09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-02-17 (Wed)
なんだか落ち着かない一日だった。
心配しすぎて、一日中腰が痛かったし(笑)

朝10時になれば科目が一つ、終わったな・・と1時間単位で思ってた気がするよ。
今日はペイスケの第1希望校の受験日だったし、生まれてこれ以上ない緊張した日だったろうしね。
親としても、気になって仕方が無い一日だった。

そんな一日も、夕方5時になって、会社にいるボクの携帯が鳴った。
秋桜からだった。
「ペイスケは無事帰ってきたんだけど、疲れちゃって、塾休みたいと言ってるけど・・・」
公立校は今日が前期試験で、この試験が通らなかった場合、3月に後期試験が受けられるため、試験が終わった後も万が一のことを考えて、夜は塾に行く予定だった。

昨夜、ペイスケを呼んで、いろいろ話をしてやってる時、
「明日の試験は、とっても疲れるだろうから、塾は無理するなよ」
と言っておいたんだ。
それが当然の如く、当たったということなんだけど。

秋桜からの電話にボクは、
「いいよ、塾は休んで良いよ。
その代わり、ゆっくりお風呂にでも入って、休ませな。」
と答えたけれど、まあ、正直言って、こんなことボクに聞かなくても当たり前のようにペイスケを休ませて欲しかったけどね。

ボクが早めに仕事を切り上げて帰宅した頃、ペイスケはお風呂にも入らず、着替えもせず、眠ってた。
やっぱりなあ。

夕食時に起こして、少しずつ話を聴いたけど、得意科目の社会と国語は出来がよく、他の科目もまあまあということで、一安心。

今夜は好きなことして、早めに休むようにと言っただけ。

今思うと、ペイスケにとっては嵐のような一日だっただろうね。

頑張ったご褒美じゃないけれど、今週末はペイスケのリクエストに答えて「うなぎ」を食べに行こうということになった。

もう少し、頑張らなくちゃいけないけれど、週末の一日、それも夕食位は好きなものを食べさせてやりたいよ。
関連記事
* Category : ペイスケ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

受験かぁ・・・ * by ナオママ
子供にとっては何よりもプレッシャーですよね。

これで一生が決まるんだって思ってましたよ。

あの緊張感は忘れません。
数学で三角定規しか使わなくていい問題にコンパス使って・・・
緊張で問題が理解できなくなって。
もう味わいたくないdすよね。

ナオママさん * by モンライダー
返事が遅れました・・・

受験は一度は通らなくちゃいけないことです。
辛かったあの日も、今となっては貴重な体験と言うかね。

受験を終えても、受験以上の体験があることが必至な人生だもの、受験はその基本にもなるし、ペイスケの人生にはきっと、大事な試練だと思うんです。
だから頑張って欲しい。
けど、目の前で見てる親としては、期待感だけじゃなく、気を揉んでしまいます。

来週には結果が出ます。
その時のペイスケの気持ちが大事なことだと思うんですよね。

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する