08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-06-08 (Tue)
タンコロの通う特別支援学校は、この4月から開校した新設校なんだけど、校庭以外は3月下旬に完成し、なんとか入学式に間に合わせていたという感じだった。

新設校の先生達も、他行で経験のある人、役所につめていた人、待ったくの新人という多種多様な面々であって、いい意味で新進的なところもあるけれど、正直なところ、いろんな場面で頼りないという印象がある。
時間も必要だけれど、子供達の成長は待ってはくれないんで、即決即断を求められることも多いだろうし、そうした場面は多いだろうと思う。

ボクは、小学校の時みたいに、学校に口が出さなくなった。
秋桜の話だと、父親も結構学校に来ているみたいな話も聞くけれど、そんな父親に限って何も出来ないことが多い。
要は、タイミングだと思ってる。

そんな状況下において、学校の校庭は完成が遅れていた。
敷地工事自体は5月いっぱいを目処ということだったけれど、5月下旬に完成はしていたみたい。
けれど、校庭内の施設、例えば鉄棒とか、ブランコ・滑り台といった類だね。
この特別支援学校は、小・中・高とあるんで、そうした遊具みたいなものは必要であり、これらが揃って、初めて校庭完成ということ。
それが最近ようやく完成したらしい。

タンコロが「明日、ブランコ」と盛んに言うんで、学校との交換ノートを読んでみたら、遊具を含めた校庭完成ということらしきことが書いてあった。

体育の授業でも、校庭が工事中だったんで、専ら体育館等の室内での授業だった。
それが校庭完成となると、明らかに幅が広がるし、来週半ばからはプールも始まるので、これからタンコロにとっては楽しみが増えるだろうね。
身体を動かすことが大好きだし、こうなると週末の休みにも落ち着きが出てくるだろうし。

明らかに出来上がるのは遅すぎるけど、なんとか充実した学校生活の一環にして欲しいなあ。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する