10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-01-07 (Tue)
義父が亡くなりました。

ボクやカミさんは、いろんなフォローと準備に奮闘しているところで、金曜日位までかかりそう。

受験本番直前のペイスケには、辛く可哀想だけど、本人からの要望もありお通夜と告別式に参列することとなりました。

タンコロも参列することになるけれど、こういう知的障碍と自閉症にであることがタンコロに事態を悟らせることが難しくなります。

十分な納得なんて無理だけれど、出来るだけ説明を・・・と思い、今夜カミさんを正面に座らせ、タンコロを抱えるようにして、選んだ言葉は・・・

「タンコロ、じいじはね、天国に行ってお星さまになるんだよ。

天国に行ってお星さまになると、もう帰ってこないんだ。

じいじの家に行っても、じいじは目を覚まさないんだ。もう天国に行っちゃったからね。」

そんなことを言ったな。

途中まで自閉症特有のオウム返しで、ボクの言葉を真似して口にしてたけど、最後に

「今度、じいじにサヨナラ言いに行くんだよ。」

と言ったら、タンコロが自ら「わかった・・・」と言ってくれた。

感覚的にもう義父はいないということがどこかでわかったと思うけれど、こういう時は説明するのが難しい。

儀式が終わったら、また話をするつもりなんだけど、お通夜、告別式の最中のタンコロを見て、言葉を選ぶことになる。

難しいよ。
関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する