07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-03-13 (Sat)
♪ 硬いきずなに 思いを寄せて
  語りつくせぬ 青春の日々
  時には傷つき 時には喜び
  肩をたたきあった あの日
  あれからどの位 経(タ)ったのだろう
  沈む夕陽を いくつ数えただろう
  故郷(フルサト)の友は 今でも君の
  心の中にいますか?

  乾杯! 
  今君は人生の大きな大きな舞台に立ち
  遥(ハル)か長い道のりを歩き始めた
  君に幸せあれ!            ♪

これは結婚式ソングとしても定番曲になった、長渕剛の乾杯と言う曲の一説。

ボクはこの曲、卒業式シーズンを迎えると思い出すんだ。
この曲はボクが高2位のときによくラジオでかかっていたんで、思い出すのは中学の卒業式。

明日はペイスケの卒業式。
義務教育の9年間を終える日と言う意味での卒業式でもあるね。

小学校を終えて、どんな思いで中学に入ったのか、中学ではどんな思いをしてきたのか。
いい思いも、そうでない思いもあっただろう。
でも、そうした思いを今後の糧にするには、特に中学の3年間には思いを馳せ、そして式典に臨むんだ方がいいと思って、今夜はそんな話をペイスケにしたんだ。

どこまでボクの話を分かったのかは分からないけれど、少しはなにか思うところがあったらしめたものとは思うけれどね。

中途半端に卒業式を迎えてしまったら、この3年間は単なる思い出にしかならないと思うし、数年後には忘れちゃうだろうと思って。

ボクが思ったより成果は出なかったのかもしれない。
公立の中学校の指導が、こんなものかという思いはボクにはあった。
けれど、そんな中でペイスケがどんな具合に頑張り、どんな気持ちになっていったのか。
そこには確かに成長と言うものがあったように思う。

成長しない人間はいないと信じたい。
ペイスケのその成長は、今後の数年間に現れてくるはずだと思うし、その成長に乾杯!したいと思うね。
関連記事
* Category : ペイスケ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

しあわせ * by ひーちゃん
タンコロくん、卒業おめでとうございます。
家族みんなが、この日を楽しみにしていたんだよ。
家族っていいね。愛がいっぱい溢れているね。
今日と、明日はもしかしたらなにも変わらない1日かもしれない。でも、家族にとっては、大事な日、特別な日。幸せは、さりげない日常の一こまに刻まれているんだね。

今日は、こちらにコメントさせていただきました。
http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/kirakira.gif">
子供の笑顔は、親の活力ですねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hiyo_do.gif">

ひーちゃん * by モンライダー
いらっしゃい。
そしてありがとう。

子供の笑顔は、いいもんです。
それを絶やさぬよう、出来るだけ何でもしてやりたいけれど、自立させなけりゃいけないし。

その先に本当の笑顔があるんだろう、と思ってますよ。

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する