05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2010-01-22 (Fri)

タンコロの学校では、卒業制作に向けての作業でいろいろ忙しいらしい。
先日は卒業文集を作っていて、そのために家庭から生い立ちを探るものを提出しなければならなくなり、お母さんたちも一苦労のようです。
そうして集めた材料で、子供たちはいろいろ考えるんだけど、タンコロは自閉クンですからね。
何を思って、何を書いてくるのか楽しみです。
先生の話では、思いつく言葉を書き出し、それを先生と一緒になってつなげる作業をし、そこには子供たちの気持ちを盛り込まなければならないものだから、先生たちの苦労も並大抵ではなかったようです。
でもタンコロは、先生の言った言葉をしっかり書き出し、言わば書き取りが出来たようで、先生も同じ事を言ってましたけれど、これは成長を感じる感心できることでした。

今日の作業のタイトルは「自分のなりたいもの。夢」だったそうです。
タンコロの夢は何かな・・・と思ったんだけど、なんと一言だけ書いてたそうです。

それは「コックさん」

最近・・・というか、もう1ヶ月以上になるかな。
何の拍子か、タンコロはオムレツや目玉焼きを自分で作るようになり、それは夕食時の日課のように毎日作っては、自分でおいしそうに食べているんだよ。
卵をわり、かき混ぜて、牛乳を入れてフライパンで焼く。
この一連の作業はもう、一人で出来るようになってます。

「タンコロ、将来はおとうちゃんと一緒にオムレツ屋さんをやろうか。
タンコロとおとうちゃんがコックさんで、ママは手伝いね。」
と何度か言ってたんだ。
それを覚えていたんだね。

今日なんかは、ボクに目玉焼きを作ってくれたんだ。
ペイスケもやらなかったことをタンコロが一人でやれるようになったんだ、と思うと、あながち夢ではないような・・・

この先、うまくタンコロをフォローしなければ、この興味を伸ばしてやらなければ・・・と思う次第ですね。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する