09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-01-19 (Tue)
未だ、腰痛の具合は芳しくないんだ。
先週は毎日マッサージに通ったけれど、具合は良くなったり、そうでなかったりも繰り返し。
でも、出来る範囲で仕事と家事については手抜きはしてないよ。

我が家は今週ペイスケの私学受験を控えてるので、割と緊張感はあるかな。
先週末は家事も食事も、腰痛を押してボクがやってたんで、気がついてみたらタンコロをかまってやれてない。
お風呂もボク一人で入って、腰を伸ばす運動で手一杯なので、お休みのときは秋桜と一緒にお風呂に入ってもらってたし、平日はタンコロ一人での入浴となってる。
普段は帰宅後、いろいろタンコロに話しかけ、一緒にDVDを見たりしてるけど、なんとも腰痛とは思い通りに動けなくなることなので、一緒に動いてやることが出来ず、悔しいと思ってた。

今夜はちょっと帰りが遅くなったけれど、帰宅して玄関を開けたらタンコロが迎えてくれた。
タンコロの様子を見てたら、意外にもまだお風呂には入ってなかった。
タンコロが一人でお風呂に入るときは、ボクが帰宅する前に入っちゃうんだよね。

「そうかあ、今夜はおとうちゃんと一緒に入りたかったの?」と聞いても、自閉クンのタンコロだからなかなかうまく話せない。
夕食もそこそこに、タンコロは裸になってお風呂へ行ってしまった。
ボクは夕食後、腰痛のため、腰を伸ばしていたけれど、お風呂場からタンコロは顔を出し、
「おとうちゃん、チャポ」と何度も言うんだ。
痛い腰を支えながら、久しぶりに一緒に入ったよ。

今夜の入浴は、いつもの通りタンコロの頭と身体をボクが洗ってやり、その後ボクが自分の身体を洗うんだけど、いつもはなんともない行為が、腰痛のときはつらい。
「タンコロ、おとうちゃんの背中、流してくれないか」と話しかけたら、不思議そうな顔をしつつも、やさしく洗ってくれた。
「タンコロ、100回洗ってな」と言ったら、タンコロは
「1、2、3・・・」と数え始め、「・・9、10」とまでは良かったけれど、いきなり
「11。・・・100」と飛んでしまった。
これには笑ってしまったけれど、タンコロの力加減が気持ちよく、ボクは笑いながら、
「タンコロ、ありがとな」と言ったら、まだしばらく洗ってくれた。

湯船でも数字を数え、100まで数えさせようとしたら、50からいきなり70に飛んでしまったのには笑ったけれど、100まで数えてしっかり温まらせたよ。

こういう日はタンコロにとっても、気分のいい日になるらしく、最近夜更かし気味だったタンコロは、9時過ぎにはボクの見てる前であっという間に眠りに落ちていったよ。

ボクは明日からマッサージ室に通うことを再開しようと思ってるんだけど、早く直したいよ。
そうしたら、今夜みたいな機会が増えると思うしね。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

お大事に! * by ボン
腰の具合は、一進一退みたいですね。
ボンも立ちっぱなしの仕事をするようになってからは、腰には気をつけています。
レジの仕事とはいえ、レジ袋の補充のときなどは、ダンボールに入ってて重いのを倉庫から運ばないとならないし、商品のスキャンでも、10㌔のお米などもあるし。

タンコロくんに背中を流してもらったんですね。
うらやましいです。

ボンは、もうボンズとお風呂には入れません。

中学になってからは、もうお父さんとしか入らないので、背中を流してもらうこともないです・・・さびしいな。

マッサージに通うのですか?
なんにしてもなるべく早く治って、タンコロくんとも思い切り遊べるといいですね。


ところで、お嬢が先日アラスカに旅立ちました。

昼間はいいんですが、夜になっても家にお嬢がいないというのが、やっぱりさびしいです。

子離れできてないですねえ。

ボンさん * by モンライダー
タンコロは男の子ですから、一緒にお風呂に入り、背中を流してもらうのは、男親の特権なのかもしれませんね。

タンコロの力加減が、またなんとも気持ちいいのですよ。

未だに腰痛が治らないボクは難儀してますけど、なんとかタンコロとは一緒にお風呂に入りたいと思ってます。

お嬢さん、アラスカに行ったんですね。
あの地の寒さは想像できないけれど、お嬢さんの帰宅後の様子が楽しみでもあるよね。

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する