10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2013-04-09 (Tue)

余談だけど、夕べから今日の準備が終わらないカミさんがグズグズグズグズ・・・

今朝も同じで、目覚ましで起きずボクに叩き起こされ、その後も・・・

定刻通り学校に着けず、こういう儀式みたいな日に時間を守ったことがない。
性格だろうけど、自覚がない愚図。
何度説教しても治らない。

まあ、入学式自体は学校が小学部から高等部まであるんで、一斉の入学式だったんだけど、特に小学部の子に落ち着きがなくて、騒がしい中始まったね。

みんな、いろんな障碍があるし、止むを得ないと思う中、タンコロが戦闘で引率の先生に引き連られて入場してきた。

1年1組出席番号1番がタンコロの番号ということで、先頭に立ってた。

手を振るボクに気が付いたみたいだけど、慌てることもなく、立派な入場だったよ。
式典の最中、落ち着かないということもなく、名前を呼ばれてしっかり「ハイ!」と返事していたし、なかなかの態度だったよ。

たまにボクらの方を振り向いてたけど、これはご愛嬌。
式典の後、クラス別に写真を撮って、クラスに向かった。

高校からは所属は1組だけど、1組2組合同のクラスで4人の先生が着いた。
1組の担任は、おじさんとおばさん先生。
2組はお兄さん先生とお姉さん先生。
う~~、若手が一人つけばなあ・・・と思ってたけど、おじさん先生は学年主任だし、まあ仕方ないかな。

これからは職業訓練のメニューがかなり組み込まれてくるみたい。
それもいろんな作業があるんで、クラス全体でというのは朝と給食、そして帰りの会だけとなるんで、担任もクラスもあってないようなもんかもしれないな。

今日の帰りは、母親同士の仲良し3人組に子供たちとボクがついて、イタリアンレストランのバイキングをお腹いっぱい食べてきた。
天気もまあまあだったし、学校の行事があったという意味での一日としてはよかったかな。
カミさんのグズを除いて(笑)

タンコロよりもその動向に注目していたボクの方が疲れてしまったよ。
さあ、明日から正式にタンコロの高校生活が始まるんだ。








関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する