FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2018-01-08 (Mon)
世間もウチも成人式だった今日。

タンコロは誕生月が9月なので、既に二十歳になってたんだけどね。
市町村によって成人式を迎える年齢の数え方にバラつきがあるけれど、ボクの田舎なんて数えの年齢で成人式を行うので、19歳の時だった。
ボクは浪人していたのでその当時は東京で一人暮らし、受験を目の前にして最後の追い込みの時期だったから、成人式には参加できなかった。
ペイスケの成人式は当然のようにペイスケ一人で参列してたので、成人式という式典はボクも初めてだった。

タンコロのスーツ姿もいいもので、家で見るスーツ姿も会場で見るスーツ姿も同じようで違うもの。
なかなかたくましい感じとまだまだかわいい感じと同居しtるようで、どこかしら感慨深いものもあったね。

会場に来てた参列者の中には、小学校の時の担任の先生も来てたし、定年を迎えていたというのに特学の担任の先生も来ててくれたから、記憶力のいいタンコロにとってはいい式典だったと思うよ。
式典は市内にある小中学校の思い出をベースに繰り広げられた。
タンコロは小学校こそ地元の小学校だったけれど、中学からは隣町にある特別支援学校に行ったので、ここはcちょと可哀そうだったかな。
でも、小学校の時の同級生の女の子が数人、声をかけてくれ、記念写真までとってくれたし、朗らかで人気者だった所以がこんなところにも残っていたね。

成人式は、ここまで時と場所をほぼ同じくして育った者の最後の公式な式典。
健常児だった者たちには大したことではなかっただろうが、障碍を持ってしまった者にとっては結構大ごとだったかもしれないな。
紆余曲折を経ながらここまで育ってくれたタンコロ。
これからも二人三脚で共に進んでいきたいよ。





関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する