09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-02-21 (Fri)
終わったと言ったって、初の職業訓練だし、またいつか別の作業でやることになるんだけど、タンコロにとっては初の職業訓練だったんだ。

学校とは全く異なる雰囲気。
自分の周りにいる人たちは、みんなタンコロの知らない人ばかり。
作業自体も初めての作業と初めてで知らないことばかり。

自閉症であることはともかく、知的障害があるし、そのため精神年齢が低いので低学年の小学生か、それよりも年齢が下の子が社会の仕事をやると考えれば、今のタンコロの状況がちょっとは分ると思う。

人との会話がうまく取れないことがネックだけど、作業所の方の言ってることは理解できてたみたいで、徐々に仕事にも慣れ、無事今日で終わったということなんだ。

朝、作業所について仕事始めるまでの流れ、今日の仕事は昨日と違ってこうことをやるんだと説明を受けて作業に入り・・・毎日やることが違ってて戸惑うことも多かったと思う。

カミさんがうまく支えになってたこともあるだろうけど、やっぱりタンコロの適応力なんだろうと思う。

なんでも作業所の方の話だと、タンコロの仕事が最も正確で気が利いてるとか言われてたらしい。

親としてみれば心配し過ぎたみたいだけど、ほんと頑張ったなあと思うよ。

家で見せるタンコロの表情と家以外で見せる表情は違うらしい。
けど、うまくやってくれればそれでいいんだ。
家では勝手気ままだけど、決めるところは決めるという具合でね。

またいつか職業訓練はあるはず。
今回のことが自信になって、いろんなことに取り組んでくれればいいと感じてるよ。








関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する