07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2009-04-23 (Thu)
今日はタンコロの交流学級先のクラスの懇談会と、修学旅行の説明会があったんだ。
昨日もタンコロのクラスでの懇談会。

タンコロのクラスの懇談会は、2つある教の一つで行われるので、空いてる教室でタンコロを待機させていれば事足りるんだけど、今日は交流教室先のクラスで行われたし、修学旅行の説明会に至っては、まるで教室とは違うホールで行われたため、タンコロは待っていられない。
その間、担任の先生や介助の先生にまかせるわけにもいかず、ボクが半休を取って、タンコロの迎えに行き、一緒に帰ってきた。
帰りのお迎えは、いつも秋桜がやってるんで、ボクが帰ろう、といってもグズッてたね。
仕方がないんで、コンビニによってタンコロの好きなお菓子を3つ買って帰宅したんだ。

もう4時過ぎてたし、タンコロは好きなお勉強のビデオを見ながらお菓子をボリボリ。
2つ食べたところで、「タンコロ、夕ご飯も近いんだから、お菓子はそこまでな。」と声をかけ、もう一つのお菓子は棚にしまったんだ。
ところが、ボクが家事をしてる間に、タンコロはそのお貸しをだしてしまい、ボリボリ。
これってカップラーメンで、お湯なしで食べてたわけ。
ここで雷が落ちた。

その後、泣き止んだタンコロは、アルファベットや掛け算、引き算のビデオを見ていたが、心ここにあらずと言う感じで集中していない。
仕方がないといえば仕方がないんだけど、いつものタンコロらしくないな、と思ってたんだ。

5時頃秋桜帰宅、6時過ぎにペイスケが帰宅したモンで、3人一緒にお風呂に入れ!と号令をかけたら、タンコロがまたもやダダをこね、お風呂に入ろうとしない。
「おとうさんは、夕ご飯の用意をしてからお風呂に入るからね」
と言ったって聞きやしない。
ここでもカミナリ。

やっとの思いでお風呂に入ったと思ったら、「おとうさん、お風呂、待つ」とか言って、秋桜に身体をあらわせようとしない。
数十分後、夕食の準備を終えたボクがお風呂に入っていくと、嬉々とした表情でボクに抱っこ。
ボクに頭や身体を洗ってもらい、お風呂から上がってからはしばらくはニコニコ。
今夜はタンコロの大好きなウィンナーオムレツ。
ボクらは青菜の炒め物。
オムレツにしたって、みんなで食べようとしたんだけど、いつの間にかほとんどタンコロが食べてしまった。
食べてる最中の行儀が悪く、これはいつものことなんだけど、やっぱりここでもカミナリ。

はあ、疲れたよ。
タンコロの面倒を見るのも、夕食の準備も、お風呂もボクだもんね。
でも、秋桜がしっかり修学旅行の様子を聞いてきてくれたんで、5月下旬の修学旅行に向けての準備が一歩始まったよ。

タンコロは布団に入ってからも「おとうさん、呼んでるよ」と言いつつ、ボクが添い寝をするのを待ってたな。
あの笑顔と寝顔をみせられると、何もかも忘れられるよ。
でも大変な一日でしたね。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する