10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2011-03-13 (Sun)
昨日起こった地震は、まさしく大地震だった。

午後2時45分頃、地震が起こったころ、ボクは会社の外にいて、今まさに会社のあるビルの玄関に入ろうとしてたんだ。
グラグラグラ・・・何が起こったんだ?と思ったボクの目の前にあった会社のビルの入口にあった玄関の大枠が、大きな音を立てて軋んでいた。

地震だ・・・

何分位揺れてたんだろう。
スゴイ長い時間揺れてるようにも感じた。

地震が一旦おさまってから、会社のあるフロアに入ってみると、社員たちはパニック状態。
女子社員などは、泣きながらすがりついてきた者もいたよ。

ビルの安全点検ということで、社員全員、一旦ビルを出て待機してた。
その間も余震がひどかったね。

フロアに戻ってみると、ビルの壁面に亀裂が何か所も。

ネットで情報を見てみたら、スゴイ状況になってることを知って、JRは動かず、こりゃあ帰れそうにもないなと思ったけど、予想通り会社泊りとなってしまった。

イスと机だけの会社に泊まるということは、相当なストレスがかかるということ。
持病のあるボクにとっては、時間が経つにつれ、心身的な辛さが増してきた。

家族と連絡がとれない、そんなもどかしさも心身的な辛さに拍車をかけていたのかもしれないな。

夜になって7時頃、そして10時過ぎ、ようやく連絡が取れて、家族の無事は確認できた。
けれど、自宅の辺りは停電・断水状態で、困り果ててるということだったけれど、懐中電灯の明かりの確保とミネラルウォーターのペットボトルを出しておくよう指示しておいた。

JR以外の電車は走り始めたけれど、自宅の最寄りの駅まではたどり着けない。

朝早く会社を出て、迂回路を使ったけど、途中からタクシーになった。

2時間ほどで自宅に到着。
玄関を開けると、タンコロが出迎えてくれた。
「お帰り」
何よりの言葉だったよ。

親も、福島に住む知人・友人もともかく無事だったことを知って、なお安心した。

昨夜、殆ど眠れなかったためか、ソファに座るなり、昼過ぎまで眠った。
それで、ともかくある程度は体調が戻ったようだけれど、今晩じっくり休まなければしっかりは戻らないだろう。
だけど、じっくり今晩休めるかどうか。

阪神大震災も体験したけれど、その時知人・友人は関西にいなかったこともあったし、インパクトは今回の方が圧倒的に強い。

一刻も早く、事態が収拾して欲しいな。
時間が必要だろうけどね。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

怖かった * by ナオママ
東京でこれだけの揺れだったけど
東北はもっとすごかったと思うと・・・怖くて
阪神の時よりも揺れの時間が長かったような気がします。
震源からこんなに離れた場でも被災のしてしまうなんて、今回の地震の大きさに唖然です。
どんなに備えをしていてもパニックになってしまいますね。幸い自宅は耐震グッズをつけていたので大丈夫でした。ガスが一時停止しただけで不安でした。
改めて『生かされている』って思いました。

ナオママさん * by モンライダー
すごい揺れだったね。
余震も凄いけど、福島に住む知人・友人が心配。
殆ど無事と連絡は取れたけど、首都圏でこんなに混乱してるのなら、被災地の実態は推し量れそうにもない位、とんでもないものだろう、と思うよ。
水道から水は出ても、黒い水だったりしてるし、原発事故も電力そのものは首都圏供給だけど、放射線漏れは現地の大問題だしね。

生かされてる・・・本当にそうなのかもしれないよ。
偶然の産物かもしれないこの生きてるという事実は、今後にいかに生かすかということになるんだろうね。

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する