10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-10-16 (Mon)
もう、来年の3月で今通ってる就労支援先との契約が満了となるんだ。
今の就労支援先は、就労支援B型なんだけど、Aに転化するための必要となる動きは取ってない先でもあり、場所が今住んでるところの泊りの街で、そこの市議会銀やら県議会銀、果ては国会議員の支援でやってる様な先でもあり、いろんなしがらみが絡みついてくるところでもあり、障碍者のためというより議員や県に向かっての余計な動きが多すぎて、何度もクレームを入れていた。
そのクレームは事業所だけではなく、県にも入れてたけど、障碍者福祉について埼玉県はかなりの後進県でもあるし、スポンサーの方ばかり見てクレームの受付すらしてくれなかった、、、というか埼玉県福祉課には無視されていた。

この事業所でいいわけがないとは思ってた先、自分の住んでる街で福祉事業所が2つできることとなったんだ。
今言ってる事業所は少なくとも来年の3月で変えなきゃならなかったし。

先月から動きは取って、市の福祉課や福祉協議会と連絡を取って進めてきたけど、問題はその新たな事業所に通う手段がネックとなっていたんだ。
一つは、簡単に言えば今月開店したばかりのレストラン兼弁当販売。
自宅から1本道なんだけど、徒歩で言ったら30分以上とあっては送迎がないと、市内を走るバスを使わないと通えない。
レストラン側は検討課題としていたけど、結局送迎はなしということになっちゃった。
もう一つは、総合障碍者事業所で、基本的にやる仕事はタオル畳み。
市内外の理髪店、美容店、床屋さん等のタオルを集めて、その洗い終えたタオルをたたむというもの。
ここは送迎バスが出ており、ただ1回利用で100円かかるんだ。

工賃の差はあるけれど、タンコロの常日頃の様子等を見てると、会派は出来ないけど台所仕事はよくやれるし、きちんと仕事の導入がうまくいけば文句なくレストランの仕事の方が良いとは思ったけど、やっぱり送迎の問題があるのでタオル畳みの仕事で止む無いかなと思ってた。
カミさんはレストランを推し、ボク自身も仕事だけ思えばそう思っていたこともあって、再度レストラン側との話し合いと状況確認をしてたんだ。
就労はレストランだけど、送迎等事業所に通うサポート支援は福祉協議会という神津が分かり、何とかなりそうな気配となってきたので、福祉協議会による「移動支援をもっと活用することで先に行けそうな気配となってきたんだ。
あとは、日程的な詰めをして実習に臨むことになっているんだよ。

タンコロはよく家庭内でも手伝いをしてくれる。
テーブル拭き、配膳、おかず運びと片付け、ハムエッグや炒飯を作るなど簡単な調理もできるし、皿洗いだってできる。
洗濯物の運びなどもやってくれるし、家庭内では気候な戦力になってる。
よく見てるんだよ、自分以外の言動を。
そこでうまく呑み込めたことは自分で行動するし、勘がいいというのは親バカかもしれないけど、それにしてもできる方だと思うよ。
これが仕事となった場合、障碍者だけにクセはかなりあるけれど、丹念に導入さえしてくれたら徐々にやれる仕事は増えていくと思うよ。

順調に進めば良いなと思うけど、障碍者だけに慎重にもならないと。
もう今年で成人年齢になったし、様々な切り替え手続きが発生してることもあるから、機敏にもならないとね。





関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する