07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2009-11-09 (Mon)
昨日はプロ野球の日本シリーズで、巨人が勝って日本一になった。
監督の原からしてみれば、WBCでの勝利から始まって日本シリーズでの勝利ということで今期は終わったわけだね。
勝利というのはそこに行き着くまでいろんな変遷を通ってたどり着くわけだけど、そこには我慢や忠誠心というものも必要なことなんだと思う。

ファンという傍目から見たものには分からない辛さもあったと思うけれど、でも原監督がやってきたことに間違いはなかったということの証明なんだと思う。
見ていてすがすがしさらしきものも感じたし、理的にもなるほど、と思わせることが多かったと思うんだ。
それは日本シリーズで巨人と戦った日本ハムも同じ。
札幌ドームに詰め掛けたファンも素晴らしい応援と態度だったと思う。

次につなげる自制心というのが、両チームに共通して感じたことだけど。

それに反していたのが、落合・中日だった。
自分の今年か考えない、周囲のことには目もくれず、終いには勝つか、負けるかだと言い放ち、マスコミをもバカにしてた。
CSで負けが決まった時も、グラウンドには目もくれずダグアウトに姿を消してしまった。
もともと好きではなかった中日が、このとき地に落ちたと感じた。
こんなチームに他のチームは負けて欲しくない。
勝負師たる人間の、人間たる以前の話で、悪く言えば自分勝手、わがままそのものだったと言わざるを得ない。

巨人・日本ハムとは対照的だったな。

アメリカではヤンキースの松井がMVPを取ったほどの大活躍で、ヤンキースが世界1となった。
身体を壊し、野球どころではなかった松井が良くここまで来たもんだと、感心させられたし、うれしかったことだった。

野球はもはやオリンピック競技でなくなってしまった事は淋しいことだけれど、今年の巨人や日本ハムを見ていると、来年も野球でまた楽しませてくれそうだなと思えて、うれしくなった昨日だったよ。
関連記事
* Category : スポーツ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する