09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2009-10-20 (Tue)
今日のタンコロは陸上大会だったんだ。
タンコロの小学校でやったと思いきや、隣の学校で行ったとか。
隣の学校ったって、往復4キロはあるだろうな。
それを歩いて行って、競技して、そして学校まで帰ってきた。
もちろん、先生の引率はあったんだけど。

タンコロの参加した競技は60M走。
それだけだったけれど、他校の特別支援学級との交流もあったみたいで、楽しかったみたい。

肝心の60M走については、昨夜も一昨日もタンコロには一生懸命走ること、元気一杯走ること、そして楽しく走ることを言い聞かせてた。
それも、ボクだけでなく、秋桜からもね。
100M走に比べて60M走は一直線の競技だから、これはいかにタンコロと言えど、走らなくちゃいけないことは分かってるはず。
2年生の頃、50M走は一生懸命走ったものね。

大丈夫だろう・・・そんな思いで、先生から話しを聞いてみると、「50Mまではよかったんですよ。力いっぱい走ってるようで。
ところが残り10Mというところで力を抜いてしまい、ニコニコ笑いながらだけど、ゆっくり走ってました。」と言うことだったんだ。

運動会の100M走でも、カーブになる50M過ぎからはスローダウンしてしまいニコニコ笑っているものの、走ることから力を抜いてしまうことがほとんど。
予想してたとは言え、ボクや秋桜は笑うしかなかったよ。

まあ、自閉症の子って、繰り返し訓練しないと、持続力には欠けるものね。
それでなくても小学6年生という子供なんだもの。
楽しく走れただけで、いいかな。

交流学級自体は楽しかったらしく、今夜ボクが帰宅したら「今日はおとうちゃんとチャポ」と言いつつ、ボクが帰るのを待ってらしい。
お風呂に入ったら、入った出で眠そうな顔してた。

きっといっぱい身体を使ってつかれたんだろうな。
結構満足したような寝顔だったよ。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する