FC2ブログ
08≪ 2018/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-11-06 (Mon)
以前、就労支援先を変更する予定であることは書いたけど、話を詰めていって種々の支援状況を紐解きながら、タンコロはレストラン兼弁当販売の事業所で実習に臨むことになったんだ。

仕事はともかく、ボクが心配してたのはバスで通うことになる為、バスの乗り降りとタンコロは偏食家なので昼食がどうなるかだった。

バスについては社会福祉協議会から移動支援が得られるので、、、だけど、バスへの乗降時、PASMOと障碍者手帳の提示が必要になるので、そこを分かって自分一rで出来るかということ。

それと、タンコロの偏食はとにかく野菜を食べないので、、、

事業所側と以前面談した時、交換ノートをつけることとしたので、今日帰宅してから秋桜の話と共にノートをじっくり読んだよ。

昼食はなんとタンコロの大好きな唐揚げ丼、そこに生野菜のサラダと味噌汁。
唐揚げ丼と味噌汁は好きなだけあって、あっという間に平らげ、生野菜サラダは必死に食べようとしていたらしいんだ。
普段から野菜は食べるよう言い聞かせておいたので、それが頭の中に残っていたのか、少しずつ口の中に入れておちゃで流し込もうとしていたらしく、事業所側は食べられないなら残してもいいんだよと声掛けしてくれたけど、タンコロは必死に食べようとしていたらしんだ。
バスの乗降は、移動支援の担当者によれば、何も言ってないのに、見事に一人でスムーズにできたらしく、まるでこれまで一人でバスの乗っていたようだと。
タンコロは、普段でもボクや秋桜の心配をよそに、意外と何でもできてしまうところがあるんだよ。
PASMOの提示など、電車で遊びに出るときのボクの様子をよく見ていたんだろうね。

仕事は緊張しつつ、生野菜のスライスや洗い、食器の荒いと乾拭き、食材の盛り付けまで丁寧かつ必死に取り組んでて見後だったそう。
表情が柔らかく、これはタンコロの特徴でもあるけれど、この点も含めて事業所側は感心しきりだったらしい。

とにかく昨日までの準備もそうだけど、今朝からタンコロのことが心配で居ても立ってもいられない感じだったけど、タンコロはよくやってくれた。
実習はあと二日。
この二日でタンコロはどんな表情を見せてくれるだろうね。





関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する