10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2010-04-17 (Sat)
タンコロが中学生になり、学校に通い始めて1週間が経った。
環境の変化に敏感な自閉症児だから、そしてボクがタンコロの様子を見れるのは夜だけだったこともあって、心配ばかりしてたような気がするよ。

月曜日こそ、ちょっとしたつまずきみたいなことはあったけれど、火曜日からは頑張ってた。
自然な振る舞いだったのだろうけど、なんだ健気にタンコロが頑張ってるように見えて。

楽しみにしてたバス登校、そして新しい学校である中学校。
多分、中学に通ったペイスケから見える想像みたいなものもあったんだろうと思うよ。
タンコロが口にしてた「むずかしい」という言葉には、そうした意味もあったんだと思うんだ。

楽しむ術はなに?
それはこれまでやってきたことが、やっぱり中学生活の中にもあるんだと気がついて、そこから序々にタンコロのペースになって行き始めたように思うんだよね。

昨日書いた朝の会の出来事も、小学校の時にもあってそれが新しい生活の中にもあり、自分のやり方を変えなくても楽しいんだ、と頭のどこかでわかったような気がする。

そんな感じがタンコロの笑顔の中に見えてたんで、ボクはタンコロに声をかけ、そして笑いかけてた。
タンコロが頑張ってるんだから、親であるボクは笑顔でいようってね。

それでも、少しの緊張感はあったと思うよ。
それが疲れとなり、夜はボクの腕の中で熟睡となってた。
そうしたタンコロの寝顔がかわいくて、たまんなくて、毎晩腕枕してたんだ。

その1週間がようやく終わった。
今にして思えば、あっという間だったかもしれないけれど、その時々でタンコロは確かに頑張ってた。

今夜も早めに眠ったよ。
明日、明後日はいつもの週末のお休み。
特にこれといった用事もないので、タンコロのペースで行動させるつもり。
来週の学校生活に向けての鋭気を、どこかで養って欲しいな。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する