06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-10-07 (Mon)
いつもいつもタンコロの寝顔を見て、思ってるんだけど、何でこの子に障碍があるんだろうと思う。

知的障害と自閉症。しかも重度。

もう高校生だから、社会出るために学校を通じていろいろ取り組んでるけど、ボクやカミさん、それに他の人の援助をうまく得ないと生きていくのは・・・とよく思う。

悲観したくなくても、タンコロの笑顔をみてると、そんな心境になってしまうこともあるよ。
だって、これが現実だもんね。

出来るだけなんでもしてやりたいと思って見ても、障碍と言うどうしようもない壁の前にはどうにもならないかもしれない。
けど、あきらめるわけにはいかないんだ。

タンコロ自体には何の罪もなく、いつも明るく元気でいてくれる。

それが何だか今夜はとにかくうれしくて、タンコロを何度も抱きしめてた。
チューもしたよ。

「タンコロ、お父ちゃんはお前が一番かわいんだからな。お前よりかわいい奴なんかいやしない。大好きだよ。世界で一番大好きだよ。」

タンコロがボクに抱きついてきたんで、ボクも思い切り抱きしめた。

あきらめるわけにはいかないんだよ。










関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する