09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-02-06 (Sun)
ボクの住む町にある小学校・中学校の特別支援クラスでは、毎年1回、合同の作品展が開かれる。
これには特別支援学校は含まれないので、タンコロは昨年までは参加してたものの、今年からは無縁になっちゃった。

けど、昨年小学校の時の担任の先生が、タンコロの通う特別支援学校の行事にまで参加してくれて、その際、今年の作品展はタンコロの通っていた小学校で開かれるということを教えてもらったんだよね。

それまで、家では今年の作品展、どこでやるんだろうな、とか話してたんで、全くタイムリーな話だった。

今年の作品展は先週の金曜日と土曜日に行われたんだけど、ボクはタンコロを連れて、土曜日に行ってきたんだ。

作品の中には目を引くものが必ずあるし、笑わせておもらえるものもある。
障碍を持った子たちの心模様が現れているようで、この作品展はなかなか勉強になるところもあるね。

そんな作品展に行ってみたら、昨年まで一緒のクラスで、中学に進学するところで別れてしまった友達も何人か来ていたし、在校生たちも待っててくれたみたいで、とっても賑やかなものになったんだ。

ああ、タンコロにはこんなに人を引き寄せる魅力もあったんだな、とこの時改めて認識させられた気分だったよ。

タンコロの学校でも作品展はあるけれど、今回の作品展はそれとはまた一味違ったものだったしね。

今年は去年タンコロの担任だった先生が残っていてくれてたんで、行く機会ができたけれど、来年はどうなんだろうな。

できれば来年もまた連れて行きたい・・・そう思ってるよ。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する