FC2ブログ
07≪ 2018/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2018-05-10 (Thu)
タンコロは、重度知的障害を持つ自閉症。
だから、うまく会話も成り立たないし、ここまで成長してきたことからの慣れでいろいろ対処してる。
ボクの住む街の郊外にあるレストランで仕事をし始めたのは今年からで、タンコロの人に好かれる人柄とまじめに仕事をしようとするところを見込まれて、楽しく仕事ができているよう。
まだ、ここでの仕事は始まったばかりだし、いい感じだなと思いつつ、このままでいいとは思ってはいないよ。
障碍者年金の積み立てや今後の方向性にしても、ボクの身体が丈夫なうちに考えておいてやらなくちゃいけないと思ってる。
どうもタンコロはボクの言うことはしっかり聞くみたいで、ボクのやることなすこと、しっかり見ててやろうとするし、自分も好きになって積みたい。
で、うちにはアルツハイマーの義母がいて、その介護が大変な状況にあるため、カミさんは底にかかりっきり。
そっちの方面でも介護おむつの買い出しや、毎日の食事の準備と後片付けをやっているよ。
週末ともなれば、使用済みの介護おむつも含めたゴミ出しやスーパーでの買い物、家中の掃除と洗濯は一気に引き受けて、何とかやり繰りしてる。

そんな状況でも、会話がうまくいかないタンコロにとにかく友達を、、、ということで猫ちゃんやワンちゃんのペットに大いに興味が出てきた。
GWを利用して里親会にも2度顔を出し、実際の犬猫へのふれあいを感じてきた。
ただ、介護ばあさんがネックになってるので、カミさんが賛同していないんだ。
どこかで縁を持ちたいということで出かければ犬猫の様子が見られればじっくり見てるし、FBで良くブログを書いてる方がいてくれるので、そこで情報を得、勉強させてもらってる。
この介護ばあさんが施設に入れば、、、そこまでの我慢なんだろうけど、これも始まったばかりでどうなるのかはわからないし、こうした決め事もカミさんが吟味してボクが決断させないといけない。
じゃないと何も前に進まないから。

ペットとは言うけれど、一旦気に入って飼ってしまえば立派なタンコロの友達にもなるだろうし、家族にもなる。

前にも書いたけど、ペットも命あるものだからお金で買うものじゃない。
何かの縁で飼うことになれば最高だけど、里親会や譲渡会を催す方たちにも、それまでの費用を持つことを要求したり、譲渡を受ける側の家まで訪問するのはいいとして切に敵に確認するということは個人情報保護の観点からも違反行為にもなることに誰も気が付いていない。
それにえさやりしてる町の人も多くいるみたいだけど、これもうっかりすると公害を招くことになる。
耐えきれなければ自分で飼うか飼う方を探そうとしなければならないわけで、難しい問題をはらんでいる。
飼うからにはしっかり飼いたいし、タンコロの友達になってほしい。

まだまだ勉強なんだよな。




関連記事
* Category : タンコロ
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する