06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2016-11-26 (Sat)

ペイスケはもう大学3年。
そろそろ就職に向けての動きも出てくる頃となっていたようで、今週の中日に来た時は深夜に至るまでいろいろ話し込んだ。
夢は持っていてそのための動きは取っているんだけど、やっぱり現実は厳しく、その現実とは別の就職に向けての現実もあるわけで、夢と現実の狭間においていろいろ考えているようなんだ。
ボクからは、これまで自分でやってきたことは絶対に無駄になることはないので、援助はできないけれど自分で思うところまで突き進んでもいいんじゃないかというような話をしたんだよ。
もう一方の現実である就職なんだけど、これもその準備の一つであるリクルートスーツを揃えるために、紳士服を買いに出かけたんだ。

今日はボクに月一で通う医者へ行かなくちゃいけないこともあったし、カミさんにインフルエンザ予防の注射を受けさせに行かせたこともあったし、紳士服屋に行ったのが3時過ぎと遅くなっちゃった。
スーツとYシャツ、ネクタイの3点セットを買うだけだったら大したこともなかったけれど、今時はスーツを最低2着、Yシャツも3枚、ネクタイ3本など量的に揃えておくのも誠意だそうで、そこにこの時期だからコート、靴など、とにかく予想してた以上に買い込む羽目になってしまい、1○万円以上もの出費になってしまった。
あの態度だけはデカいペイスケが、両手を合わせて頼んでくるものだから仕方ねえなあ・・・という感じだったけれど、とにかく痛い出費となってしまったよ。

紳士服屋さんから一旦帰宅し、その後タンコロと一緒にスーパーへ買出しに行き、今夜作ったのは我が家では鍋蕎麦と呼んでるメニュー。

寄せ鍋なんかを作る大鍋いっぱいに蕎麦用のスープを作るわけなんだけど、市販の蕎麦ツユをベースとするもののそれだけではないんだよ。
昆布出汁を入れ、味醂を多めに酒、醤油も投入し、これとは別に骨付き鶏肉や唐揚げ用の鶏肉を一口大に切ってプライパンで塩コショウしながら焼き目をつけてホンダシを多めに振りかけてさらに炒め、これを大鍋に投入して弱火でじっくり煮込む。
野菜は白菜、ネギ、ゴボウだけど、今日はこの他に別に下処理した里芋も一緒に煮込んでスープを作り上げたんだ。
これが大成功。
鍋自体は常に保温状態にしておき、お椀に鍋から必要なだけスープを取って蕎麦をつけて食べる。
この方法だと常にスープが熱いままで食べられるから、寒い時期には良い食べ方だよ。
蕎麦好きのタンコロにはたまらない食べ方らしく、夢中で食べてホッとしていたよ。






関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する