
なにもセミナーは、今回だけということじゃないし、切羽詰った感じで何が何でも参加しなくちゃいけないセミナーじゃないし。
秋桜だけでも参加できれば、それでOKだと思ったんだよね。

それにしてもボクの住む県は、障害者施設が足りないし、運営もよくない。
近所のヘルパーの施設も、最低限の平均点に近いということであって、決して満足してるわけじゃないし。
これって、公務員に順ずる職なのかね。

なにか事情があるのかなとも思うけれど、利用する側からしたらそんな事情なんて分からないし、臨機応変になってもらいたいと思うんだけれどね。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する