04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-05-07 (Sat)
タンコロは4月から就労支援先に通ってる。
家から徒歩20分くらいのところにある市役所に、支援先から送迎バスが来るので、そこまで一人で歩いて行き、そして帰ってくるという毎日。
ようやくここまで来たんだという想いももちろんあるよ。
でも、あくまで就労支援なので1年契約でもあるし、つぶさにタンコロの様子は見て行かなくちゃという想いの方が強いね。
就労支援先との契約の際、説明会と契約をしに、ボクも行ってきたけど、事前説明が杜撰。
賃金受療や費用支払いを取ってみても、各金融機関をめぐって結構な騒ぎだった。
肝心要のタンコロも通って自分がすることや支援先での行動に慣れるまで、結構時間がかかったかな。
ひょっとすると今でも馴染めていないところもあるかもしれない。
始めの頃は、帰宅した早々、家の中で大声出したりしてね。
うまく会話ができないので、意思疎通に関しては一苦労なんだよ。
ボクやカミさんは慣れているけれど、支援先ではね。
家には認知症の義母害てボケをかましたりしてるので、カミさんはタンコロだけに集中するのが難しい。
だから、ボクは帰宅後毎日夕食を作り、後からづけをしてるんだ。
タンコロに関しては、静観し、カミさんから様子を聴きながら様子を伺っているよ。

一つ、今の時点で気にかかっているのはタンコロの休みが土曜日曜だけで、祝日であろうと支援先に通わなければならないこと。
土曜日曜にしても月に一日は支援先に行かなきゃならないし。
平日休もうものなら、振り替えてどこかの土曜日曜に出なくちゃいけない。
だから、このGWは名ばかりで基本的にタンコロには休みがなかったんだよ。
世間様はGWということもあるし、何とかしたいと思って先週の土曜日に茨城の大洗まで泊りで遊びに連れて行ったし、初めて昨日の金曜日は休みにして野球観戦に連れて行ったんだ。

そんな具合でいろいろ気を使ってはいるんだけど、タンコロ自体は元気そのものなのが救いだね。
毎日タンコロにはお仕事どうだった?と聞くんだけど、タンコロからはお決まりのように、「楽しかった!」という返事。
その後に今日は何したの?と聞くと「パン、作った」とか言って、パン生地をこねる真似をしたりするんだ。
やっと、仲良しになれた友達もできたらしく、その子の名を呼んで嬉々としてるよ。
ぼく
今のところはこれでいいと思ってるし、何よりタンコロが元気で、家のこともいろいろ手伝ってくれてることがうれしいね。

先月から、ボクの母が精神的なバランスを崩し、ボク自身、手を取られている状況でもあるんだ。

でも、タンコロはタンコロなりにボクの手を煩わせない様にしてくれてることが、とにかく有り難いんだよ。









関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する