04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-12-14 (Mon)
来年の就労先が決まってからというもの、タンコロはいろいろ家事について手伝おうとか、自らやろうという姿が見えてるよ。

義母は認知症ということを割り引いても、酷く手がかかり、とにかくやることなすこと襲い過ぎるし、時に勝手なことや余計なことをやってはカミさんやボクに怒られている。
主に面倒を見てるのはカミさんなので、ボクからは滅多に注意しないけど、時として大きな雷を落とす。
こうでもしないと、収拾がつかないし、面倒を見てるこっちのストレスが溜まる一方だからだからね。

だから週末の食事とか家事全般だけでなく、平日の夕食作りや片づけは僕がやってる。

多分、それを見てタンコロは自発的に・・・ということなんだろうと思う。
普段からカミさんがタンコロに家事を手伝わせようとしていたことが、ここにきて実を結びつつあるということなんだけどね。

夕食が出来上がる前のテーブル噴き、箸を揃え、全員のお茶を出すこと。
夕食が出来上がった後、それを運び、夕食がおわれば食器を台所まで運ぶなど・・・

面白いのは、ボクが食事を終えて一服つけていると、つまようじを持ってきてくれるんだ。
前は食事が終わるとすぐ、それが食事が終わると同時にと思ったら、終わる前に持ってくるようになったんだ。
そして休んでるボクにお茶を持ってきてくれる。

最近の週末は、食事の用意をしてると、その様子を見いって、いつでも手伝うよという意思がありありの状態になってる。

朝もほとんど僕と同時に起きてきて、自発的に朝食をとってるし、ボクが出かけようとすれば手を振ってるし、帰宅すれば玄関まで出てくるよ。

立派なもんだと感心してる。
下手な主婦より家事をやってるよ。
これで障碍児というんだから、余計に感心してるんだ。

もう、可愛くて仕方がないよ。









関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する