09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-08-15 (Sun)
今年の夏旅行は、ボクの故郷である福島は会津に行ってきたんだ。
ボクの親は、首都圏に住んでいるので、会津の親戚を頼って行ってきたんだけどね。

先週の水曜日に出発したんだけど、この日は台風も北上していて、雨はそんなに降ってなかったけれど、福島に近づくにつれ、気温は下がり、福島県下は26~28度位だった。
もう少しで、会津と思い、磐越道を走ってると、猪苗代の辺りから物凄い雨が・・・
会津若松に着いたのは、渋滞がなかったせいか、思ったよりも早めについたけど、その頃には雨が上がっててよかったよ。

今年は、ボクは年男。
干支で言ったら、寅年なので、その守り神である柳津というところにある虚空増様のお参りに行くのが主眼だったんだけど、ボクは40年前に行ったきりだったし、ここは丑年の守り神でもあったので、丑年であるタンコロの守り神でもあったんだ。

阿賀野川の上流にある只見川の沿岸の崖っぷちにある虚空増様。
当たり前だけど、40年前とちっとも変わりなく、なんだかとっても懐かしい感じがしたよ。
しっかりお参りして、大きな赤ベコの前で記念写真もいっぱい撮ってね。

会津若松から柳津は、車で30分ほどのところだったから、虚空像さまのお参りの帰り、白虎隊で有名な飯盛山に行って、白虎隊のお参りもしてきた。
ここは戊辰戦争という幕末の歴史では外せないところなので、あちこち見学しながらペイスケに歴史を語りかけてた。
ペイスケももう、高校生だし、白虎隊のことを知っていてもいいだろうと思ってね。

親戚の家には、ボクの家族以外に、ボクの兄や従兄弟親子なんかも集まって、毎晩宴会。
しかも、近くに温泉が沸いたらしく、毎晩温泉にもつかってきたよ。

帰りは猪苗代湖で遊覧船に乗ったり、喜多方ラーメンを食べたり。
結局、天気は曇りか雨だったので、都会では見られないキレイな星空もオアズケになったのは残念だったけど、楽しい旅になって、ホッとしてる。

この親戚は、自閉症にはある程度、理解がある親戚だったので、タンコロは可愛がってもらって、とにかくうれしかったらしく、帰宅した今も絶好調だね。

ボクは明日から現実に戻るけれど、子供達の夏休みは続く。
今年もいい思い出が残せて、よかったな。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する