09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2009-09-08 (Tue)

今日はタンコロがおとなしかった。
いつも、お勉強DVDを見たり、HEROモノDVDを見て、キャッキャと騒ぎ、ボクや秋桜にまとわりついたりしてるのに、騒ぎもしなかった。

夕食は、ここんとこソーメンや蕎麦、うどんがほとんどだけれど、それに目玉焼きや玉子焼き、それに唐揚げを一緒の食べてるんだけど、食事はいつも通りだった。
けど、食後もおとなしかった。

ボクより先に食事を終えても、おとなしかったタンコロはボクが食事を終えるや否や、「おとうちゃん、チャポ入ろ」とお風呂をおねだり。
「おとうちゃんは今、ご飯が終わったばかりだから、ちょっと待っててな」
と言ったんだけどね。
そういや、帰宅してからタンコロはうがいを繰り返してた。

そう思ってたら、秋桜に「ママ、歯、痛い」と言って、自分の歯を指差してきた。
よく見てみたんだけど、タンコロが指差した前歯は、見る限りなんともなかった。
「タンコロ、じゃあ、チャポ入ろか?」と声をかけたら、そそくさとお風呂へ。

一緒に湯船に使ってからもボクに、歯を指差して「イタイ」
よく見てみると、歯自体に虫歯はないけれど、左側の子供の歯が1本グラグラしてた。
タンコロは幼稚園卒園の頃は虫歯が多かったなあ。
ほとんど処置が終わり、今は就寝前にキチンと歯磨きしてる。
身体が小さい自閉症の子だからと言って、その成長はなんら変わるところがないのだから、歯が抜けかえることは必ずあるし。
最近は右前歯が2本抜け、新しい歯が生え始めたところ。

ようやく始まったな・・・と思ったら、今度は左側。
きっと、歯がむずがゆいんだろう。
言葉をそんなに持たないタンコロだから、「イタイ」という表現になってしまったんだろうけど、それでも自己主張というか症状の変化を訴えてきたのは、たいしたもんだと思うよ。

まあ、しばらくは見守るしかないな。
救いは、歯が気になっていても、ボクのように眠れない夜を送るんじゃなく、しっかり早めに寝てくれているよ。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する