09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2009-06-16 (Tue)
タンコロは、今、地域の小学校の特別支援教室に通ってる。
小学校入学の際、養護学校との選択を迫られたりしたけれど、人との触れ合いを重視して、その上、障害児教育に理解のある学校ということで、引越しまでして今の小学校に通わせることになったんだ。
地域の、そして人との触れ合いという点については、この選択でよかったなと思う。
けど、中学生になると、義務教育最終3年間ということもあって、職業訓練も始めなければと思い、以前は養護学校と呼ばれた特別支援学校に通わせることは、昨年初めに決めてたんだ。
特別支援学校も学区制を敷いていて、今の住まいからだと、隣のそのまた隣の町まで行かないと、その特別支援学校はないんだ。
でも、スクールバスでの送迎もあるし、去年からボク自身もその特別支援学校の見学、そして説明会にも顔を出し、タンコロとも数回一緒に施設の見学に行ったんだ。
今年も、その学校で行われる行事の全てを把握して、できる限り参加・見学に意向と、予定を組んでいたんだよね。

それが、昨日になって、今通ってる小学校との交換ノートで、来年から学区が変更になり、新設の特別支援学校に通うことになることを知ったんだ。
その新設の学校は、昨年まで見学にいてた学校のある町とは、正反対にある東京の大きなベットタウンのような町にある学校で、正に寝耳に水に近い状態だった。
まだ、新設とは言っても、去年まで高校であった校舎がリニューアルされる予定で(その高校は移転済み)、工事開始は7月からで、工事が終わるのは来年の3月ということだった。

今の小学校の先生たちも、昨日知ったらしく、教育委員会からの説明は来月になる予定で、父兄に対してはそれ以降ということらしい。

今は、何をどう考えていいのか分からないよ。
去年まで見学に行ってた学校なら、最初の見学は明日の予定だったんだ。
そして運動会など、行事にも参加し、2、3回の見学会の後、年末に正式な説明会があるはずだった。
それが御破算に近い状態になった。

自閉症児は環境の変化に弱いね。
小学校から中学校に学校が変わるわけだから、まさしくそれは学校の変化=環境の変化になるし、そうした変化でパニックになるタンコロは何度も見てきた。
中学校に入る変化は、実のところ学校に入って慣れるしかないけれど、それでもできることをしてあげたいと思って、何の用もないのに学校のそばに言ったり、何度も見学に行ったりしたのにな。
これは子供だけでなく、その新設校に子供を行かせる親にとっても不安な要素なんだよね。

なんでも、高校3年の子以外は、学区の関係で全て転校になってしまうらしいし、校長を初め、先生たちの赴任の仕方もどうなるかわからないし。

埼玉県って、本当に教育に関しては思慮がない地域だなと思ってる。
先日の新型インフルエンザの件に絡むペイスケの修学旅行の件も同じようなもんだったし、判断の遅い学校にボクは乗り込んだしね。

新しい学校に関しての情報には今以上に敏感にならなくちゃと思ってる。
大事な、大事なタンコロを、そこへ行かせるんだからね。
当然といえば当然のことだけれど、それにしても教育って誰のためにあるんだろうと思ってしまうよ。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する