08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-04-27 (Tue)
タンコロの今夜

今夜ボクが帰った時、タンコロは家の中で遊んでいて、まだお風呂に入ってなかった。
ボクが着替えをしてる間に、タンコロはそそくさとお風呂に入ったんだけど、ボクはお腹が空いていたし、たまにはタンコロが一人でお風呂に入るのかもいいのかな、と思って、放っておいたんだ。
しかし、何分経とうともお風呂の方から、タンコロが入浴してる感じがしなかった。
何分経ったんだろう。
おかしいな、と思って、秋桜に様子を見に行かせようとしたら、お風呂のドアが開いて、
「おとう~ちゃ~ん!!!」

ボクが入ってくるのを待ってたんだ。
しかし、今夜は一緒に入らず、一人できちんとお風呂に入るよう言い聞かせた。
言えば分かるんだ、タンコロは。
きちんと一人でお風呂に入ってくれて、一安心。

ペイスケの今夜

ペイスケはまだ学校の全てに慣れたわけじゃないよ。
環境も勉強も予習に復習に忙しい上に、週一で塾にも通い、たっぷり宿題が出されてくる。
そんな折、今夜ペイスケについて秋桜から相談があると言ってきた。
言い出しが塾・・・と来たんで、塾が手一杯で通い切れないのかな、と思って、ペイスケを呼んで、自分から話をさせようとした。
実は、高校入学前から、ボクの指示で毎日新聞の社説を読んで、社説の内容をノートに要約しボクの添削を受けるようにしてたんだ。
ペイスケが言ってきたことは、塾を・・・ということじゃなく、やることが一杯あるんで、社説の要約を読むだけで・・・という事だった。
肩透かし・・・(笑)
社説の要約は、新聞から社説を切り取り、ノートに貼ってから要約するというもの。
ボクからは、その切り貼りと一読をするようにとは言ったけれど、まさかそれが重荷になってるとは・・・
ついこの前、ペイスケにはやることが一杯あるんで、社説の要約は余裕があるときでいいよ、と言ったばかり。
優先順位がまだ、自分じゃつけられないんだなと認識できたけど、まあ、まだ子供だなあ、と。

関連記事
* Category : 兄弟
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する