05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2010-10-07 (Thu)
特別支援学校では、よく見かける光景。

それは子供たちのマラソン。

それが、ここにきてようやく本格化してきた。

タンコロは、昨日画学校の校庭を2周、今日は5周走ったんだけど、なんと休みなしで走りきったらしい。

自閉症の子って、瞬発力もないけれど、何かにつけて持続力もないなあ、と思ってたんだよね。

小学生の頃のマラソン大会だって、周りに気になるものはあるし、父兄たちの声援はあったしで、あちこち見ながら、それこそ欽ちゃん走りみたいな格好でゆっくり、ゆっくり走ってたしね。

それでも、タンコロは走ることは好きみたいだし、意外と体力はあるみたいで、疲れた表情は見せないんだよ。

そんなわけで、昨日今日のマラソンは、先生たちも驚いていたらしい。

マイペースで、それでいて途中で走るのを止めてしまった子を見ると、タンコロは、
「しっかりしなよ~」
と言って、励ましていたらしいね。

そうやって周囲に声をかけるものだから、他の子からも注目されているらしく、休み時間なんかによくやってる野球ゴッコも、初めは2,3人位だったのが、いつのまにか下の学年である小学生や、年上である高校生なんかも混じってやるようになったらしいんだ。

しかも、オモチャのバットとボールでやってたところに、ベースも作って持ち込んだりして、本格化してきた(笑)

なんとも、微笑ましいことだと思うし、うれしいねえ、こういうのは。

タンコロの明るい性格が、学校でも生かされてると思うと、おもわず頷いちゃうよ。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する