06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-04-01 (Mon)
生活サポートと言うところは、障碍児を持つ親としては欠かせないのかなと思ってた。

タンコロが小学生の頃、一応地元の生活サポートを使ってたんだけど、ここは高齢の人が多く、気が利かない上に値が張ってた感じがしてた。
主に学校の行き帰りで使ってたんだけど、それ以外の・・・たとえば夏休みに役立ってほしかったんだよね。

それが年寄りばかりで、どうにもならなく、やろうとしても値段のことばかりになって止めてたんだ。
タンコロが中学に上がり、送迎バスが付いたんでそのことについて生活サポートを使うのは止めたんだけど、いつの間にか地元の生活サポートは閉鎖になってた。

地元の役所は何をやるにしても、他の自治体とは違って勝手が悪く使いにくい。

タンコロの通う学校で他の父兄から、ボクの住む隣町の生活サポートのことを聞きつけて、昨年の夏過ぎからいろいろ探して、今はその隣街の生活サポートを使ってる。

この生活サポートに関しては、そのほとんどをカミさんに任せていたけれど、その契約更新が今日だったんで、手続きにいってみた。

聞いてはいたけれど、若手の人もいるし、責任者だけが高齢者なんだよね。
契約のことを話しながら、横目でタンコロの相手をしている従業者のことを見てたけど、高齢者とは違って、なんだか微笑ましかった。
タンコロが日頃からこの生活サポートのことを口に出して言ってたんで、楽しみにしてるんだなあと感じてたけど、それがわかったような感じだった。

学校が終わった後の時間の過ごし方をどうにかしようと、タンコロにとって楽しみでもあり、タメにもなる、そんな生活サポートを望んでた。
それが少しずつ、叶ってたような気もしたんだ。

今後も楽しみだし、来る夏休みも楽しみになると思ったよ。








関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する