07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-03-24 (Wed)
これまで「卒業に向けて」ということで、小学校入学から今現在まで辿ってきたつもりだけど、思ったままを書いてるだけなんで、まだまだいろんなことがあったなあ、ということはたくさんあるよ。
トイレで用を足せなかったタンコロを尻目に、トイレに連れて行こうというトイレトレーニングをしていない秋桜に一喝し、それが基でトイレをあっという間に覚えちゃったことや足し算引き算、掛け算、漢字トレーニングのためにそれ専用のDVDを揃えたら、タンコロのツボに入り込んで、今では日課のようになってしまったことなど、いろいろあるね。
我慢も少し覚えたようなところも感じてる。
まあ、まだまだだけれどもね。
けど、確かに成長してる。
聞き訳がないのじゃなく、聞いてることがこちらが思うように理解できてないところにズレを生むんだけれど、それでもたまに会話として成立したりすると、無性にうれしくてね。
そんなことも多くなった。

小学生時代は、健常児も含めたたくさんの子供達との触れ合いを目標にしてきた。
そんな目標はボクと秋桜の共通した想いだったから、養護学校じゃなく通常の地域の学校に入れたわけなんだけど、この思いは当たってた気がしてる。
もっと思うには、もっと時間が必要なんだけれど。
けど、いろんな友達と行動を共にしたり、勉強したりする中で、タンコロなりにこれは楽しいという意味で、身になったことが多かったと思う。

タンコロは確かに知的障害を伴う重度自閉症だけれど、自分で自分の心の門戸を閉ざしているわけじゃないし、興味あることには邁進していくことがあるなど、その言葉・表現はかなりズレてるよなと思うことが多くなった。
そりゃあ、トリッキーな行動も多いけれど、その行動の基を探っていくとなるほどな、と思う反面、自己表現がまだうまくないな、と思う時だってあるよ。

でも、なにがなんだか・・・という状況はかなり少なくなった。
この子を理解するには時間がかかるんだ、でもその時間も短くなりつつあるということを実感させられてる。

小学校ではこれでよかった、と思ってる。
しかし義務教育は後3年。
だから中学からは特別支援学校にやって、就職訓練を・・と思ったんだよ。
その特別支援学校。
まさか来年から新設校になるとは思わなかった。
新設校は、それは通常の学校でも支援学校でも苦労するんだよな。
先生とは名ばかりの素人が、先生と言う肩書きで赴任してくるし。
油断せず、しっかり見守らなければ・・・と思ってる。
だけども、6年前のタンコロではないところに、タンコロ自身に期待してものもある。
楽しみのようで複雑な卒業後のタンコロだよなあ。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する