07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-03-21 (Mon)
大震災から10日経った。

落ち着こうにも計画停電や買いだめの問題、TVをつければ震災の被害状況が流れていて、落ち着かないよ。

仕方のないことだし、少しでも前を向こうとしてるけど、知らぬ間にストレスがたまってるみたいだね。

計画停電騒ぎは、電力供給がうまくいってないんだから仕方のないことだと、頭のどっかでは分かってるんだけど、なんで時間制なんだろうとか、この地域割りはなんで?とか、すぐ思っちゃう。
生活にも仕事にも大きな影を落としてるし、出口の見えないトンネルに入り込んだのと同じで、知らぬ間にストレスになっちゃうんだろうな。

それより、嫌だったのは買いだめの問題。
生活物資の不足ではないんだけど、危機感を勘違いしてそういう方へ走っちゃう人が、こんなにも多いとは・・・

最近まで心配だったのは、米が底を尽きかけてたことだったんだ。
車のガソリンもあとわずかなんだけど、それは車で出かけなければ問題のないことだったから、米の方に関心のほとんどが行っちゃってた。

スーパーを覗いても、米屋さんに行っても、米がない。
子供たちの学校は、先週の木曜日から始まったけど、給食業者が計画停電の煽りを受けて給食が供給できず、弁当持参で学校に行くことになったから、余計に心配だった。

今週も水曜日までは弁当を持たせなければならなかったし、その弁当を中心に米を使おうとして、スーパーでは米以外の食品を調達してた。
ところが保存の効く乾麺がやっぱりない。
仕方がないので、冷凍食品で凌ごうとしてたけど、子供達には可哀想な気もしてた。
「こんな時だから、我慢してな」と言ってたけど、不思議な顔してたね。

そんな中、ネットで北陸の業者に米を注文してたけど、やっと注文受注の連絡がきたメールの中には、注文が大量で煩雑化し、到着不明というものだったので、いつまで米無でやっていけるか心配だったんだ。

それが今朝、急に宅急便が届き、待ちに待ってた米が到着。
これでしばらくは凌げるなあ、と思ったら、ちょっぴりホッとしてたよ。

そんな中、事態を呑み込めていないタンコロは、どこにも行けない中、家の中で意外なほど、笑顔で遊んでいてくれてた。
偏食家でもあるし、最も心配してたのがこのタンコロだったわけだから、その笑顔がまぶしかったよ。
乾麺の蕎麦もうどんも、タンコロは基本的に好きなんだけど、それをうまく食べられるようにスープを工夫して食べさせてた。

タンコロはタンコロなりにストレスもあるんだろうけど、なんとかやってくれてるその笑顔がよかったね。
この混乱した状況が何時まで・・・というのは誰にも分からないと思うけれど、少なくともそこをやりくりしてくのがボクら親の役目でもあるし、そこにタンコロの笑顔があれば、なんでもできそうな気がするよ。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

そうですね * by ナオママ
確かに、仕方ないってわかっているけどやっぱり普段と違うって誰にもストレスになりますよね。

節電や計画停電も慣れれば案外なんてことないけど、些細な問題が多々あります。

でもタンコロくんが笑顔でいるって本当に安心、癒されますね。
私もナオの寝顔をみてホッとする今日この頃です。
買い占めも少しずつ落ちついてきたのですが、まだ人々に余裕がなくピリピリした感じがあります。

計画停電もうちの地域は実施率が高いです。
少しでもナオが落ちついて過ごせるよう・・・

そして一日でも早く復興できるように。

ナオママさん * by モンライダー
節電はまだしも、計画停電とは名ばかりの無計画停電は、生活にも仕事にも大きな影を落とすんで、結構なストレスになってるよ。

けど、そんな中、笑顔を見せてくれるタンコロはかけがえのない存在だよ。
欠くことが出来ないりっぱな家族の一員になってるね。

毎晩、タンコロの笑顔を見て、そして寝顔を見てから眠りにつく、そんな日常になってるね。
きっと、ナオくんも同じなんだろうね。

Comment-close▲
コメント







管理者にだけ表示を許可する